行事・イベント

職場の義理チョコの相場とおすすめ!大量に必要な時に安く済ませる方法

職場 義理チョコ 相場

職場の義理チョコって面倒だし気を遣いますよね。かといって、女性陣みんなが義理チョコを配る中で自分だけやめるというのもなかなか勇気がいります。

日頃の感謝の気持ちを込めてちょっとした差し入れ程度で用意しようとは思うもののなるべく安く済ませたいというのが本音です。

そこで、職場で配る義理チョコの値段相場やおすすめのチョコレート、さらに大量に義理チョコが必要なときに安く済ませる方法などを紹介します。

スポンサードリンク
  

職場の義理チョコの相場はいくら?

私も派遣でいろいろな会社を渡り歩いてきましたが、義理チョコの値段相場というのはその職場の雰囲気や男女比によってちょっとずつ違っています。

自分が所属する部の人だけに配るなど義理チョコを渡す相手が10人以下の時はだいたい300~500円くらいで用意する人が多かったです。義理チョコをあげるのが5人くらいと少なければ500~600円と一人当たりの値段がやや高く設定されていました。

また人によっては課長や部長などには500円のチョコでそれ以外の同僚は300円など役職がついている人だけ少し差をつけるということもありましたね。

用意する個数によって予算の相場は若干変わりますが、どこの職場でも共通して言えるのは職場用の義理チョコの予算として総額が3000円程度に納まるように買い物していることです。

やっぱり義理だしなるべく安く済ませたいというのがあげる側の本音で、3000円というのが仕事のつきあいだからまあ仕方ないと割り切れる額の上限という感じでした。

中には義理チョコでももっと高額なチョコレートを用意する女子もいます。

でも、あまり良いものを渡すと本命と勘違いさてしまうこともあるから注意が必要で、職場用の義理チョコならどんなに高くても1つ1000円以内に納めるのががベストです。

また、女性が予算を気にするようにもらう男性陣も値段のことは気にしています。

職場の義理チョコの場合、男性はバレンタインデーにもらった義理チョコと同等かそれ以上のお返しをホワイトデーに用意するというのが暗黙の了解のようになっています。

もちろん、ホワイトデーをスルーする人もいますが、「気持ちなのでお返しはいりません」と伝えても1.5~2倍くらいの価格の品を用意してくれる人が多いです。

なので、女性が義理チョコを面倒と思うように男性もお金がかかるしお返しを用意するのが面倒と思っている人が結構います。

なので、職場で配るバレンタインの義理チョコはお返しをする男性陣の気持ちも考えることが大事ですね。

男女ともに面倒と思っているもののなかなかやめるにやめられないということで会社がバレンタインの義理チョコを禁止しているところもあるくらいですから、ちょっとしたイベントとして楽しめる額におさめるのが大人としてのマナーです。

職場の義理チョコのおすすめ

それに、1人分の予算が300円くらいあれば結構いいチョコが用意できますよ。例えばこれ。

いわずと知れた高級チョコの代名詞ともいえるゴディバも買えます。2個入りと数は少ないですが、ふだん2粒で300円のチョコなんてそうそう食べないし、スイーツに疎い人でもゴディバは知ってるので「おぉ!」となります。もちろん味もコンビニのチョコとは段違いに美味しいです。

大人の男性の中には甘いものが苦手な人もいるし、これくらいのほうが量もちょうどよく、なにより気軽です。

もし華やかさを出したいなら一人ずつではなく全員分の予算をまとめてちょっと大きめの箱詰めのチョコレートを買うのもありです。

2000円で20粒くらいのものから予算や人数にあわせていろいろ調整できるのも便利です。

ゴディバに比べるとブランドとしてはちょっとランクダウンな感じですがメリーやモロゾフなら手頃な値段で量のあるチョコレートの箱詰めを用意できるし、見た目も華やかで安っぽさもありません。

それに、最近海外から入ってきた高級チョコレートって男性は知らない人も多いですが、メリーやモロゾフは昔からある日本にあるブランドなのでおじさんや年配の男性にも馴染みがあったりします。


スポンサードリンク

義理チョコを職場で大量に配る時に安く済ませるには?

ところで、職場によっては女性より圧倒的に男性のほうが多い職場もありますよね。

私も一度そういう職場にいたことがあります。ワンフロアに100人以上が働いていて全員で一つのものを作るような職場で男女の比率は男9女1のような感じでした。

こういう職場では一人一個ずつチョコを用意するは難しいです。それこそ100個以上チョコが必要だし、勤務時間も早番、日勤、夜勤などばらばらで全員にもれなく配るのはまず無理です。万が一あげ忘れてた人がいるとあとあと面倒なことにもなります。

それに、こういう職場で一人一人に義理チョコを配ろうとすると本当に「ばらまき」という言葉がぴったりあてはまる状況になるのでもともと男性陣もあまり気にしていないし、ホワイトデーにお返しを用意してくれる男性もまばらなので、あれば食べるけどなくても気にしないという人がほとんどでした。

なので、こういう時は数のたくさん入ったチョコレートを用意して「○○より、ほんの気持ちです」と付箋などでメモを添えて休憩室やみんなが使う共用スペースに置いて自由にとってもらえるようにするとトラブルも少なく余計な気遣いもなくて楽ですよ。

で、ここでも役立つのがさっき紹介したメリーのチョコです。

以前の職場で実際にこのチョコをもってきてる女性社員がいたんですが、なんと80粒で3000円ほどというリーズナブルな価格。1粒40円ほどとブラックサンダーやチロルチョコとさほど変わらない値段なのに、きちんとした箱に詰められて味も安物のチョコよりずっと美味しいといういいこと尽くしです。

忙しい職場では堅苦しい義理チョコよりも疲れたときにちょっとつまめる手頃なお菓子のほうが喜ばれるのでチロルチョコのバラエティパックやカントリーマーム、チョコパイなども人気があります。それにこれくらいのお菓子のほうが男性陣もホワイトデーのプレッシャーがなくて食べやすいみたいですよ笑

あと、甘いものが苦手な人もいるのでチョコ味の柿の種とかしょっぱい系のお菓子も添えておいたら好評でした。

職場の義理チョコの相場まとめ

バレンタインには日頃の感謝の気持ちを込めて人数分のチョコをしっかり用意するという気合の入った女子もいますが、多くの場合、男女ともにバレンタインは面倒なイベントの1つと考えられてることが多いです。

なので、あげるほうももらうほうも負担にならないちょっとした差し入れという感覚で渡せる金額のものを選ぶと失敗がないし男性陣からひかれることもないですよ。

あげなくていいのが一番ですが、男性社員はもちろん、女どうしのおつきあいもありますからね、無理のない金額で乗り切りましょう。

新しい職場でバレンタイン事情がよくわからないという方はこちらもあわせて参考にどうぞ♪
職場のバレンタインで派遣が義理チョコを渡さないと面倒なことになる?⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, ,