行事・イベント

30代女性のバレンタイン自分用の予算は?人気チョコとご褒美を楽しむポイント

barentain jibunntyoko

バレンタインに自分へのご褒美として買う自分チョコ、義理チョコや友チョコと並んで最近ではかなりメジャーになりました。ふだん頑張って働く自分を一年に一度、大好きなチョコレートでいたわってあげるのも素敵ですよね。30代の働く女性が自分チョコに使う予算相場や人気のチョコ、ご褒美として楽しむぴポイントをご紹介します。

スポンサードリンク
  

バレンタインの自分用チョコの予算の相場

30代の働く女性ともなればお金の使い方もだいぶ自由になる年頃です。そんな女性たちのバレンタインの自分チョコへの予算は2000~3000円といったところが相場。

ふだんコンビニなどで買う100円ちょっとのチョコに比べたら一粒300円以上するような高級チョコは贅沢な気分を味わえます。だからといって羽目を外し過ぎないちょうどいい金額といったところですね。

もちろんこれは相場なので、中には5000円使うという人や、金に糸目は付けず買いたいと思ったものを買うという人もいます。

30代の働く女性の多くはファッションや習い事、美容など普段は自分磨きにお金を使うことが多いですし、ダイエットやボディメイキングなどを考えて甘いものには手を出さないという人も多いです。でもバレンタインは特別、一年に一度、自分にご褒美として大好きな甘いものをと考える人も多いようです。

バレンタインに自分のために買う人気のチョコは?

バレンタインの自分チョコで人気を集めるチョコレートといえば、「高級感のあるもの」と「バレンタインならではの商品」というのが大きなポイントになります。

まずはやっぱり、ふだんはなかなか手を出しにくい一粒300円以上はする高級チョコレートたちですね。

言わずと知れたチョコレートの名店ゴディバに、同じベルギーブランドのピエールマルコリーニ、デルレイ。「パティスリー界のピカソ」といわれているフランスのパティシエ・ショコラティエが作るピエール・エルメ パリ。ザッハトルテなどが人気のデメルなどなど。

ベルギーやフランスといったチョコや洋菓子の本場のものや、スペイン、スイス、アメリカなど海外の有名チョコレートブランドは自分チョコに絶対的に人気です。

日本のブランドでも神戸発祥のモロゾフや、生チョコで有名なロイズなどはちょっと贅沢チョコですよね。

また、バレンタインシーズンはあらゆる業界がチョコレートづくりに力を入れます。中でも女性の心を惹くのはホテルとのコラボ商品。

スポンサードリンク

例えば帝国ホテルでは湿度、温度が管理されたホテル内のショコラトリーで、ひとつひとつ手作業で作った繊細なバレンタイン用ショコラを作ります。見た目も美しく、食べた時に見える断面も美しい、芸術品の様なまさに目で愛でるチョコレートがありました。

シャネルやブルガリをはじめファッションブランドとのコラボ商品もあります。見た目の美しさはもちろん、そのブランドのロゴやバッグなどの特徴に似せて作るなどやっぱり目で楽しむ工夫がされています。

味だけでなく見ただけで心が満たされるというのは女性にとって大きなポイントですよね。

さらに、カフェやレストランなどの食事処ではこの時期だけチョコレートを料理に使うところも増えます。

六本木のグランドハイアット東京ではカカオを使ったパスタのメニューなどがありました。カカオは美容にもいいですし、都心の一流ホテルというふだんあまり足を踏み入れない場に身を置くというのも贅沢な気持ちになりますよね。

バレンタインに自分へのご褒美を楽しむポイント

これはなんといっても「自分の心が一番満たされるものを選ぶ」です。一見、当たり前のようですが、これが意外と難しいんですよね。

例えば、「今年の自分チョコは3000円まで」と決めて買い物に行ったときにものすごく心惹かれる4000円のチョコを見つけてしまっとします。でも、予算内で収めようとその気に入ったチョコをあきらめて別の3000円のチョコを買うという人もいますよね。

新たに見つけた3000円のチョコがやはり心惹かれるものならいいです。でもそうでなかったら、実は満足感よりも、「1000円分我慢した」とか「1番欲しいものが買えなかった」という印象のが強く残っちゃうんですよね。これじゃご褒美として残念です。

逆に「今日は特別だから高いものを!」と無理して高額なチョコを買うと食べる時に、「この一口で500円」「ちゃんと味合わなきゃ損」と全然楽しめないこともあるわけです。

人気のチョコは高価で華やかなブランドチョコレートですが自分の欲しいものを選ぶのが一番ですよ。

チョコレートよりセットのキャラクターグッズがメインの様な商品を買って満たされる人もいれば、チロルチョコを山ほど好きなだけ飽きるまで食べられたら幸せ、という人もいますしね。

せっかくのご褒美ですから流行に流されるのでなく、自分の心がいちばんいい具合になるものを選んであげるのが最高のプレゼントになりますよ。

バレンタイン自分チョコまとめ

いつも頑張っている自分へのご褒美として、バレンタインはちょっとした贅沢や甘いものも許してあげてめいいっぱい自分をねぎらってあげましょう。それがまた次の日からの活力につながりますよ。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-