行事・イベント

大掃除で網戸をきれいにする洗い方や簡単に掃除するコツを紹介!

年に一度の大掃除では家中きれいにしたいなと意気込みますよね。
ふだん掃除するのがちょっと大変な網戸なんかもその一つ。

でも寒い中、屋外や窓を開けっぱなしの掃除って気が進まないし
取り外して掃除となると女性にはなかなか面倒。

そこで大掃除で網戸を掃除するのに
簡単にきれいにできる方法やコツをご紹介します。

スポンサードリンク
  

大掃除で網戸をきれいにする洗い方

なんといっても取り外して水洗い、これが一番です。
そうはわかっていても面倒だし、
寒い中で水を使って洗うって考えただけでもいやになりますよね。

なるべくなら家の中から掃除してすませたいものです。

そんな時に役立つのが台所用スポンジ、
使い古して捨てる前のもので大丈夫ですよ。

家の中が濡れないように網戸の下に新聞を敷いたら
お湯を入れたバケツにでスポンジを濡らし軽くしぼります。

網戸を撫でるようにスポンジを上から下、右から左と
決まった方向に動かしていくとそれだけでかなりの汚れが落ちます。

細かいほこりがとれない時は網戸を少し乾かしてから
今度はスポンジの固い面を使うととりやすくなりますよ。

ちょっと時間がある時は網戸のつけ置き洗いも効果的です。
とはいっても、もちろん網戸は外しませんよ。

新聞紙を洗剤を薄めた水で湿らせて網戸の両側に貼ります。
30分くらい放置した後、両側から濡れた雑巾でふくときれいになります。

やはり網戸掃除には水で洗うのが一番効果的です。
取り外して丸洗いなど大掛かりでにやると大変ですが
ちょっと工夫すれば家の中からでも十分きれにできますよ。

大掃除で網戸を簡単にきれいにする方法

できれば水すら使いたくない、そんな人にはこんな方法もあります。

網戸の片面に新聞紙を貼り付けてもう片方から掃除機でごみを吸いとります。
何もしないで掃除機で吸うよりも圧倒的にゴミがたくさんとれますよ。

スポンサードリンク

ただ、これは掃除機の吸引力によっては
網戸が変形したり破けてしまったりすることもあるので注意が必要。

掃除で網戸が壊れては元も子もないので、
変形や破れが心配な人は洋服用のブラシを使いましょう。
100円ショップなどで売っているエチケットブラシで大丈夫です。

これでサッとこするだけでもかなりの汚れがとれますよ。

ブラシを洗って繰り返し使うこともできますが、
100円なら家中の網戸をきれいにして使い捨てでも惜しくないですよね。

水を使わないでいいというだけで掃除のハードルはかなり下がると思います。
掃除用具の片付けも面倒なので終わったら捨てるだけというのもいいですよね。

大掃除で取り外せない網戸をきれいにするコツ

家によっては網戸がもともと取り外せないということもありますよね。
水洗いしたいけど難しいという時には霧吹きを使うのがおすすめです。

洗剤を薄めた水を霧吹きで窓に吹き付けた後、
濡れた雑巾でふきとりましょう。

霧吹きだと水の量を調整できるので水が部屋の中に垂れるを防げます。

掃除できる方法が限られている場合、お金に物を言わすのも手です。
市販のお掃除グッズに頼ってしまうのも便利でありかと思います。

埃などを絡めとってくれるシートなら
大きな網戸1つで2~3枚できれいになります。

小さなモップ型の物で洗えば繰り返し使えるものもありますよ。
窓サッシなども簡単にきれいにできるので便利です。

手間をとるかお金をとるかというところではありますが、
やはり時間短縮で手間もかけたくない時は便利グッズは強い味方です。

まとめ

網戸はめったに掃除しない部分なので
濡れ雑巾や便利グッズでふくだけでも効果は抜群です。

取り外して水洗いが一番ではありますが、
寒いし面倒だからやらない!とあきらめるよりは
ちょっと楽して掃除するというほうがいいかと思います。

風通しや見た目にがすっきりして気分がよくなりますし
清々しい気持ちでお正月を迎えられますよ。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-