生活

ピクニックのおにぎりの具はこれ!お弁当での簡単アレンジと衛生対策

2017/04/07

pikunikku-onigiri-gu
ピクニックデートに持っていくお弁当のおにぎりとなると、ふだんのお弁当と違っておにぎりにも一工夫したいですよね。そこで、おとなに人気の具材や簡単にできるおにぎりのアレンジ方法、さらに食材の痛みを防ぐ衛生面でのポイントなどを紹介します。

スポンサードリンク
  

ピクニックのおにぎりの具で人気なのはこれ!

おにぎりの具の定番といえば梅、鮭、かつお、たらこ、昆布といったところですね。このあたりは梅干などの好き嫌いはあるけど基本はずれがありません。

ここからちょっとバリエーションを増やしたいなという時はシンプルな具材をミックスするのが簡単です。

例えばカリカリ梅にしらすと大葉を混ぜたおにぎり。あっさりとしているのでおかずにもあわせやすいし、食感もいいですよ。

おかかの混ぜご飯の中にチーズを入れておくというのも人気です。

おとな向けのおにぎりとして大人ならではの食材を入れるのも手です。

例えば肉味噌や刻んだ野沢菜など。どちらもただ入れるだけでワンランク上のおにぎりに早がわりします。

ピクニックのおにぎりは食べやすいように一つ一つを小さめに作ってあげるのがポイントです。ふりかけや具材を混ぜ込んだご飯の小さな丸いおにぎりはそれだけでかわいらしくなりますよ。

お弁当のおにぎりの簡単アレンジ

おにぎりだけど一味違ったものにしたいという時に役立つ簡単アレンジ方法をご紹介します。

まず。ちょっと手をかけるならオムライスおにぎりなんかがいいですね。

ラップの上に薄焼き卵を広げてその上にチキンライスをのせてラップごと丸めて握れば簡単にできます。オムライス好きの男子は多いので試してみるといいかもです。

手間をかけたくない人、おにぎりを上手に握れない人には「おにぎらず」がおすすめ!

onigirazu-tukurikata

その名の通り、握らないおにぎりです。見た目は平べったくて、これがおにぎり?って感じですがこれがなかなか便利なんですね。

作り方は簡単。市販の正方形の大きなのりの真ん中にご飯を四角くのせます。ご飯の上に具をのせてさらにご飯をのせます。あとは四隅からのりで包んで折りたたんだ面を下にしてごはんに海苔をなじませてくっつければ完成です。

onigirazu

半分に切ったときに断面がきれいに見えるように具材を並べると見た目がよくなりますよ。

おにぎらずは形が崩れにくいので焼いたお肉とかウインナー、そぼろなどなどいろんな具を入れやすいです。お肉は男子の大好物なのでガッツリ系のおにぎらずは好評です。

おにぎりをいなり寿司なんかにするのもいいですね。

でもいなりずしを一から作るって結構めんどうです。そこで役立つのが市販のすでに味付けしてあるいなり寿司用の油揚げです。これを細切りにしてご飯と混ぜてにぎれば簡単にいなり寿司風のおにぎりができあがりますよ。


スポンサードリンク

お弁当のおにぎりの衛生対策

ピクニックの季節は気温が上がりお弁当が痛みやすい時期です。そんな中、長時間お弁当を持ち歩くわけなので食べ物が痛まないようにする対策は大切ですね。

おにぎりももちろん気をつけたほうがいいです。

まず、ご飯への対策。

おにぎりを握る時は直接手で握らずラップの上に塩を振りご飯をのせてラップ後と握るとご飯に触れずにすむので雑菌がご飯につくのを防ぐことができます。

具材としては梅干やゆかりなどに殺菌作用があるのでご飯に混ぜこむと効果的です。

他の具を使いたいときはお米を炊く時にいっしょに梅干1個を入れたり、お米2合にお酢大さじ1くらいを入れて炊くと痛みにくいご飯ができます。これくらいなら味に影響はないですよ。

炊き上がったご飯にお酢を混ぜて酢飯にしてしまうのも手です。また、塩を少し多めにふるというのも効果的ですね。

具で気をつけることは生ものはさけることです。タラコや明太子は人気ですがそのまま入れるのは心配です。どうしても入れたい時は焼いてつかいましょう。

痛みが心配な人は梅、昆布、おかかといった塩分が多めで脂っぽさが少ないものを選ぶと安心です。

ピクニックのおにぎり具まとめ

具材をいくつか混ぜてみたり、握り方を変えてみたりすることでなんてことないおにぎりも見栄えが良い手の込んだ料理にかわりますよ。外で持ち歩く時間が長いので味だけでなく衛生面の気遣いもしっかりしておきましょう。楽しいランチタイムになるといいですね。

ピクニックのお弁当のおかずで彼氏が喜ぶ中身と量はこれ!⇒
お弁当の食中毒対策で食材で気をつけることと便利な抗菌グッズ⇒

スポンサードリンク

-生活
-,