行事・イベント

バレンタインの義理チョコの職場での相場は?格安や失敗しないコツ

2017/01/16

barentain syokuba girityoko

社会人になって初めて迎えるバレンタイン。職場で配る義理チョコは社会人マナーの一つのように感じますよね。今までの学生のノリと違って上司や先輩など仕事のお付き合いの人にあげる義理チョコって初めてだといろいろ悩むもの。そこで、職場で配る義理チョコの相場や格安ですませる方法、失敗しないためのコツなどをご紹介します。

スポンサードリンク
  

バレンタインの義理チョコを職場で配る時の値段の相場

バレンタインに職場で配る義理チョコの値段の相場、気になりますよね。これはどういう職場かによって変わります。今回は全部で10人ほどの部署で男性が7~8人くらいの小さな職場で考えてみます。

男性が多い職場について知りたい方は「バレンタインの義理チョコの男性の多い職場での相場は?格安や手作りするには」にまとめてますので、こちらをお読みください♪

さて、こういった小さな部署では一人一人に渡すことが多いです。チョコの値段は全員一律か、もしくは部長や課長など上司には少しいいものをあげたりすることもありますね。

世間の平均で考えると上司は500~1000円、先輩は500円前後、同僚は100~500円くらいというのが一般的です。全員いっしょの場合はだいたい平均すると500円前後のものが多いです。

バレンタインの義理チョコを職場で配るのに格安ですませる方法

何もしないというのは味気ないし、みんなあげてるから気が引ける…でもなるべく安くすませたい、という方もいますよね。そんな時はバラエティパックを活用するのがおすすめです。

安いチョコの代表といえばチロルチョコ!チロルチョコのバラエティパックは300円ほどで27個入りです。

そのまま配るのでは見るからに安っぽいし味気ないので、これを何個かずつラッピングしなおしましょう。100円ショップにいけば10枚入りのラッピング袋などが売られているのでチョコと合わせても400円くらいです。

スポンサードリンク

職場で配る義理チョコはあくまで気持ち、気配りとして配るにはちょうどいい値段ですよね。あまり立派なチョコレートを用意するともらう側も「それに釣りあうお返しをしないといけない」と感じ面倒くさかったりうっとうしいと思われることもあります。でもこれくらい安ければもらう方も気をつかうこともありません。

バレンタインの義理チョコで職場で失敗しないためのポイント

さて、社会人として初めて職場でバレンタインを過ごすときに失敗しないための注意点をいくつかご紹介します。

まず一番大切なのは「去年まではどうしていたか」です。

もしかしたら義理チョコを全く配らない職場かもしれないし、同じ課の女性全員で割り勘で買うかもしれないですよね。結構、チョコをあげる男性のことばかり考えてしまいがちですが、実は女性社員の目ももっと気にすべきです。

一人で張り切って高価なチョコや手作りチョコを用意したりすると、やっかみた変な誤解を受けてしまうことがあるので注意しましょう。そうならないためにも身近な先輩に相談したり去年までどうしていたのか教えてもらいましょう。

次にチョコを個別でわたすことになった場合です。

あげるチョコレートはできるだけみんな同じものか、同じ値段のものにしましょう。部長や課長など役職のついている上司には少しいいものを上げてもいいかもしれませんが、基本的には「みんな同じ」ことが義理チョコというアピールになります。変に差をつけると気があると思われたり、逆に嫌われていると思われてしまったり余計な誤解が生まれます。

わたす時はみんなの前で堂々と渡しましょう。誰もいない場所や時間帯にわたすと「こっそりわたした」という印象があり、やっぱり「気があるのかな?」と勘違いされてしまったりします。義理なのにそんなことになっては面倒ですよね。

最後に、義理チョコを配ると決めたら全員にあげることです。

それが課なのか部なのかそれはそれぞれですが、一人だけもらっていない人がいたりすると後々とても気まずい思いをします。どんなに嫌いな人がいてもわたしたほうがいいです。あと、営業や出張など外回りの多い職場では単純なあげ忘れにも注意しましょう。うっかりだったとしてももらえなかった本人は気にしますし、ネタにされたりして嫌な思いをさせてしまったりします。

まとめ

正直お金がもったいないし面倒だなと思っても「私はあげない」など極端な選択をするよりも職場ごとの風習に習った方がスムーズだし角も立ちません。これも仕事のうちと思って割り切りましょう。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-,