健康

花粉症を予防できる食べ物はこれ!栄養素の効果的なとり方と料理方法

花粉症 予防 食べ物

花粉症に効くといわれる食べ物はいろいろありますが、花粉症の予防に最も効果のある食べ物としてある栄養素が注目されています。

すでに花粉症になっている人の症状を軽くするのはもちろん、まだ花粉症を発症していない人が花粉症にならないための予防としても効果があるというので見逃せません。

そこで花粉症予防に効果的な食材と、栄養素を効果的に摂取するおすすめの料理法などを紹介します。

スポンサードリンク
  

花粉症を予防する食べ物はこれ!

花粉症に効く食べ物といえばヨーグルトや納豆、バナナなどいろいろと聞きますが、ここ最近の研究でわかった花粉症予防の救世主になる食べ物は意外なものでした。

それが食物繊維。

食物繊維というと便秘解消など確かに体に良くて必要な栄養素というイメージはありますが、花粉症予防と言われてもいまいちピンときませんよね。

実は食物繊維が花粉症の予防になる理由には花粉症を発症する原因とメカニズムに関係があるんです。

花粉症は免疫機能が過剰に働くことで起こるアレルギーのひとつ。つまり免疫機能の異常によって花粉症は起こっているんですね。

花粉症の原因の説明はこちらにまとめているので詳しく知りたい方はこちらをどうぞ♪
花粉症の発症の原因はこれ!突然なる花粉症の発症時期は予測できる?⇒

その免疫機能なんですが、大きく分けると2つの役割をしています。1つは体外から入ってきた異物を攻撃することで体を守る働き。もう1つが攻撃が過剰になり過ぎないように抑える働きです。

車でいうアクセルとブレーキの両方が免疫機能には備わっているんですね。

この2つの機能がバランスよく働いていればいいのですが、ブレーキとなる免疫細胞が少なく体外からの異物に対して過敏に反応してしまう状態になると本来は害のないものまで攻撃してしまったり、間違って自分自身の体を攻撃してしまうということが起こります。

その結果が花粉症などのアレルギーやアトピー、さらには免疫疾患など重篤な病気の原因にもなったりします。

では、ブレーキとなる免疫細胞はどうやって増やせばいいのか、気になりますよね。

ここで大事な働きをするのが腸の中にいる腸内細菌です。

ブレーキとなる免疫細胞のことをTレグというのですが、このTレグを生み出す為には腸内細菌であるクロストリジウム菌が出す酪酸を免疫細胞が受け取る必要があります。

そして、このクロストリジウム菌のエサになるのが食物繊維で、クロストリジウム菌が食物繊維を食べることで酪酸を放出できるようになるんです。

いろいろ出てきてややこしいですが、簡単に整理するとこうなります。

食物繊維をたくさん食べる⇒クロストリジウム菌のエサが増えて酪酸を出す量が増える⇒免疫細胞がたくさんの酪酸を受け取ってTレグがつくられる⇒過剰な働きをする免疫細胞の働きを抑えてくれる⇒アレルギーがおさまる。

花粉症などアレルギーなどを起こす人の体にはクロストリジウム菌じたいが少なかったり、クロストリジウム菌が働くのに十分なエサがなかったりという可能性があります。その結果、免疫の暴走を抑えるTレグが不足してしまうということです。

なので、食物繊維を補ってあげることでTレグが増えれば花粉症などの発症を抑えたり症状が改善する可能性があるということなんですね。

花粉症予防のための栄養素の効果的な取り方

さて、食物繊維といってもいろいろありますが、大事なのはバランスよく自分の体にあったものを食べることです。

まず食物繊維は2種類あります。

サツマイモやゴボウなど食物繊維といわれた時にイメージする食材、これは水に溶けない不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維には麦や米などの穀類、豆類、すじっぽく歯ごたえのある野菜などがあります。水に溶けないので腸内の水分を吸収してふくれることで便のかさがまします。

一方で水に溶ける水溶性食物繊維というものもあります。海草やきのこ、こんにゃく、リンゴやバナナなどの果物です。ねばねば、ぬるぬるしたものが多いのが特徴です。こちらは腸内で水に溶けてゼリー状になり他の食べ物と混ざることで便をやわらかくします。

食物繊維をとる時はこの2つをバランスよくとるのが大切です。

食物繊維のイメージが強いサツマイモやゴボウなど不溶性の食物繊維ばかり食べていると便秘が悪化するということもあるので気をつけてくださいね。

食べる時に水分をいっしょにとることが食物繊維を活かすポイントです。不溶性食物繊維も水溶性食物繊維も腸内で動くには水分が必要になります。

また、加熱して食べると消化しやすくなるし一度に食べられる量も増やせますよ。

ただ、どんなに食物繊維が体にいいからといって食物繊維の食材だけを食べ続けると栄養のバランスが崩れて逆効果です。料理の献立は栄養バランスを考えて作りましょう。

また、野菜を食べるのが面倒だと手軽なサプリメントに手を伸ばしがちですが、食物繊維を過剰にとりすぎると鉄分やカルシウムの吸収を邪魔してしまい他の栄養素が不足してしまう原因になるので注意が必要です。

そして、せっかく食べるなら自分の体にあったものを食べるのが効率よく栄養素を吸収する一番の方法です。

今は世界中の食べ物が簡単に手に入るし、スーパーフードなど世界各国で健康に良いとされる食材があふれています。

でも、そんな風に世界の食材を口にできるようになってからまだほんの数十年です。人間の体の仕組みはかなり長い年月をかけてつくられるのでこの短い期間では消化吸収の働きや腸の中にいる細菌の種類は変化しません。

同じ栄養素を含む食材でも自分が生まれ育った国や地域でとれたもののほうが体にスムーズに吸収されます。

日本でははるか昔から木の実やきのこを口にしており、その後も海草や根菜など食物繊維が豊富な食材が食べられてきました。

海外の目新しい食材を試すのもいいですが、日本古来の食材を見直してみるというのも栄養素を効率よく摂取するポイントですよ。


スポンサードリンク

花粉症予防になる料理のおすすめ

そういったことを踏まえて花粉症予防で食物繊維を食べる時におすすめの料理が和食です。

水分といっしょに食べられる具沢山のお味噌汁や、お芋やごぼう、こんにゃく、しいたけなど食物繊維たっぷりの食材を使った煮物などもいいですね。

また、食べ続けることで花粉症やアトピーが改善したという人が多いのが精進料理です。精進料理とは肉や魚を使わずに野菜や穀物だけで作られた料理で修行中の僧侶などが食べる食事です。

そこまでストイックに制限する必要はないですが、ここ数十年で日本人の食事がいっきに欧米化したことで体がその変化についてこられないことが免疫疾患の原因だとも言われていますから、昔ながらの和食を積極的に取り入れていくだけでも花粉症予防に効果が期待できます。

パン中心の食事をお米に変えたり、ふだん白米を食べている人は麦飯や玄米に変えるだけでも違いますよ。

花粉症を予防する食べ物まとめ

確かに気がつくとお肉中心の洋食になりがちだし、和食はヘルシーで花粉症予防だけでなくダイエットや美容にも効果がありそうなので女性には一石二鳥ですよ。

食生活をちょっと気にするだけであの辛い花粉症を防げるのなら試してみる価値ありです。

花粉症を発症する前に予防対策をしたい方はこちらも参考にどうぞ♪
花粉症になる人の特徴となりやすい人となりにくい人の違い⇒
花粉症になる前の予防対策と発症させないための生活習慣⇒

スポンサードリンク

-健康
-, ,