行事・イベント

ハロウィンの大人の楽しみ方、仮装やパーティーはどうする?

2016/10/15

harowin

10月の一大イベントといえばハロウィン。

10月に入るとカボチャや魔女、コウモリなどハロウィンを意識した飾りつけが目立つようになり、街中にオレンジ色が溢れて見ているだけでワクワクします。

一方で、繁華街が仮装した人で大混雑する様子がニュースに取り上げられ、
「大の大人が仮装をして見苦しい、くだらない、迷惑だ」と、批判の声も聞かれます。

とはいえ、ここ最近、日本でもだいぶ定着してきて
ハロウィングッズを扱うお店やイベントなども増えてきています。
できれば、周りに迷惑をかけずせっかくの楽しい雰囲気を楽しみたいものです。

そこで、羽目を外し過ぎないハロウィンの大人の楽しみ方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

ハロウィンの大人の楽しみ方

ハロウィンといえば仮装して街を練り歩く、そう思っている人も多いと思います。

そもそもは「仮装をした子ども達が近所の家々を回ってお菓子をもらう」、という風習からきているもの。
子ども達がやる分にはかわいらしいですが、大人がそのまま真似をして分別なく街を練り歩くのでは確かにちょっといただけないですよね。

自分たちは楽しめても知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけていたりしては楽しいイベントが台無しです。
特に日本ではハロウィンが定着し始めたばかりなので仮装姿で歩くのを嫌だと感じる人もいるものです。

そこでまずは身近な人とじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?

ご家族や夫婦、親しい友人を招くなど家でのパーティーや仮装なら
他の人に迷惑をかける心配もありませんし、ちょっと気恥ずかしい人でも思い切って楽しむことができると思います。

ハロウィンでする大人の仮装

ハロウィンといえば仮装。これは是非とも楽しみたいですよね。
でも、あまりお金をかけ過ぎたものや本格的なコスプレのような格好は気が引ける・・・。
そんな人におすすめなのがワンポイントの仮装です。

スポンサードリンク

上下黒の洋服にで魔女の帽子をかぶったり、
黒いヒラヒラミニスカに黒いタイツ、お尻には悪魔の尻尾をつけてみたり。
普段着の洋服にどこか一か所だけハロウィンの要素を加えるだけでも十分に盛り上がれます。
一年に一度しか着ない物なのでコストも安く抑えられるのも嬉しいですね。

メイクを変えてみるのもおすすめです。
おもちゃ屋さんなどにはパーティーメイク専用のコスメなども売られています。
悪魔系の仮装なら、黒い口紅やマニキュア、マスカラをいつもより濃く塗るだけでかなり雰囲気がでますよ。

また、フェイスペインティングをできるシールなども売られていて、
水で濡らして貼るタイプですと取れにくいのでパーティーの間中楽しめます。

ハロウィンの大人のパーティーは?

仮装が決まったらぜひ披露したいと思いますよね。
そこでちょっとしたホームパーティーを開いてみてはいかがでしょうか?

10月のハロウィンシーズンになると100円ショップなどにもたくさんのハロウィングッズが並びます。
陶器やガラスでできたジャックオランタン(かぼちゃをくり抜いて作るランタン)を一つ部屋に飾るだけでも気分が盛り上がります。
また、最近は貼ったあとが残らずきれいにはがせるウォールシールなども豊富なので、壁や窓ガラスに装飾してもいいですね。

カボチャのケーキやプリンなどお料理にかぼちゃを取り入れるのもおすすめです。
料理がお得意ではないという方は買ってきてしまっても大丈夫。
この時期はカボチャを使ったスイーツが増えるので
いろいろなカボチャのお菓子を取り揃えて食べ比べてみるのもいいかもしれません。

海外では大人だけが集まるハロウィンパーティーではちょっとした仮装で会話を楽しむというものも多いそう。
盛大な仮装パーティーを開かなくても遊び心を持ってウィットにとんだ会話とあろウィンの雰囲気を楽しみたいですね。

まとめ

アイディアやちょっとした工夫で家でもハロウィンは十分楽しめます。
街に繰り出すのではなく身近な人とアットホームな雰囲気で大人のハロウィンを楽しんでみてはいかがですか?

スポンサードリンク

-行事・イベント
-