行事・イベント

節分の豆まきの由来、大豆と落花生どっちをまく?掃除を簡単にする方法

setubun mamemaki souji

2月3日の節分は家族で豆まきという家も多いですよね。お子さんが3、4歳にもなればいっしょに楽しめる行事ですし、今年は初めて節分の豆まきを子どもとやってみようと思う方もいらっしゃると思います。そこで、節分の豆まきの由来や豆選び、豆まきの後の掃除を簡単にするポイントなどの豆知識をご紹介します。

スポンサードリンク
  

意外と知らない節分と豆まきの由来

節分にどうして豆をまいて鬼退治するのか、意外と知らなかったりするんですよね。

まず節分ですが、節分は季節の変わり目のことです。なので、節分は実は春夏秋冬の4回あるんですね。中でも春を迎える立春の節分はかつては新年を迎えるのと同じくらい特別なものでした。だから室町時代あたりから節分といえば春(2月3日)の節分のことをさすようになったんですね。

昔は季節の変わり目には邪気が入り込みやすいと思われていて、新年(春)を迎える前に邪気を払って福を呼び込んだり無病息災を祈願しようと、宮中で行われたり、中国から伝わってきた行事が豆まきです。

で、豆まきといえば鬼退治ですが、これは昔、京都の鞍馬に鬼が出た時に大豆を鬼の目に投げつけたところ鬼を退治できたという言い伝えから来ています。

豆まきにも作法というかやり方の様なものがあって、もともとは一家の主や、その年の干支生まれの年男が豆をまくものとされています。なので、古い習慣が残っている地域だと男の人しか豆をまかないというところがありますが、今は家族みんなで豆まきするというのが一般的になってますね。

節分の豆まきは大豆と落花生どっちが正解?

私の実家は東京で、ずっと炒った大豆をまいていて、それが当たり前だと思っていたのですが、おとなになって落花生をまく家もあることを知って驚きました。この逆の経験をされた方もいると思います。

で、結局どっちの豆をまくのが正解かというと、本来は全国的に大豆をまいていました。由来にも出てくるように鬼退治で鬼に投げつけたりもしますし、大豆は五穀の一つでお米の次によく神事に使われるものです。

スポンサードリンク

それが明治以降になって地域によっては大豆が落花生に変わっていきました。雪が降ったり火山灰が降ったり、気象や自然環境の中で大豆より殻付き落花生のがまいたり拾ったりしやすい、というのが主な理由です。

地域別にみると北海道、東北、新潟、北陸、南九州では落花生をまき、関東、東海、関西などでは大豆をまく地域が多いです。もともと大豆だったので場所によっては落花生と大豆のどちらも使うという地域もありますね。

関東でも、テレビでも毎年取り上げられる成田山新勝寺の豆まきは落花生ですね。千葉は落花生の一大産地ですし。

節分の豆まきの後の掃除を簡単にする方法

子どもがはしゃいで勢いよく豆をまくと家中あちこちに豆が散らばって掃除が本当に大変なんですよね。しかも、隙間に入った豆を拾いそびれていたりすると、しばらくたってからカビのはえた豆が出てきたりしてギョッとしますし、ゴキブリを呼び寄せる恐れ大ですからね。

そこで、豆まきをした後の掃除を簡単にするためのポイントをいくつか紹介します。

まず、大豆じゃなくて殻付き落花生にする、これはなかなかいいですよ。東京でも最近はコンビニやスーパーで豆まき用落花生が売られていたりします。殻付き落花生は大きいので隙間に入り込んだり、拾いそびれるということが少ないです。拾った後、殻をむいて食べられるのもいいですよね。

大豆をまくときは数粒ずつティッシュやラップに包んでまくのもありです。塊が大きくなるので散らばりが少ないし、見つけやすいです。大豆が10粒くらい入った個包装のパックのまままくというのもいいと思います。

鬼役を作る場合は鬼に壁際に立ってもらいます。豆が入りこむ隙間のない壁方向へ豆を投げれば片付けも楽ですよ。ちなみに鬼には家中逃げ回るのではなく壁の前で右往左往してもらいます。

それから、水回りには絶対にまかないこと。お風呂場や台所などで豆を拾いそびれると水をすった豆が発芽したり腐ったりとひどい事態を招きます。しかも見つけにくかったり手が届かない隙間が多いのでそういうところには最初からまかないのが一番です。

楽しんでる子どもに「そうっとまいて」とは言えないですし、散らばらない工夫をしてあげるのがいいと思いますよ。

節分の豆まきのまとめ

今は豆まきしない家も増えていますからやり方にこだわり過ぎず、地域の風習も取り入れながらもそれぞれの家庭で楽しめるのが一番です。子どもさんと楽しい思い出ができたらいいですね。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-