行事・イベント

あさりの潮干狩りでの持ち帰り方や時間と砂抜きの簡単な方法

siohigari-motikaerikata
潮干狩りでとったあさりはいったいどうやって持ち帰ればいいのか?ふだんスーパーで買う人にとっては悩みどころですよね。そこで生きたままアサリを持ち帰るための上手な方法や気をつけるべきポイントを紹介します。

スポンサードリンク
  

あさりの潮干狩りからの持ち帰り方

あさりの持ち帰り方は大きく分けて2つあります。ざっくり言うと海水に入れるかどうかですね。

でもその前に、あさりを生きたまま持ち帰るために気をつける大切なポイントを説明します。

それは温度です。

あさりは温度が高いとすぐに死んでしまいます。死ぬと腐るのが早くて、ものすごーく臭くなります。せっかく暑い中がんばってとったアサリですからこんな残念な事態は避けたいですよね。

潮干狩りシーズンはもともと気温が高い季節な上、長時間持ち歩くので温度管理が本当に大切になります。

その点に気をつけたアサリの持ち帰り方を紹介しますね。

まず、獲ったアサリは持ち帰りの準備の時点できれいな水で洗い外側についた砂や汚れを落とします。余計なものがついていると持ち帰るときの痛みの原因になりますからね。

あさりを洗う水は水道水の真水で大丈夫です。

●水につけて持ち帰る方法

まずはあさりを海水につけたまま持ち帰る方法です。

大き目のクーラーボックスや蓋のついた発泡スチロールの箱を持っていき、その中に海水とあさりを入れて帰ります。

アサリは多くてもクーラーボックスの半分くらいまでの量にしましょう。

水の量は持ち帰り時間にもよりますが、あさりが水に隠れるかどうかというひたひたの量から多くても底から5センチくらいで十分です。

持ち帰り時間が長い場合は水少な目のほうがいいですね。あさりは何時間も大量の水にもぐったままってことはないですから。

よっぽど近所でない限り蓋をして持って帰りましょう。車や電車内で水がこぼれたりすると悲惨です。それにあさりはふだん砂の中にいるので暗い環境のほうが落ち着きます。

水の温度が上がらないようにクーラーボックスの中に保冷材も入れておきます。凍らせたペットボトルやコンビニで買った氷を袋ごと入れても大丈夫ですよ。

あさりは海水がぬるくなるだけで死んでしまうことがあるので冷やすのは本当に大事です。水が汚れすぎても死んじゃいます。

なので、移動時間が長い場合は途中のコンビニで氷を買って補充しましょう。でも、あさりに直接氷を当てないように気をつけてくださいね。それは冷たすぎます。

●水につけずに持ち帰る方法

電車で行く場合はクーラーボックスを持っていくのが大変ということもありますよね。そういう時は水につけずに持って帰るということもできます。

アサリは海水から出しても低温にしておけば冬眠状態になるのですぐには死にません。なので、海水を入れた大荷物を電車で持ち帰るのは嫌だ!という人は次の方法が便利ですよ。

新聞紙を持っていってそれを海水にひたします。それで洗ったアサリを包みます。そのまま包んでもいいですが、みかんの網の様な網袋があると貝を傷つけずにまとめることができて便利です。

保冷材といっしょにビニールの袋に入れたらバッグなどに入れて持ち帰ります。ビニールの上からタオルなどで覆うと保冷効果が保てますよ。

海水を持って帰るようにして移動中に新聞紙が乾きそうだったら時々海水を振り掛けます。

ビニール袋に入れる時なんですが、水がこぼれないようにと口をきつく縛ってしまいがちなんですけど、これをやるとあさりが呼吸できなくなって死んじゃいます。密閉しないように気をつけましょう。なので、タッパーやジップロックもダメです。

保冷材などでしっかり冷やしていれば普通のバッグでもいいですが、できればクーラーバッグなどがあるといいですね。

クーラーボックスに比べてかさ張らないし、大きさも選べます。持っておくときは折りたたんでしまえるので便利ですよ。

潮干狩りから持ち帰りできる時間の目安

どちらの持ち帰り方をしたとしてもきちんと気をつけていれば8時間くらいはちゃんと生きてます。

そんなに長くなることはないと思いますけど、持ち歩き時間は短ければ短いほどいいですね。

生きたまま持ち帰るためにはとにかくしっかり冷やすこと。移動時間が長いときはコンビニなどで氷を買って補充しましょう。

温度が上がるとあさりをつけてる水も汚れやすくなるので注意です。


スポンサードリンク

アサリの砂抜きの簡単な方法

余裕がある人は潮干狩り場できれいな海水をペットボトルなんかに汲んで変えると砂抜きに使えます。あさりが生息していた環境の海水のほうが砂を吐きやすいといわれているんですよね。

重たくて持って帰れないというときは水道水と食塩でもできるので無理しなくて大丈夫です。

水道水で塩水を作る時は海水と同じ濃度に近づけてあげるのがポイントです。だいたい3%くらい。水500ccに塩を大さじ一杯半くらいです。計量スプーンがなければ大き目のスプーンに一杯くらいで大丈夫です。

ボールに海水を入れたらザルなどにあさりを入れて水につけます。

ボールに直接あさりを入れるとあさりも吐き出した砂もボールの底で一緒になってしまうので、せっかく出した砂をまたすってしまうことがあります。なので、ザルなどで高さに差をつけてあげるといいですよ。

あとは暗く静かな場所においておけばオッケーです。あさりが水を飛ばすことがあるので新聞紙などをのせて蓋をしたり、ボールを新聞紙の上にのせておくといいですね。

我が家はお風呂場などに置いておきます。もちろん、お風呂は沸かさない状態で。

部屋の温度は常温で大丈夫です。熱すぎはダメですが、低すぎても砂を吐きにくくなります。目安は15以上です。

一晩置いておけば次の日の朝には食べられますよ。

あさりの潮干狩りでの持ち帰り方まとめ

あさりは暑さに弱く死ぬとすぐに腐ってしまうので、潮干狩りからの持ち帰りは特に温度に気をつけましょう。低温とわずかな海水があればあさりは8時間くらいは生きていられます。せっかく獲ったアサリですからおいしくいただけるといいですね。

潮干狩りの持ち物のはこれがあると便利!(船橋編) ⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-