行事・イベント

大掃除で窓をきれいにするコツを紹介!窓ガラスもサッシもピカピカ

窓掃除は年に一度の大掃除で!という人も多いですよね。

ふだん掃除をしないのでガラスが曇りサッシにはゴミがいっぱい、
見るからに掃除のし甲斐がありそうな状態になってたりしますよね。

きれいにしたら絶対気分がいいとわかっていても
年末の寒い時期に屋外や窓を開けっぱなしで掃除しなきゃですし、
掃除をしても洗剤の跡が残って思うようにきれいにならなかったり、
悩みも多いところでもあります。

そこで窓掃除をする時のちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサードリンク
  

大掃除で窓をきれいにする時のコツ

大掃除は晴れ晴れとした日にやろうと思いがちですが
窓掃除をするなら天気が良くない日がおすすめです。

曇りの日やちょっとぐずつくくらいの天気の日は冬でも湿度が高め、
すると窓についた汚れが湿気を吸って落ちやすくなるからです。

晴れ渡って乾燥した日だと汚れが落ちにくいだけでなく
水拭きした後の拭き跡が残りやすくなります。
ガラスをゴシゴシこすって傷をつけるのも防げますね。

汚れを何で落とすのかもポイントです。

窓用のクリーナーなどもたくさん売られていますが
実は家にあるもので十分きれいになりますよ。

窓の汚れは、外側は排気やチリ、泥など内側は手垢やほこりなどです。

台所の近くに窓があり油汚れが気になる場合には
油に強い洗剤を使うといいですが、
それ以外はそれほど強力な汚れではありません。

窓の内側であれば水拭きだけできれいになります。
外側も水拭きで大丈夫ですが、洗剤を使いたいという方は
台所用の食器洗い洗剤を水で薄めたもので十分です。

バケツの水に洗剤を3~4滴という薄さで大丈夫。
洗剤を使い過ぎると汚れを余計に広げてしまったり、
洗剤をきれいに拭き取るのに時間や手間がかかってしまいます。

お天気の力もかりてシンプルに掃除するのが
窓掃除を素早くきれいに終わらせるにはコツです。

大掃除で窓ガラスに拭き跡を残さずピカピカにする方法

せっかく窓掃除をしたのに乾いてみたら拭き跡がいっぱい!
なんてこともありますよね。
寒い中がんばって掃除したのにこれじゃガッカリです。

それを防ぐには水や洗剤を残さないことが大切。

洗剤を使って掃除した時は洗剤が残らないように
ホースを使って水をかけて流したり、
たっぷりの水を含んだ雑巾で拭きとってあげましょう。

そして水拭きした後に一手間かけるのがポイント。

便利なのはスクウィージーという道具を使うもの。
よく窓の清掃の時に使われているT字型の道具です。

スポンサードリンク

本格的なものはやはりお値段がはりますが
ホームセンターなどでは500円前後で
100円ショップでも小さい簡易的なものが売られていますよ。

これを使ってあげると水気がきっちり取れるので跡残りができません。

わざわざ道具を買うのはなぁと思われる方は
新聞紙を使う昔ながらの方法で代用しましょう。

乾いた新聞紙をくしゃくしゃに丸めたもので
水拭きした後の窓を拭いていきます。

新聞紙のインクに含まれる油が汚れを落としてくれたり、
ワックスの効果を発揮して撥水効果を高めてくれたりします。

しっかりと水分を取り除いてあげることで
掃除した窓ガラスに拭き跡を残さずきれいな状態を保てます。

大掃除で窓のサッシを掃除する時のポイント

窓掃除で厄介なのが窓がはまっているサッシ部分ですよね。
一年分のチリやほこりでかなり汚れていることが多いです。

ここをきれいにするには・・・窓を外しても丸洗いが一番!
なんですが、そんな面倒なことはやりたくないですよね。

なので、窓掃除とあわせてなんとかきれいにしましょう。

たっぷりの水で洗い流すのが理想なので
窓ガラスを掃除する時にあえてサッシにボタボタと水を流すのも手です。

窓をきれいにしている間にサッシの汚れを柔らかくふやかしておき、
最後に雑巾で一気に拭い去りましょう。

室内側を掃除する時はサッシの外に水が漏れないように注意!
部屋を濡らしたくない時は新聞紙を敷いてから始めましょう。

あと、最近はサッシ掃除に役立つ100円グッズも売られています。

水を入れたペットボトルに取り付けるブラシなんですが
ブラシ部分から水が出るようになっているので
掃除しながら水を流せる仕組みになっています。

拭いて流して、拭いて流して、って結構面倒なので、
ちょっとしたグッズなんですけどこれは画期的だなと思いました。

最後に、サッシの掃除をする時に心がけたいのが
「完璧を求めない」ことです。

窓のサッシはどんなにきれいにしてもまたすぐ汚れます。
毎日チリやほこりは飛んできますからね。

大掃除だから徹底的にきれいにしたい!という気持ちはわかりますが、
あまり執着しすぎず目に見えてきれいになったら良しとする、
くらいでいたほうがストレスもなく気持ちよく掃除できますよ。

まとめ

寒い中で頑張る窓掃除は
コツとポイントを押さえて短時間でしっかりきれいにしましょう!

窓がきれいになると
部屋に差し込む光がビックリするくらい変わって達成感も感じられます。
清々しい気分で新年を迎える準備ができますよ。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-