健康

冷え性の改善に生姜は間違い?効果がある取り方のコツを紹介

手足や背中が冷えて辛い・・・
冷え性で悩む女性は多いですよね。

そんな症状の改善に生姜が効く!というのは
有名な話ですが、実は取り方に気を付けないと
逆に体を冷やしてしまうことがあるんです。

体を温めようとせっかく生姜を食べているのに
冷え性を悪化させてしまっては本末転倒。

そこで冷え性改善のために生姜を食べる時に
気を付けなければいけないポイントと
おすすめの取り方を紹介します。

スポンサードリンク
  

冷え性の改善に生姜は間違い!?

「生姜を食べると体が温まる」という話は
冷え性に悩む人なら一度は聞いたことがありますよね。

確かに、体を温めるのに効果的な方法で生姜をとれば
体の芯から温まり冷え性の改善にも役立ちます。

ところが、あまり知られていないのですが、
生姜には体を冷やす効果もあるので食べる時には注意が必要です。

これは生姜の成分に関係しています。

生姜には「ジンゲロール」と「ショウガオール」という
2つの成分が含まれているのですが、
取り方によって発揮される効果が違うのです。

「ジンゲロール」は血行を促進し発汗作用があり、
汗をかくことで体温を下げてくれるので
風邪のひき始めや熱のある時にはとても効果的。

つまり、一時的に体温は上がりますが
汗をかいて熱を奪うので結果的に体を冷やしてしまうんですね。

一方、「ショウガオール」は体内の脂肪や糖質を燃焼させて
体の中から熱を作ってくれるので体を芯から温める効果があります。

ですのえ、生姜で冷え性改善と考えている方は
この「ショウガオール」を効果的に取りたいですね。

冷え性の改善のために生姜を効果的につかうには

では、どうすれば「ショウガオール」を取れるのか。
ポイントは食べ方にあります。

体を冷やす「ジンゲロール」は
生姜を生で食べた時に摂取する成分です。

よく紅茶などにすりおろした生姜を入れると
冷え性対策をしているつもりが実は逆効果、
体を冷やすことにつながってしまうんですね。

ではどうすればいいのか、
とても簡単なんですが実は生姜に熱を加えることで
「ジンゲロール」が「ショウガオール」に変わるんです。

スポンサードリンク

なので、冷え性対策として生姜を取りたい時は
蒸したり、天日干しにして乾燥させてから食べましょう。

市販のものを購入してもいいですが
ご家庭でも簡単に作れます。

天日干しなら1ミリほどに薄くスライスして
風通しのいいところに1日干しておけば出来上がり。

外に干すのはちょっと・・・という方はオーブンでも作れます。

水洗いして汚れを落とした後、
皮のついたまま1ミリほどの厚さにスライスします。
皮のすぐ下に栄養があるので皮をむかないのがポイントです。

80度のオーブンで1時間ほど焼くと干からびてきます。
最後の方はこまめにオーブンをチェックして焦げる前に取り出してください。

保存する時にお菓子などについてきた乾燥材を
容器に一緒に入れてあげると湿りの防止に役立ちますよ。

このちょっとした一手間で冷え性改善の効果が全然違ってきます。

冷え性を改善する生姜のおすすめの取り方

このように熱を加えた生姜を紅茶などにいれてあげればバッチリ!
ですが、生姜の独特の風味が苦手という方もいらっしゃいますよね。

そんな時におすすめの取り方をご紹介します。

まずは甘みを加えてあげること。
蜂蜜やマーマレイドを入れてあげたり、
甘みのあるゆず茶や甘酒に生姜を入れてあげるのもおすすめです。

あまり甘いものは取りたくない、という方は
料理に入れてしまってもいいと思います。

料理に混ぜることで味のアクセントとして活かすこともできますし、
スープや煮込み料理にであれば
生姜の風味をほとんど感じなすることもできます。

スープなどに入れて煮込んであげれば
生姜の効果だけでなく温かい料理をとることでも
体を温める効果が期待できますね。

まとめ

生姜で冷え性の改善をする時は
熱を加えた生姜を食べることを心がけましょう。

でも取り過ぎは禁物、
スライスした生姜なら1日6枚くらいが適量です。

ちょっと少なく感じるかもしれませんが
適量を毎日継続して取り続けることが
芯から温まる体づくりに大切です。

焦らずじっくり取り組んで
辛い冷えとを和らげていきたいですね。

スポンサードリンク

-健康
-