行事・イベント

仲人さんへのお歳暮をやめる方法!贈るのはいつまでで手紙は書く?

2017/12/05

仲人 お歳暮 やめる

年の暮れが近づいてくると毎年気になるのがお歳暮です。

お世話になった方々へ感謝の気持ちを込めて贈る品ですが、結婚式の仲人さんなど今では関係が疎遠になってそろそろお歳暮を贈るのをやめたいなと悩む人もいますよね。

とはいえ、突然やめるのも失礼な気がするし、お歳暮を贈るのをやめるタイミングやできれば角を立てずにやめる方法があれば知りたいものです。

そこで、お歳暮を贈るのをやめる時に失礼にならないちょっとしたマナーをご紹介します。

スポンサードリンク
  

仲人さんへのお歳暮をやめるのは失礼?

「仲人」というのは本来、結婚する男女が知り合うきっかけをつくって、縁談から結婚式、披露宴まで両家の間をとりもちまとめるというのが役目でした。

家と家とを結びつける大切な存在でしたので、以前は仲人さんへのお歳暮は相手方がなくなるまで送り続けるなどかなり長い間送り続けるのが一般的な風習でした。

でも、最近ではそこまで深く結婚に関わる仲人さんも少なく、結婚式の時だけ建前でお願いするというケースも多くなっていますよね。

そういう場合は年月が経てばどうしても関係は疎遠になっていくものです。

その状況で昔通りにいつまでも律儀にお歳暮を贈り続けるというのは自分たちにも相手にも負担になることがあります。

ですので、地域やご家庭によって考え方に違いはあると思いますが最近では仲人さんへのお歳暮を無理に続ける必要はありません。

以前はこちらからお歳暮を贈り、相手はお礼状だけということもありましたが最近ではお歳暮を贈られた側からお返しの品を贈るというのが一般的です。

そのため、相手が高齢になるとわざわざ品選びに出向かせてしまったり、金銭的にも負担をかけてしまう場合があります。

相手のことも考えてお歳暮をやめることを検討するのもいいかと思います。

仲人さんへのお歳暮はいつまで送ればいい?

かつては相手が亡くなるまで送り続けるのが当たり前でしたのでいつまでという明確な決まりはありませんが、目安にされているのは3年や5年といったきりのいい節目の年が多いです。

スポンサードリンク

中にはこれくらいの時期に相手の方から、お歳暮のお気遣いはここまでで、とお礼状などに記してくれる場合もあります。

その場合は遠慮せずに相手の好意を頂戴するのがいいと思います。

また、お歳暮を贈るのをやめやすいタイミングとしては自分か相手が会社を辞める、勤務地の移動、引っ越しなどでその土地を離れる時がおすすめです。

形式でお願いした仲人さんであればもともと顔を合わせる機会が少ないので職場やお住まいが離れてしまうと全く疎遠になってしまうということも多いです。

ここでいきなりやめるのは失礼かな?と気を遣う気持ちもわかりますが、こういう機会を逃すと逆にやめるタイミングを失ってしまい、やめ時がわからなくなってしまいます。

仲人さんへのお歳暮をやめる時は手紙を書く?

とはいえ、今までずっと送ってきたお歳暮を突然ぷつりと途絶えさせるのは気が引けますよね。

そこでお手紙を書こうと思われる方もいるかと思いますが、お歳暮をやめます、という手紙はあまり書かない方がいいと思います。

わざわざやめることを宣言することで「あなたとはもうお付き合いをいたしません」と言っているように取られてしまいかねないからです。

お歳暮を贈るのをやめたい時は徐々にやんわりとやめていく、というのがいいと思います。

もし、1年を通してお中元とお歳暮の両方を贈っているのであればまずはお中元をやめてお歳暮は贈り、翌年はお歳暮もやめる、などです。

もし手紙を書きたいのであればお歳暮をやめる旨の手紙ではなく年賀状など時候の挨拶の折に手紙を送り、あわせて近況の報告や感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

また、お歳暮はやめても折りにふれてお付き合いは続けていきたいという時は相手の誕生日や何かのお祝い、旅行先で見つけたお土産の品などをその時々で送ってあげるのもいいと思います。

お歳暮などよりも値段を下げて、手紙を添えてあげるといいですよ。

仲人さんへのお歳暮をやめる方法まとめ

お歳暮はその一年の感謝の気持ちを表すもので無理して贈るものではありません。

贈るのをやめる時は突然中断するのではなく回数を減らしたり、お歳暮という形ではなく年賀状などで挨拶に変えるなど金額や品物ではなく感謝や心遣いを伝えるようにしましょう。

さらに社会人として知っておきたいお歳暮マナーはこちら!
上司や取引先のお歳暮を断る方法!手紙やお礼状の書き方は?⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-,