行事・イベント

女性がホワイトデーに期待するお返しはこれ!嬉しいものといらないもの

2017/01/30

josei-howaitode-kitai

彼女へのホワイトデーのお返しって悩みますよね。付き合って初めてのホワイトデーならなおさらです。女性はどんなお返しを期待しているのか、もらって嬉しかったものやいらないものなど、ホワイトデーのお返しのプレゼントについてご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

女性がホワイトデーに期待するプレゼントはこれ!

バレンタインにプレゼントを上げた女性としてはやっぱりホワイトデーに何かしらのお返しを期待しているものです。

とはいっても、ホワイトデーのお返しは誕生日やクリスマスに比べるとそこまで頑張る必要はなく、金額的には、いつもよりちょっと良いもの、くらいの手ごろなもので大丈夫です。気持ちがこもっていれば好きな人からもらうならプレゼントならなんでも嬉しいという女性も結構多いですよ。

なので、値段の目安としてはバレンタインに彼女からもらったプレゼントと同額かそれよりちょっと高いくらいで選ぶといいです。

では、具体的にどんなものがいいのかということで、まずは彼女が期待する定番のホワイトデーのお返しをご紹介します。

●アクセサリー

アクセサリーはホワイトデーの彼女へのプレゼントとしてはもう定番中の定番ですね。

ティファニーなどのハイブランドのアクセサリーは見た目がエレガントでかわいいし、ホワイトデーにはやっぱり人気のプレゼントですが、どうしても1万5千円くらいはしてきちゃうのでお値段がかわいくない…。

もし彼女からのプレゼントがそれくらいの値段ならぴったりのお返しになりますが、あまりにも金額に差がありすぎるとかえって彼女に気を遣わせちゃうこともあります。

なので、無理せず自分が用意できる範囲のものを選びましょう。アクセサリーは安すぎるものは見た目も安っぽくなるので5000円前後のものを選ぶといいと思います。

イヤリングやピアス、ネックレスはサイズがないので選びやすいですよ。アクセサリーは服と同じで人によって好みがあるので、シンプルなデザインのものを選ぶと失敗が少ないです。

●ちょっと高価なお菓子

ホワイトデーといえばクッキーなどのお菓子も定番のお返しですね。

とはいっても、スーパーやコンビ二で買えるようなお菓子や、いかにもホワイトデーの催事品と思われるものはイマイチです。ふだん自分では買わないようなちょっと高めのお菓子をプレゼントするととても喜ばれます。

ホワイトデーにおすすめのクッキーを知りたい方は「ホワイトデーのクッキーの人気ブランドとおすすめはこれ!」をお読みくださいね。

お菓子と一緒に花束をあげたりするとさらに良いです。花もホワイトデーの定番ですよね。日本人は日頃から花を贈るという習慣があまりないので花束って以外ともらう機会がありません。だからきれいな花束は想像以上に喜んでもらえるアイテムだったりします。

おいしいお菓子と美しい花束ってものすごく「女性」を意識させるプレゼントですから彼女にちょっとしたお姫様気分、とまではいかなくてもしっかり女性として扱ってあげることで喜ばれるアイテムです。

●一緒に選ぶ

どうしてもプレゼントが決まらない!という時は彼女に好きなものを選んでもらって一緒に買いにいくのもいいと思います。ホワイトデーは「バレンタインのお返しをあげる日」としてあるのでサプライズである必要はないですからね。

好きなものを選んでもらう時は値段をしっかり伝えてあげるのがポイントです。何でもいいよ、というのは優しさのようで実はものすごく彼女を悩ませます。人によってはいくらまで?と自分からは聞けない性格の人もいます。せっかくだから欲しいものをもらいたいけど高すぎたら悪いかな?いくらまでいいのかな?と悩ませないように大体でもいいので予算の目安を伝えてあげましょう。

ホワイトデーのお返しで嬉しいプレゼント

次にホワイトデーにもらって女性が嬉しいと思ったプレゼントを定番からサプライズまでいくつか紹介しますね。

●小物

パスケースや名刺入れ、ハンカチ、マグカップなどなど。普段の生活の中で使えるものは重宝されます。

小物類は生活には欠かせないアイテムですが、わざわざそこにお金をかけるかと言われると優先順位は低いですよね。なので、自分では買わないようなちょっと上質なものを用意すると生活が潤うし彼女にとても喜ばれます。

