行事・イベント

職場の飲み会で下戸は損してる?忘年会や新年会の楽しみ方

職場 飲み会 下戸

お酒が飲めない人にとって忘年会、新年会と飲み会の多いこのシーズンはいろいろと悩ましい季節ですよね。

あまり気はすすまないけど職場の飲み会を断り続けるのも気まずいし、行ったら行ったでお酒を飲まない自分は損しているような気分になるし…。

そこで、会社の飲み会ではお酒をのまなきゃいけないのかや、下戸の人が絶対一度は感じる割り勘の悩み、下戸の飲み会の楽しみ方などについてのお話しします。

スポンサードリンク
  

職場の飲み会で下戸は苦労する?

私は学生の頃はそれこそ吐くくらいお酒を飲んでいたのですが、一度病気をして体調を大きく崩してからはほとんどお酒を飲まなくなり、それ以降はどうやってお酒を飲まずに飲み会をやり過ごすかを試行錯誤する日々でした。

最初は上司にすすめられたお酒を断るのは気まずいし、ちょっと無理してでも飲んだほうがいいかなとも思ってたんですが、実際に飲み会でお酒を断ってみると意外とすんなりと受け入れてもらえることが多かったです。

お酒が飲めなくて飲み会で苦労するかどうかは本当に職場の環境次第でした。

自由な会社では飲みたい人は飲むし飲めない人は飲まないというのが当たり前。

自分の歓迎会なんかだとみんなにお酒をすすめられることも多いですが、「私お酒が飲めないんです」といえばそれ以上無理強いされることはありませんでした。

そういう職場では下戸で飲み会に参加しても嫌な思いをすることもないので、一次会はソフトドリンクで参加し、二次会は行かないという感じでした。

で、やっぱり大変なのは酒豪が多かったり体育会系のノリの職場ですね。こういうところではお酒を飲んで騒ぎたい、みんなで酔っ払うのが楽しい、という雰囲気の人が多いので完全にお酒を断るのは一苦労です。

とはいっても、最近はパワハラとかアルハラとかかなりうるさく言われているし、飲酒運転の取り締まりも厳しくなっているので何がなんでも無理やり飲ますという雰囲気は少なくなっていますよ。

「え~飲まないの~」とは言われても「すみませ~ん、飲めたらいいんですけど私全然飲めないんですよ~」と笑顔でちょっと申し訳なさそうにいっとけば終わります。

中にはしつこくお酒をすすめてくる上司もいますが、そういう時も「注射のアルコール消毒でも肌がかぶれちゃって病院で絶対にお酒飲んじゃダメって言われてるんです」などというとたいていは引き下がります。

それでもなおお酒をすすめてくるようなら更に上の上司にアレルギーだと伝えて止めてもらうというのが効果的ですが、そこまでやることはまずなかったです。体質的に無理というと周りの人が止めてくれます。

という具合で、「飲め飲め!」という職場がないわけではないですが、昔に比べればだいぶ減ってきているし、下戸で飲み会に参加してもなんの問題ないという職場も多いですよ。

下戸は飲み会で損してる?

お酒が飲めない人が職場の飲み会に参加するときに一度は思うのがお金を損してるという悩みですよね。

下戸でお酒が飲めないのに飲み放題やお酒を飲む人たと同額で割り勘だと自分にとっては割高になるし損だよなと感じることがありますよね。

大酒飲みばかりで生ビールを何杯も飲んだり、ワインをボトルで何本もあけられたりすると正直割勘は損してるなぁと思うこともあります。個人的な飲み会ならちょっと配慮がほしいところです。

でも、これが職場の飲み会で、特に忘年会や新年会、誰かの歓送迎会となると仕方ない部分もあります。

こういう会では同じ職場の人どうしで親睦を深めたり一丸となるというのが飲み会の目的なので、細かな金額のことをあれこれ言って角が立つと雰囲気や印象が悪くなります。

また、大人数の飲み会の場合、どのお店でも全員同じコースというのが当たり前です。一人だけ飲み放題をはずすというのはまずできません。

かといって、明らかに飲む人の人数が多い場合は飲み放題にしたほうが全体の会計は圧倒的に安くなるので、下戸の人が数人いてもその人たちに合わせるというのは難しいところです。

