行事・イベント

初詣はいつまでに行くべき?目安の松の内はまだ混雑してる?

hatumoude

初詣といえば一年の幸せを祈願したりおみくじを引いたり、
お正月らしさを味わえる楽しみの一つです。

でも、真冬の寒い時期の外出ですから悩みもつきもの。
新年早々、参拝客の人混みは避けたいし、
寒い中、長時間待つのは大変と思う方もいますよね。

できれば空いている時に行きたいけど
のんびりしていると仕事や子どもたちの学校が始まってしまう。

そもそも、初詣っていつまでに行くものなんでしょうか?
できれば、きちんと初詣をすませてお正月気分も味わいたい。

そんな人のために、
初詣はいつまでに行くのかや混雑状況などをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

初詣はいつまでに行くべき?

実は明確な期間の決まりはありません。

「元日に行くべき」
「三が日に行くもの」
「松の内までに行くもの」

などなどいろいろな考えがあります。

中には1月中に行けばいい、とか
1月を過ぎていてもその年初めて参拝すれば
それが初詣という考えもあるようです。

しかし、一般的にはお正月行事の区切りとなる
「松の内」までに参拝するのがいいとされているようです。

地域によって松の内の考え方が違っていますが、
関東だと1月7日、関西だと1月15日あたりが
初詣といえる期間になります。

初詣にいつまでいに行くかの目安、松の内って何?

松の内とはお正月に飾る門松を立てておく期間のことです。

年の暮れに門松を立ててお迎えした神様に滞在していただく期間で、
「松を取り付けている間」とか「神様に待っていただく間」
とういう意味だと言われています。

松の内が終ったあと鏡開きを行い、
普段通りの食事や生活に戻ることになります。

この鏡開きと松の内ですがもともとは
1月20日が鏡開きで1月15日が松の内でした。

ところが、江戸時代に徳川家光が20日に亡くなったことから
徳川家の影響力が強かった関東では
鏡開きは11日に、松の内は7日に変更されたそうです。

スポンサードリンク

徳川家の影響をあまり受けなかった地域では
今でも本来の15日が松の内として残っています。

一般的には1月6日までをお正月として、関東を中心に
門松を6日の深夜または7日の早朝に取り除くのが風習になっています。
15日が松の内の地区では14日の深夜または15日の早朝に取り除きます。

新年に入って初めて出合った人に、新年の挨拶を交わすのも松の内までです。

そのため、
お正月期間である松の内までに初詣をするのがいいと言われています。

神社やお寺の初詣はいつまで混雑してる?

やはり三が日は大変混みあいます。

観光名所となっている大きな神社仏閣はもちろん、
押し合いへし合いというほどではありませんが、
地域にある氏神様を祀った神社でも行列ができたりします。

わが家の近くの小さな神社も
ふだんは人がほとんどいませんが
元日は参拝するのに30分以上並びます。

4、5日くらいになるとやや落ち着きます。
三が日に比べればかなり減りますが
人気のスポットではまだ参拝客が多いですね。

なるべく混雑を避けたいのであれば
朝早くや夕方近くなどに行くのがおすすめです。

地元の神社であればほぼ平常通りかと思います。

その後、松の内にかけて人出は減っていくと思いますが
観光名所になっているほどの神社などでは
1月中や2月の節分辺りまで混みあうところもあります。

こういうところは観光で訪れる初詣客も多いので
2月くらいまで露店が並んでいたりと
賑わいを長く楽しめると思います。

一方で、地域の神社などでは
人出が見込まれるのは三が日くらいなので
お正月気分を味わいたいなら早めにいかないといけません。

多少混んではいるとは思いますが
うまく時間を見計らっていけば少ない待ち時間で
お正月の雰囲気も味わえるかと思いますよ。

まとめ

初詣は松の内の7日までを目安に行きましょう。

混雑が苦手な方はおすすめは4日以降に
地元の神社にお参りするのがいいかと思います。

大きな神社へお参りするなら
その後、松の内が過ぎてからがおすすめ。
人気スポットならまだまだお正月気分も味わえますよ。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-