健康

子供がノロウィルスに感染?潜伏期間や感染経路、症状を解説

2016/10/31

norowirusu1

肌寒い季節になり子供の体調管理により一層気を配りたい季節がやってきました。中でも冬の始めから毎年流行するのがノロウィルス。乳幼児がノロウィルスにかかると危ないと聞きいて心配しているお母さんも多いと思います。

冬になると耳にする機会が多いノロウィルスですが、そもそもノロウィルスって何なのか?潜伏期間や症状はどんなものなのか?実は知らないことが多いです。

そこでノロウィルスの基本と子供の感染で気を付ける点をご紹介します。

スポンサードリンク
  

子供が感染?ノロウィルスとは

ノロウィルスは冬の始めから感染が拡大するウィルスによる感染性胃腸炎のことです。おとなでもかかることがありますが、抵抗力の弱い乳幼児が感染すると重症化することもあるので注意が必要になります。

ノロウィルスはとても感染力の強いウィルスで、ウィルスの数が100コに満たないほどの少量でも発症することがあります。子供の場合、保育園などで感染が広がりやすく集団感染をおこすこともあります。

ノロウィルスはとても強いウィルスで、アルコールや高温にも耐えられるし、乾燥や酸性の物質、さらには水の中でも生きられるという厄介者です。なので、とにかく手洗いを徹底し水で洗い流すというのが基本。感染した人が履いてしまったらアルコールなどで消毒するとともに喚起をして空気中に漂うウィルスを外に追い出しましょう。

ノロウィルスの潜伏期間と感染経路

ノロウィルスは体に入ってから1~3日が潜伏期間です。体にウィルスが入ったからといって全員が発症するわけではなく、何事もなく終わる人もいます。

感染経路は大きく分けて3つあります。

スポンサードリンク

まず人から人にうつる場合です。ノロウィルスで胃腸炎を発症した人の吐物や便の中にノロウィルスは含まれています。吐物を片づけたりノロウィルスにかかった乳幼児のおむつを替えたりする時にウィルスが手についてしまい、その手で顔や口に触れたりするとウィルスをもらってしまうことがあります。また吐物の飛沫を吸い込んで感染する可能性もあります。

次に食べ物を介しての感染です。ノロウィルスのついた手で食材に触れ、その食材を食べると感染してしまいます。普段から手洗いはしっかりしておいた方がいいですが、家庭内にノロウィルスを発症している人がいる時は料理をする時に特に注意が必要です。

最後に食べ物から人に感染する場合です。カキや二枚貝を生や加熱が不十分の状態で食べることで感染することがあります。あまり子供が食べる食材ではないので大人が食事の時に注意したいですね。

子供のノロウィルスの症状

ノロウィルスを発症すると吐き気や腹痛を感じるところから始まり、その後、嘔吐や激しい下痢の症状を起こします。大人は発熱することもありますが、子どもの場合、熱はほとんど出ないということもあります。下痢の場合は水の様な形のない便が出ることも多くとてもつらいです。ほとんどの場合、1~2日とわりと短期間で症状は治まってきます。ただ、抵抗力の低い乳幼児がかかると重症化する危険性があるので注意が必要です。また、下痢や嘔吐が続くと脱水症状になる恐れもあるので水分補給に気を配りましょう。

また、体の中のウィルスを出し切るには1週間ほどかかるので症状が改善しても手洗いや、乳幼児のおむつ替えなど便の始末には注意してくださいね。

冬の始めから流行が始まるので風邪と間違えやすいのですが、自己判断をせず、もしかしたら?と思ったらなるべく早く病院につれていきましょう。ノロウィルスは発症した後の進行が早いのが特徴です。

まとめ

小さな子供は発症すると症状の進行が早く脱水症状も心配です。重篤な状態になることもあるのでまずはかからないようにしっかりと注意したいですね。あれ?もしかしたら・・・と思ったらすぐに病院で診察してもらいましょう。

ノロウィルスのにかかってしまったら・・・「子供のノロウィルスの治し方!症状の経過や薬、回復を早める食事を紹介」

スポンサードリンク

-健康
-