あと、一度でも幹事をやったことがあればわかると思うんですが、職場の飲み会の幹事ってものすごく大変です。

自分の仕事をやりながら空いた時間でお店を決めたり出欠をとったりとにかく雑務が多い。そこでさらに飲む人と飲まない人をわけて割り勘とか面倒すぎます。

なので、幹事さんに配慮するという意味でも会社の節目の宴席などでは割り切ってみんなと同じ額を払ったほうが後腐れがなくていいですよ。

どうしても納得がいかないという場合は自らすすんで幹事をやるというのがいいと思います。

ただ、飲み放題をつけなかったりコースにしなかったりするといったい今いくら分頼んでいるのか常に計算していないといけないし、みんなから集めた会費を越えていないかなどずっとそわそわ落ち着かない状態が続くのでそれこそ飲み会を楽しむ余裕はなくなっちゃいます。


スポンサードリンク

下戸の飲み会の楽しみ方はこれ

そんなわけで、下戸の人が職場の飲み会に参加すると確かに金銭的には損してるかもしれません。

でも、さっきも言いましたが新年会や忘年会、歓送迎会というのはお酒を飲むこと自体が目的ではなく、お酒の場を設けることで親睦を深めたりコミュニケーションをとったり、みんなで会話を楽しむというのがメインです。

なので、みんなに言えることですが、下戸の人は特に「飲む」ということよりも「楽しいおしゃべりをする」ということに意識を向けることで飲み会を楽しく過ごせるようになります。

もちろん、お酒好きにとってはお酒を飲むことそのものも楽しみの一つですが、そういう人たちだってお酒だけを目的に集まるわけじゃなくみんなで会話しようと思ってきてるものです。

お酒を一滴ものまなくても酔ってる人と同じようなテンションで盛り上がれる人はそれだけで楽しめます。

また、テンションをあげたり盛り上がるのが苦手という人はみんなの話をじっくり聞くというのもありです。お酒を飲むと饒舌になる人もいるので聞き役も大事なポジションですよ。

聞き役に徹する時は「それでそれで?」と興味を持って先を促したり会話に参加する姿勢でいると酔っ払いの輪に入りやすいです。

お酒好きの人の中にはシラフで冷静にしてる人は楽しんでないように見えてしまって気になるという人もいるので積極的に楽しむ姿勢を見せておくと余計なことを言われて嫌な思いをするのも避けられます。

それに、お酒の場は会社の中にいるときよりもフランクな感じになりますよね。だからこそふだんはかしこまって聞けない様な仕事の悩みとか、上司の思わぬ失敗談とかお酒が入って開放的になったところでしか聞けないような面白い話というのが必ずあります。

同じ職場だけどなかなか話す機会のない人とおしゃべりする良い機会にもなりましね。

そんなの必要ないし時間の無駄と思う人もいるかもですが、お酒の席でのちょっとしたコミュニケーションのおかげでふだんの仕事がスムーズにすすんだりするものですよ。

下戸の職場の飲み会まとめ

飲み会にいくと底なしに飲んで酔っ払える人を羨ましいなぁと思ったこともありますが、酔ったら酔ったで恥かいたり粗相があったりいろいろと失敗があって大変なんですよね。

今は「飲めないことはダメなこと」という時代でもないので、飲めない人は無理せず楽しむのが一番です。

でも、やっぱりお酒をすすめられることはあるので、宴会の楽しい雰囲気を壊さずに上手にお酒を断る方法を知ってると役立ちますよ♪
職場の飲み会で下戸の人におすすめのお酒の断り方と対策⇒

でもやっぱりどうしても職場の飲み会に行きたくない人はこちらも参考にどうぞ
新年会のある会社で欠席は許される?強制から逃れるうまい断り方⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, , ,