行事・イベント

マカロニのクリスマスリースの作り方!子供と簡単に作るポイント紹介

2017/11/09

makaroniri-su

マカロニを使ったクリスマスリースといえば昔からクリスマスの手作りの定番ですよね。私も子供の頃に幼稚園で作った思い出があります。簡単にできるし、とても楽しいので今でも覚えています。

材料をそろえるのも作り方も難しくないマカロニリースですが、ちょっとしたポイントをおさえるだけで出来上がりに差が出るんですよね。

そこで基本のマカロニリースの作り方と、お子さんと作る時に心がけたいポイントをご紹介します。

スポンサードリンク
  

マカロニクリスマスリースの基本の作り方

まず用意するものです。マカロニ、段ボール、木工用ボンド、スプレー塗料、お好みでリボンやクリスマスオーナメント。

マカロニはいろいろな形のものを用意してあげましょう。ふだんよく食べるチューブ型のだけでなくリボン、ツイスト、ほら貝、ハート形、星型、顔をかたどったものなどなど、マカロニって本当にいろんな種類があります。

近くのスーパーマーケットでも数種類はそろえられると思います。輸入食品を扱うお店なんかに行けば珍しいものも置いてたりしますね。あと便利なのはインターネット通販です。簡単にいろいろな種類のマカロニを買えますよ。

量は作るリースの大きさにもよりますが、少し多めに用意しておいた方がいいですね。余った分は食べればいいですし、クリスマスディナーなど特別な日の食事にはぴったりです。

段ボールは厚めのものがいいですね。マカロニをたくさんつけると結構な重さになるので、薄っぺらいものだと強度が弱くて壊れてしまう可能性があります。

スプレー塗料はホームセンターで1000円くらいで売ってます。金、銀あたりが華やかで人気ですね。緑でリースらしくというのも見かけます。

では早速作っていきましょう。

まず段ボールにドーナツの様に二重の円を描きます。お皿とお椀など大きさの違う丸いものを使うときれいに描けますよ。その線に沿って段ボールを切り抜き、リースの土台を作ります。段ボールが厚めなら一枚でいいですが、もし心配なら同じ大きさに切った段ボールを二枚重ねて貼りつけましょう。

その上に思い思いのマカロニを木工用ボンドで貼りつけます。

ボンドが乾いたらスプレー塗料で色付けしてリボンなどを飾れば完成です。

基本の作り方は切って貼るだけなのでとっても簡単ですよね。

子供と作る時のポイント

マカロニリースを子供と作る時の一番のポイントは、子供がやるところと大人がやるところをしっかりわけることです。

例えば土台作り。段ボールに線を描くのはお子さんにしてもらって、切り抜くのはお母さんがやってあげるといいと思います。厚めの段ボールを切るのは結構力が要るので、幼稚園以下の小さな子供には難しいしちょっと危ないです。なので、大人が切るか、一緒にはさみを持って切ってあげるといいと思います。

色付けも少しコツがいるところです。マカロニリースはマカロニがいろいろな形をしているのでいろいろな角度からスプレーしないと全体にきれいに色がつかないんです。なので、まずは子どもにスプレー塗料を吹きかけさせてあげて、大まかに色がついた後、お母さんが細かいところを埋めていってあげましょう。

スポンサードリンク

土台や色付けのきれいさで出来上がるリースの見栄えがかなり違ってきます。

簡単にキレイに見せるコツ

マカロニリースは基本の作り方がとても簡単なのでちょっとした工夫がすごく効果的です。ここでは心がけたい3つのコツをご紹介します。

まずマカロニのつけ方です。

お子さんと作る時は子供が好きなようにくっつけていくと思うのですが、隙間なくびっしりとマカロニが付くように気をつけて上げましょう。土台になる段ボールが見えなくなるのが理想です。そのためには、マカロニの上にさらにマカロニを重ねる、というのもいいと思います。子供だけだとどうしても平面的に作ってしまいがちなんですが、立体感がある方が見栄えもよく豪華なものができあがりますよ。

その時の注意点として木工用ボンドはたっぷり使いましょう。もともとマカロニは立体なのでちょこっとしかボンドをつけないと実際に土台の段ボールに接着されるのはごく一部だけということになってしまいます。ボンドが乾ききらないうちはその粘着力でくっついていても、乾くと剥がれやすくなりちょっとの衝撃でとれてしまったりします。もったいないと思わずにボンドはたっぷり使いましょう。マカロニからボンドがはみ出るくらいで調度いいくらいです。マカロニのまわりにボンドがあふれてしまっても、木工用ボンドは乾くと透明になるので全く心配ないですよ。

次に、正面だけでなく側面の段ボールも隠してあげましょう。

隠し方としてはマカロニを貼りつける時に気を付ける方法が1つ。側面にもマカロニを貼りつけたり、正面につけるマカロニを少し土台の外にはみ出すように貼りつけてあげると側面の段ボールが隠せます。もう1つは、色付けが終わった後に周りをリボンで囲って隠すという方法もあります。

細かい部分ですがこういうところに気を付けると見た目の安っぽさがなくなりまよ。

最後によく乾かすとうことです。

まずしっかり乾かしたいのはボンドです。せっかくきれいにデザインしてマカロニを貼りつけてもボンドの乾燥が足りないと触った時にマカロニの向きが変わってしまったり、取れてしまったりします。だいたい半日~1日かけて焦らずしっかりと乾かしましょう。

次にスプレー塗料の乾燥です。生乾きだと手や飾りつける場所が汚れます。さらに、塗料をしっかり乾かしたい一番の理由はその匂いです。スプレー塗料はかなり匂いがきついので丸一日くらい外の風で匂いを飛ばすくらいしないと、家の中に飾るのは厳しいです。なので、当然、スプレーを吹きかける作業も外でやってくださいね。

だったら匂いの少ないアクリル絵の具で塗ろうかな、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがこれはこれですごく大変です。筆だと立体的なマカロニを上手に塗れないので絶対に塗りムラができてしまいます。違う色に塗ったいくつかのマカロニを最後の仕上げとしてポイントになるようにくっつけるならいいと思いますが、全体をアクリル絵の具で塗るのはおすすめしません。

まとめ

クリスマスは子供たちにとって冬の一大イベントですから、その楽しみに華を添える手作りリースで素敵な思い出作りができるといいですね。

マカロニ以外にもクリスマスリースにはいろんなつくり方があるのでこちらも参考にしてみてくださいね♪

人気のクリスマスリース作りを体験してみました!
子どもとできる簡単リースや松ぼっくりリースの作り方⇒

無駄なお金を使わずクリスマスリースを簡単出作り!
絶対失敗しないクリスマスリースの作りかたと100均活用法⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-,