行事・イベント

入学式の服装のママの定番はこれ!着まわしと30代のマナー

2018/02/03

nyuugakushiki-hukusou-mama
小学校の入学式はお子さんにとってもママにとっても初めてでどきどきの一日ですよね。思い出にも写真にも残る大事な晴れの日だからこそふさわしい格好で臨みたいというお母さんも多いです。でも初めてだからこそ何を着ていけばいいのか悩んでしまうもの。そこで、入学式のママの服装の定番や着まわし、気をつけたいマナーなどをご紹介します。

スポンサードリンク
  

入学式の服装でママの定番は?

入学式のママの服装については地域や小学校によって多少差がありますが、まずは一般的に言われている定番についてお話しますね。

入学式は春の式典で、お祝いの場でもあるので基本的には明るい色合いの服装がいいと言われています。なので、ピンクや水色などのパステルカラーや、白やベージュといった淡い色のスーツを着てくる人が多いですね。

必ずしも決まりではないですが上下セットのスーツで、下はスカートというのが定番で無難なスタイルです。お仕事をされてるお母さんだとパンツスーツでいらっしゃる方もいますね。ワンピースを着ている人もいます。ワンピースを着る場合もそれだけだとカジュアルすぎるのでジャケットを羽織ってくるのが一般的です。

以前は上下で同じ色のスーツや、ワンピースと同系色のジャケットなど全体の色味を統一する人が多かったですが、最近は上下で色の違うスーツの組み合わせというのも一般的になってきているので、入学式でもそういうった色味の服でいらっしゃるママさんを見かけるようになりました。お店でもスカートとジャケットの色が違うセットが売られてますよね。

あと、少数ですが着物で来るお母さんもいます。着物は日本の伝統服で正装の場にもあうので着られる人にはおすすめです。スカートで脚を出すのをためらうママがいるんですけどそう方にもぴったりだし、和装はそれだけで品が出ますよね。入学式はその後の教室でのやり取りも含めて3~4時間だと思うので、ふだん着物を着ない人でもなんとか頑張れるんじゃないかと思います。

入学式の服装は着まわしはダメ?卒園式のスーツが着たい

お母さんの中には幼稚園の卒園式できたのと同じスーツを着まわしたいという方もいますよね。そういう時に役立つアイディアをご紹介します。

入学式とは逆で、卒園式は黒などの暗い色が主流です。なので、それを着まわすとなるとメインの色味が黒になってしまいますよね。入学式の定番は明るい色なので黒スーツでいっていいものか悩むところです。

結論から言って、黒が絶対ダメというわけではありません。その代わり、インナーや小物などで華やかさを出すことで卒園式との違いを出すのが大事です。

スーツの中に着るインナーやシャツ、アクセサリー、スカーフ、コサージュなど印象を変えられる小物はいろいろあります。

スーツが黒や紺などのダークカラーの場合、インナーやシャツは薄いピンクなどパステルカラーを選ぶと春らしくなります。アクセサリーを付けるならパールがおすすめです。イヤリングやピアスと一連のネックレスくらいがいいですね。あまり派手過ぎると浮いてしまいます。明るい色のスカーフも春らしくて素敵です。

あと、入学式のお母さんの服装で定番なのがコサージュです。コサージュってふだんはまず使う機会がないし馴染みがないですよね、時代感があるというか。でも、今でも入学式などの式典ではわりと皆さんふつうに着けてきてます。

コサージュの選び方などを知りたい方は「卒業式にコサージュは必要?母親におすすめの色とつける位置と向き」に詳しく書いてますので参考にしてくださいね。


スポンサードリンク

入学式の服装の30代ママのマナー

最近はいろいろなファッションが受け入れられるようになってきたし、個人の趣味を尊重する風潮もあるのでわりとどんな格好でもそんなに浮くことはありません。特に風習などが薄い東京ではその傾向も強いです。

なので、以前に比べたらかなりいろんな格好のお母さんが見受けられるようにはなりましたが、とはいえやっぱり入学式は式典でオフィシャルな場ですのでTPOといいますか、その場にふさわしい格好というのは心がけたほうがいいですね。

悪目立ちしてしまう例で多いのが露出の多さです。

若いママさんにありがちなんですが、ひざ上10センチくらいのミニ丈のスカートやキュロットをはいてくる方がいたりするんですが、これはさすがに浮きます。ジャケットを羽織ったとしてもやっぱり違和感がありますよね。

あとワンピースを着る場合の襟まわりや胸元も注意が必要です。襟ぐりがあきすぎてデコルテや胸元まで深くあいているものは入学式には好まれません。

芸能人が記者会見で着ていたりしてかわいいなと思っても、それをそのまま真似してしまうと一般社会ではやっぱり浮きます。カジュアルなパーティーで着るならいいかもしれませんが、オフィシャルな場では控えたほうが無難です。

また、小学校の入学式ということはお母さんの年齢も30代か20代でもアラサー世代という人が大半ですよね。となると、やはり節度というか大人としての常識を見られる部分があります。それに、ミニスカートなどは単純に若作りに見えちゃうこともあるので注意したいところです。

30代ママさんの入学式の服装で気をつけたいポイントです。

まずスカート丈は膝丈か膝が少し隠れるくらいがベストです。襟まわりは開きすぎていないようにしましょう。

基本はジャケット着用です。黒でもいいので着ていった方がいいですね。たまにストールを羽織ろうかと考える方がいらっしゃるのですが、パーティーではないのでストールは場違いになります。

ストッキングも忘れずに。素足は当然NGです。色はベージュのものがいいですよ。黒や網タイツは避けましょう。

あと、着飾りすぎないことです。着物や、外国人のお母さんでその国の民族衣装を着るのはありです。でも、まったく関係ないけど華やかだからという理由でエスニックなドレスやパーティードレスを着ていくと確実に浮きます。

あくまで主役は入学式を迎える子どもたちです。お母さんもその場にふさわしい格好にきれいに装う必要はありますが、必要以上に着飾らずオーソドックスな装いが一番素敵ですよ。

あと小学校の体育館は意外と寒いので、腹巻など着脱できて服の上から見えないところでできる防寒対策は役立ちますよ。

入学式の30代ママの服装まとめ

入学式は春の式典なのでそれを意識したフォーマルで明るい雰囲気がある服装がおすすめです。スーツ自体が黒っぽい色でも小物で華やかさを出せば大丈夫です。あくまで主役はお子さんですからママの服装はオーソドックスにまとめるのがいいですよ。

入学式の服装でよくあるお悩みはこちら
スーツのスカートがきつい!ファスナーが閉まらない時の応急処置⇒
スーツのジャケットがきつい!入らない時の対処法はどうする?⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, ,