健康

養命酒の効果で30代女性の体調不良を改善!効果はいつから?風邪にも◎

2017/04/06

yomeisyu-kouka
養命酒の女性に嬉しい効能を紹介します。30代になって体力の衰えや体調不良が増えて飲み始めた養命酒の効果のほどやいつから効果が感じられるようになるかなど体験談をふまえてご紹介します。小さな体の不調にこそ効き目があるので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク
  

養命酒の効果で女性に嬉しい効能

まず、養命酒で改善が期待される症状を並べてみます。

●肉体疲労
●冷え
●胃腸の不調
●病中病後の回復
●食欲不振
●虚弱体質
●いつも顔色が悪い

私が養命酒を飲み始めたのはひどい冷え性を治したいと思ったのがきっかけでした。でも、いざ飲み始めてその効能をまじまじと見てみると実はそのほとんどに当てはまる気がしました。

30代に入ってからというもの、疲れやすくその疲れがなかなかとれないし、その結果、胃腸の調子が悪くなることもありました。過敏性腸症候群という腸の不調も患いました。いつも体が冷えていて手足は氷のように冷たく顔色も悪い。そんなわけで、とにかく体調を崩しやすく治りにくい体になってしまいました。

でも、過敏性腸症候群はさておき、それ以外の症状は本当につらいし大変なんですけど、病院に行って治すようなものでもないんですよね。

こういう状態を東洋医学では「未病」といって、病気に向かいつつあってまだ病気ではないけど健康でもない、という状態なんだそうです。

これを聞いた時に、本当にそうだよなぁ、としみじみ思いました。なったことある人ならわかると思うんですけど、冷え性とかって本当に体が辛いし、そのせいで風邪や他の病気を引き起こしたりするのでやっかいなんですよね。

でも、病院で治してくれるものでもないからどうしたらいいものか…といろんな民間療法に頼るってことが多いです。

そういった症状を改善に導いてくれる養命酒は30代女性の虚弱体質には強い見方です。

養命酒の効果はいつから出てくる?

そんな養命酒ですが、いつから効果を感じられるのかというのが気になるところですよね。

養命酒を飲んだことがある人の中には、効果がない!と感じた方もいるかもしれません。そう感じて数日、数週間で飲むのをやめてしまう人もいるんですが、それはもったいないです。

というのも、実は養命酒には即効性があまりありません。

そもそも養命酒というのは、生薬といわれる薬効をもつ植物などをお酒に漬け込んで体質の改善を促すための飲み物で、東洋医学の考えに基づいて作られています。

養命酒に限らず、東洋医学というのは体の中の環境を正常に整えて病に負けない体を作るというのが特徴です。なので、どうしても効き目が出るのに時間がかかってしまうんですね。

一方で、現代社会の医療はほとんどが西洋医学の考えです。西洋医学は対処療法といって、出てきた痛みを抑えたり、体の悪い部分を手術で取り除いたり、というのが特徴です。だから、薬を飲めばすぐ効くというのが当たり前ですよね。

そういう風に考えてしまうと確かに、養命酒は飲んですぐに劇的な効果がでるものではありません。むしろ継続して飲み続けてじっくりと体を変えていくしかありません。

じゃあどれくらい飲み続ければいいのか?って話ですが、私は今1年以上飲み続けてます。本当は1日3回服用なんですが、昼は出先が多いので朝晩の2回飲んでます。

で、現時点で冷え性が完璧に治ったということはありません。でも、良い方向に改善している兆しがあります。

例えば何ですが、おととしの冬、私は部屋の中にいても本当に寒くて寒くて、靴下の重ね履きに腹巻、スパッツにスウェット、上は4枚ぐらい着てもまだ寒くて背中にホカロンを貼って湯たんぽを抱えてパソコン作業をするというような日々でした。

それが、この間の冬は湯たんぽもホカロンもなし、冷え改善のために腹巻と靴下重ね履きはしてましたけど、一時期に比べたらだいぶ薄着で過ごせるようになりました。

もちろん、この間に運動やら食事の改善やら他の健康法も試みてはいます。でも、体の中から少しずつ変わってきてるなという実感はありますよ。

体の悪い部分というのはある日突然悪くなるのではなく、ちょっとずついろんなものが溜まって最終的に症状が出るという状態です。で、その悪い部分を治すには、悪くなったのと同じだけの期間が必要だと言われています。

なので、養命酒を飲んで体を良くしたいという場合、不調の根源を体を改善することで治していくので長期的に取り組まないと効果がないんですね。

だから、それくらい本気で体を変えたいと思ってる人じゃないと本当に効果を実感できるところまでいきつかないかもです。


スポンサードリンク

養命酒の効果は風邪にもある

さて、養命酒は即効性がないといいましたが、養命酒の効果をすぐに感じられる可能性があるのが風邪を引いた時です。

風邪の引き始めに養命酒を飲んで寝たら翌日にはすっきり風邪が治っていた、という人も結構います。

これはなぜかというと養命酒には体を温める効果があるからです。

養命酒は医薬品の薬用酒とはいってもアルコール分が14%も含まれているれっきとしたお酒です。なので、飲むと胃や食道がカーッと熱くなるのを感じます。

お酒を飲んで体が温まるのと同時に、生薬の成分が新陳代謝を活発にし血のめぐりをよくして体を内側から温めてくれるんです。

風邪を治す一番の方法は体を温めて免疫力をあげることですからこれは風邪の引き初めには効果絶大です。

養命酒の効果まとめ

風邪の時に飲めば即効性を感じられることもあります。でも、養命酒で体の不調を本当に治したいなら焦らず継続的に飲み続けることが大事です。時間はかかりますが、冷えや倦怠感といった30代女性特有の軽微な不調も体の中からじっくり治すことができますよ。

スポンサードリンク

-健康
-, ,