スポンサードリンク

●食事

これもやっぱりちょっといい店、というのがポイント。いつものデートでは行かないような名店などに連れていってあげると女性は喜びます。

あとホワイトデーなのでアフタヌーンティーやデザートビュッフェなどもおすすめです。ちょっといいホテルのプランなどは女性に絶対好評です。

例えばですが、パークハイアットのラウンジのアフタヌーンティーのプランは平日の正午~14時のプランであれば一人2000円で利用できます。ちょっといいホテルでも時間を選べばかなり手ごろに利用できますよ。

パークハイアットはラウンジが41階にあるので眺めが抜群にいいです!ラウンジの雰囲気も高級感があり非日常な優雅な時間を過ごせます。女性はこういうの大好きだし、彼氏に連れて行かれたらぜったい感動しちゃいます。

アフタヌーンティやケーキセットなど手ごろな価格に加え、あの景色は絶対的に感動してもらえるので本当におすすめですよ。

●手紙

ものすごく手軽なのにありえないほど彼女が感動してくれるのが手紙です。いつもは恥ずかしくて言えない様なことやふだんの感謝の気持ちなどをつづるだけで女性としてはものすごく嬉しいものです。

長々と書く必要はないのです。正直に素直な言葉で何か一言、小さなメッセージカードに書かれているだけでも十分です。カードもきれいなものを用意するといいですね。

花束と同じでこういうものは日常でもらう機会がないし、日本人はシャイで特に男性は余り自分の気持ちを伝えない人が多いですから、それだけでサプライズのような感じもでますし、女性は絶対喜びます。

ホワイトデーのお返しでいらないもの

さて、好きな人からもらえるならなんでも嬉しいとは言いつつも、もらってがっかりというプレゼントも中にはあります。せっかく喜ばそうと思って用意するホワイトデーのプレゼントですからなるべくいらないと思われるものは避けたいですよね。

人によって好みがあるので全員に当てはまるわけではないですが、女性に不評なものをいくつか紹介します。

●キャンディー、マシュマロ

ある意味ホワイトデーの定番お菓子ともいえるキャンディーとマシュマロですがこれが女性には結構不評です。

キャンディーって感動的においしい食べ物ではないし、そんなにすばらしく豪華で高価なキャンディーってあまりないですよね。マシュマロにしてもキャンプなどで焼きマシュマロにするなら雰囲気があっていいですが、わざわざマシュマロだけ好き好んで買って食べるかといわれるとまず食べません。

なぜ数あるお菓子の中からコレを選んだ?というのがキャンディーとマシュマロをもらったときの正直な感想です。せっかく同じ値段ならクッキーとかチョコのが良かったなぁと思っちゃうものです。

●手作りお菓子

彼が頑張って手作りしてくれた!と喜んで食べる女子もいますが、わざわざ手作りしなくてもいいのにな、という本音もちらほら。同じ値段ならイマイチのものを食べるより贅沢なお菓子が食べたい…。

彼女がバレンタインに手作りお菓子をくれたとしても別に無理して手作りで返す必要はありません。そこには女性としての「私、お菓子作れるよ」アピールも入ってたりしますしね。中には、彼女が作った手作りよりも彼の作ったお菓子のがおいしくて凹んだなんて声もあります。

●本

本のプレゼント自体が悪いわけではないのですが選び方が大切です。

彼女に成長してほしいという思いから自己啓発やマインド系の本をプレゼントする男性がいますがこれは押し付けがましい印象をもたれることがあるので要注意です。

せっかくあげるなら彼女が喜ぶものを、そしてホワイトデーの雰囲気に合うものを選ぶのが大切です。

●選んでいいと言ったくせに文句を言う

ホワイトデーのお返しに好きなものをプレゼントしてあげるよ!と言ったくせに、選んだものにいちいち文句を言われると最悪の印象です。

女性の好みとかこだわりって男性にはわかりにくいところもあるかもしれませんが「え?それ持ってるじゃん」とか「そんなの必要?」とか厳禁です。

値段が高すぎるとか常識の範囲をこえているという場合などは別ですが、彼女が選んだものに難癖を付けすぎると喧嘩の元ですし、「そんなこと言うなら何もいらない!」と険悪なムードを招いちゃうので気をつけて。

彼女へのホワイトデーのお返しまとめ

ホワイトデーのお返しとして彼女が一番嬉しいのはやっぱり気持ちのこもったものです。高すぎるものは余計に気を遣わせてしまうので、普段よりちょっと良いものくらいを目安に彼女が喜ぶプレゼントを選ぶといいですよ。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-