生活

17ライブの稼ぎ方がわかった!報酬を上げる仕組みを教えちゃいます

17raibu kasegikata housyuu
前回は17ライブって何?本当に稼げるの?ということで実際に17ライブを使ってみての体験談を紹介しました。まだお読みでない方はこちらも参考にどうぞ。

17liveで本当に稼げるのか試してみた感想!報酬や収益の仕組み⇒

ただこの時はどうやって高額な収入をゲットするのか報酬の仕組みでいまいちわからないところがあったんですが、今回さらに詳しい情報がわかったので追記します♪

これから17ライブで一旗上げたいと思ってる方は必見です。

17ライブの稼ぎ方はこれ!

前回の記事で紹介しましたが、17ライブの基本的な収入は投げ銭と呼ばれる動画を見た人から送られるギフトになります。

動画を見ている人がお金を出してギフトを購入し、動画配信してる人に贈ると、贈られたギフトの購入代の一部がロイヤリティーとして動画配信してる自分の懐に入るというものです。

ただ、これってものすごく歩合が低いらしい、ということなんですよね。1ポイントが1円だとして自分に入るのは0.5円未満とか。

で、17ライブで活躍している女の子の話でも投げ銭は安いと言われていたし、17liveとの契約があるから詳しくは話せない、と謎が残っていたんですよね。

そんな中、17ライブで報酬を上げる為の有力な情報をゲットしました。

それが「公式ライバー」という仕組みです。

17ライブで動画配信をするライバーと呼ばれる人たちには17ライブに登録すれば誰でも動画配信できる一般のライバーの他に公式ライバーと呼ばれる人たちが存在するそうです。

この公式ライバーとは17Liveを日本で運営する17MediaJapanに認められた動画配信者さんのことです。

で、一般ライバーと公式ライバーは私たち一般ユーザーにも見分けることができるということでさっそく確認。

ユーザーのプロフィール画面のライバーIDの右側に黒チェックマークが付いています。

これが公式ライバーの証ということなんですね。

ランキング100位以内のライバーさんはほぼ全員が公式ライバーでした。

スポンサードリンク

17ライブで報酬を上げる公式ライバーとは?

で、この公式ライバーになるメリットとしてはやっぱり報酬や収入が上げやすくなることです。

まず、投げ銭とよばれるギフトをもらえた時に自分の懐に入る歩合が通常よりも割高になります。

さらになんと、公式ライバーになると動画配信した時間に応じて自給が発生するとのこと!これは大きいですね。

17ライブとの契約とうのがあるそうで詳細な金額やパーセンテージは教えてもらえませんでしたが、公式ライバーの方が確実に有利に配信できて稼げる仕組みがあるということがわかりました。

一方で、報酬の条件がよくなる分、公式ライバーは動画配信に仕事のような感覚も求められます。

わかりやすいのは配信の頻度と時間です。

全ての公式ライバーの条件が同じかどうかはわからないのですが、あるところでは「1日30分〜2時間、月合計20時間以上配信」というのが条件にあがっています。

まぁそもそも「17ライブで稼ごう!」と思っている人にとっては月20時間の配信なんてどうってことない時間かもしれませんが、趣味でやるのとはやっぱり意識が違ってきますね。

17ライブの公式ライバーになるには?

じゃあこの17ライブの公式ライバーになるにはどうしたらいいのか?気になりますよね。

聞いた話では基本的には公募されているということです。

私もサクッと調べてみたんですが公認ライバーの公募をしている窓口はここが見つかりました。

17 Project⇒

ここでは17ライブを利用してる人に多いアイドルやシンガーをはじめ、コスプレイヤー、キャバ嬢、ホスト、料理人などなどかなり多様なジャンルで応募を募ってます。

その他に、公認ライバーではないんですが、芸能事務所がタレントとして17ライバーを募集しているというところもあります。

★株式会社 J-MEDIA
★kaki企画

17ライブ自体がこれから世に出たいというひとが自分を発信するのに使いやすいメディアだし、これから芸能人も参加するのでは?なんていわれてますからね。

本気でタレントを目指すなら一人でやるよりもいろいろバックアップがある芸能事務所所属のライバーになるのもありなのかもですね。

しっかり探せばもっといろいろ出てくると思うので、自分の目標やどんな風に17ライブを活用していきたいかで選ぶといいと思います。

17ライブの稼ぎ方まとめ

前回、17ライブをいろいろ見てみたときにランキング上位の子達がかなり一生懸命に配信していたんですが、公式ライバーとして稼働時間が決まっていて自給も発生していたということがわかり納得です。

趣味ではなく17ライブで稼いでいきたいと思うなら公式ライバーにはなっておいたほうがいいですね。

やっぱり、17ライブは「本気」の人なら稼げるメディアだということ改めて感じました。

17liveで本当に稼げるのか試してみた感想!報酬や収益の仕組み⇒

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-生活
-