健康

冷え性を食べ物で改善する陽性の食材と効果的なレシピを紹介

秋の気配を感じられるようになり
朝晩は涼しい季節になりましたね。

過ごしやすく気持ちのいい季節ではありますが、
一方で女性を悩ませる冷えの季節の到来でもあります。

毎年、手足の冷たさや寒気に苦しんだり、
体の不調を感じる方も多いのではないでしょうか。

部屋を暖かくしたりお風呂に入ったり
対処療法で寒さを和らげることもできますが、
時間が経つとまた冷えてしまうのが辛いところ。

できれば根本から冷え性を改善したいですよね。
そこでまず目を向けたいのが毎日口にする食事です。

冷え性に効く食べ物を効果的に使って
体の中から冷えを改善する方法を紹介します。

スポンサードリンク
  

冷え性を食べ物で改善する

食べ物で冷え性を改善するためには
まず、体を冷やす食べ物を食べないことです。

当然ですが、冷たい食べ物は体を冷やします。

冷たい食べ物が体に入ると消化のために
それらを温める必要がありエネルギーを使うことで
体内の熱が奪われてしまうのです。

ふだん何気なく口にしている食材の中にも
体を冷やしてしまう食べ物がたくさんあります。

例えば、野菜だとトマトやキュウリ、ナスなど。

今では一年を通して食べられる野菜ですが
夏野菜といわれる野菜は体を冷やす効果があります。

フルーツの多くも体を冷やす食材です。
野菜やフルーツは水分を多く含むため
体を冷やすものが多いです。

また南の地方で採れるものは
体を冷やす効果がある食材が多くあります。

そして、意外と意識されていないのが白砂糖です。

ほとんどの洋菓子には白砂糖が使われているので
スイーツ好きの方は辛いですね。

白砂糖などの精製食品はほとんどカロリーしか含まれていません。
そういったものを体が吸収すると体内の血糖値がいっきに上昇し、
それをおさえるために大量のインスリンという物質が分泌されます。

すると急上昇した血糖値が今度はいっきに減少し、
それにあわせて体温も下がってしまうのです。

スポンサードリンク

冷え性に効く食べ物は陽性の食材!

では、冷え性を食べ物の改善するには
どういった食材選びをすればいいのでしょうか。

東洋の考え方では、食べ物は陰と陽の性質に分けることができ、
陰性は体を冷やし、陽性は体を温める食べ物と考えられています。

どうやって見分ければいいのか特徴をご紹介しますね。

【陰性】
・水分が多い
・早く煮えてすぐ柔らかくなるもの
・土より上に育つもの
・暑い地域でとれるもの
例:トマト、ナス、キュウリ、ほうれん草、とうもろこし、フルーツなど

【陽性】
・かたいもの
・火を通すのに時間がかかるもの
・土の下で育つもの
・寒い地域でとれるもの
例:にんじん、かぼちゃ、ごぼう、れんこん、たまねぎなど

夏野菜と呼ばれるものや葉物野菜は冷やす食材、
根菜類は体を温めてくれるものが多いです。

また、一つの野菜の中でも陰と陽が別れるものがあります。

例えば大根です。
ふだん私たちが食べる根の部分は陽ですが、
葉は土より上で育つので陰性になります。

基本的には陽性のものを多くとることで
冷え性の改善にも効果があると考えられていますが
極端に偏るのは栄養のバランスから見てもよくありません。

ナスの煮びたしにおろしショウガをあわせる、など
陰陽の食材をうまく組み合わせて
若干、陽性に偏るくらいがちょうどいいバランスです。

冷え性を食べ物で改善するのに効果的なレシピ

体を冷やさないためには火を通した暖かい食べ方がおすすめ。

煮物やポトフなどの煮込み料理や
これからの季節であれば鍋料理などもいいですね。

陰性の食材は火を通しても体を冷やす食材であることには
変わりありませんので撮り過ぎには注意です。

まとめ

栄養と性質のバランスをとりながら、少し陽性に傾くように食材を選んで
お鍋や煮物など体を温めるのに効果的な調理法でいただきましょう。
冷え性を改善して寒い冬を少しでも快適に乗り越えたいですね。

スポンサードリンク

-健康
-