行事・イベント

高尾山で初日の出を見るのに電車はある?登る時間と場所取りについて

2017/12/22

高尾山 初日の出 電車

新宿から1時間で行ける高尾山は都心の高層ビル群の上に登るご来光を見られる初日の出の人気スポットの1つですよね。

でも、いくらアクセスが良くて行きやすいといっても大晦日や元旦はいつもとは違います。電車やケーブルカーの運行状況はもちろん、混雑具合も気になりますよね。

そこで、初めて高尾山に初日の出を見に行く人でも失敗せず、年の初めにばっちりとキレイな初日の出を拝めるように準備に役立つ情報を紹介します。

高尾山の基本情報⇒

スポンサードリンク
  

高尾山で初日の出を見るのに電車はある?

高尾山は初日の出を拝む東京の人気スポットの一つなので大晦日から元旦にかけて高尾山に向かう電車はもちろん動いてます。

高尾山の登山道やケーブルカー乗り場の最寄り駅は京王線の高尾山口駅で、京王線は毎年、大晦日から元日の朝にかけて終夜運転しています。

運行本数はちょっと少なめですがそれでも30~40分に1本の間隔で運行しています。

あと、新宿から高尾山口行きの臨時の特急と急行電車も3本ほど出ます。その名も迎光号!

特急は新宿から高尾山口駅まで46分、4時台に出ます。急行は新宿から56分で3時台と4時台に一本ずつです。

高尾山口駅の手前の高尾駅で京王線に乗り換えられるJRの電車も大晦日から元旦にかけては終日運転してますよ。

もちろん、高尾山の麓から中腹に行くためのケーブルカーやリフトも動いてます。

高尾山のケーブルカーは京王線と同じく12月31日から1月1日にかけて終夜運転。運行間隔はだいたい15分に一本で、混雑してる時間帯は7分間隔で運転してます。

それでも乗車待ちが1時間以上ということもあるので、元気で健脚の持ち主なら歩いて登ったほうが早いこともあります。

1回で最大135人も乗れるのにこの待ち時間、恐るべしです。

一方、リフトは大晦日の日は点検のため運休してます。元日は早朝5時から運転開始です。

高尾山で初日の出を見るなら登る時間は何時くらい?

高尾山から初日の出が見えるのはだいたい6:48前後、その日の雲のかかり具合など天候によって微妙に変わります。

通常なら高尾山の麓から山頂までケーブルカーやリフトを使えば約1時間で行けます。

いつもの感覚で5時半くらいに高尾山のふもとのケーブルカーの清滝駅に行く人が多いのですが、初日の出の日はびっくりするくらいの長蛇の列ができているので気をつけてくださいね。

さらに、ケーブルカーやリフトで高尾山の中腹まで上がってもそこからの登山道もめちゃくちゃ渋滞しているのでいつも通りには登れません。

さらに、元日の高尾山は混雑がひどくなると入山規制がかかるので薬王院より上が閉鎖されて登れなくなります。

例年5時前後に入山規制になることが多いですが、早い時は夜中の3時あたりですでに入山が規制されることもあります。

というわけで、初日の出を山頂で見たいなら4時台に高尾山に登り始めても遅いくらい、できればその時間には薬王院の階段を登ってるくらいにしないと間に合いません。

毎年こんな具合なので、山頂で良い場所を確保したい人は前日の大晦日から山頂にいて徹夜したり、紅白が終わったくらいから登り始める人も多いです。


スポンサードリンク

高尾山で初日の出を見るための場所取り

高尾山で初日の出を見るのが初めての人だとなかなか想像できないかもしれませんが、元旦の高尾山はまるでラッシュ時の新宿駅のよう感じです。あの渋谷のスクランブル交差点が空いていると思えちゃうくらいの混雑ぶりなんです。

その人の多さにくわえて、高尾山の山頂は木が生い茂っているところもあるので、本当に良い場所でご来光を眺めるには夜中からの場所取りは必至。遅くとも3時~4時くらいには登り始めないときれいな日の出が見られません。

で、山頂近くでの場所取りは登山道で2~3時間、日が昇るのを待つことになるので防寒対策とトイレのチェックなどは事前にしっかりしていきましょう。

高尾山で初日の出を見る場所取りするときの防寒についてはこちらにまとめてあります♪
高尾山で初日の出を見るのに防寒に役立つ服装と持ち物はこれ!⇒

ちなみに、高尾山の山頂周辺にはお茶屋さんや売店がありますが、夜中は閉まっているところもあります。

大晦日の夜に高尾山に登って新年を迎えると同時に薬王院でお参り、そのまま山頂に向かって場所取りをするという人も多いですね。

深夜の薬王院の初も出についてはこちらをどうぞ♪
高尾山の初詣で夜中の行き方と服装はこれ!薬王院を楽しむポイント⇒

高尾山での年越しは毎年こんな状況なので初日の出を山頂で拝みたいという人はかなり気合入れていかないとです。

で、ちょっとそこまでするのは大変かなぁという人は高尾山の中腹辺りから初日の出を眺めるのもありですよ。

ケーブルカーの高尾山駅やリフトの山上駅の周辺でも見られるし、そこから少し行ったところにかすみ台展望台があるのでそこまでいくと眺望も開けてます。霞台展望台は展望台というだけあって新宿方面までしっかり見渡せます。

同じ高尾山でも山頂に比べれば中腹はまだ空いているほうなので日の出の1時間くらい前に行けばいい場所を確保できます。山頂の場所取りに比べれば待ち時間も短いですしね。

以前に比べれば大晦日から高尾山で場所取りする人は少ない印象ですがそれでもやっぱり1月1日は大混雑です。

1年に1度の初日の出なのでこの日に人が殺到するのは仕方がないんですが、どうしてもどうしても混雑を避けたい!という人はあえて2日以降にいくのをおすすめします。

ケーブルカーは1月2日は5時~、3日も6時~営業してますよ。

高尾山で初日の出を見るための心得まとめ

高尾山の山頂で初日の出を見るにはそうとうの気合が必要ですが、都心のビル郡とご来光という景色はなかなかです。

あと、以前は初日の出に向けて明け方から高尾山に登って薬王院で初詣をするという人が圧倒的に多かったですが、最近は京王高尾山口駅の横に高尾山温泉ができたので温泉の開店時間を狙って下山してくる人も増えました。

高尾山温泉は通常は8時からですが、元旦は朝の6時から営業しているので夜通しの場所取りで冷え切った体を温めるにはぴったりです。

高尾山温泉に行ったことがない人はこちらも参考にどうぞ♪
高尾山温泉に行ってみた!露天風呂や食事処の様子と混み具合⇒

女子が気になるこんなところもチェックしてきました♪
高尾山温泉のタオル料金とアメニティやシャンプーの充実度⇒

昼間におしゃれして行きたいという人はこちらもどうぞ♪
高尾山の初詣デートの服装と時間帯のおすすめ!三が日の混み具合は?⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, , ,