おでかけ

札幌の冬の服装の注意点と靴選びのコツを北海道民が教えます

2017/12/27

札幌 冬 服装

雪祭りにスキー、雪の小樽と寒い時期ですが冬の北海道は観光シーズン真っ只中で本当に楽しみが多いですよね。

そんな冬の北海道に初めて訪れる人みんなが悩むのが服装と靴です。この2つは選び方を間違えるとせっかくの旅行が台無しになっちゃうので気をつけたいところ。

そこで、札幌で暮らした経験から真冬の札幌の服装や靴選びのポイントや注意点を紹介します。

スポンサードリンク
  

札幌の冬の服装はこれ!

冬の札幌の服装で気にするべきなのはなんといっても気温と雪です。

冬の札幌の気温は日中の最高気温がだいたい4℃前後、夕方から夜中にかけては氷点下になることが多く、寒い日は-10℃くらいまで気温が下がります。

曇っていたり吹雪いていると日が照らないので体感温度はもっと寒く感じます。

とはいっても、冷え込みの厳しい帯広や旭川周辺では最低気温が-30度なんてこともあるので、北海道の中では札幌はわりと暖かいほうです。

東京出身の私も最初は札幌の気温を見てめちゃくちゃ寒いじゃん!と思っていたのですが、札幌で暮らしているうちに気温が0℃をこえてれば暖かく感じるくらいになりました笑

そのかわり日本海側にある札幌はとにかく雪が多い!雪を楽しみに冬の北海道に観光に来る人も多いのでないよりあったほうが嬉しいものですが、やっぱり慣れないと注意が必要です。

札幌では1月中旬から2月にかけてが最も冷え込みの厳しい季節で、雪もたくさん降ります。そんな中、雪祭りや小樽など外で観光するなら言うまでもなく防寒は超重要ですね。

特に雪やマイナスの気温に慣れていない人はとにかく暖かい格好を心がけましょう。寒い中で過ごすのは思っている以上に疲れるし、寒さに震えながらでは楽しいものも楽しめなくなっちゃいます。

そこでまず大事なのがコートなどのアウターです。

真冬の北海道に来るならアウターはダウンコートをおすすめします。

東京とか雪のないエリアから来る人にはウールのコートじゃ寒すぎます。ユニクロのウルトラライトダウンなども薄すぎるのでそれ一つでは寒いですね。

できればお尻が隠れるくらい丈の長いものを選びましょう。

あと、フードが付いていると役に立ちます。

真冬の北海道は本当に寒いので街中に降る雪もサラサラしてます。東京のべちゃべちゃ雪と違って本当にサラッサラなので建物に入る時に雪を払えば服が濡れることはないです。

なので北海道の人は雪が降っていても傘をささずにフードをかぶって雪をよけるくらいの人が多いです。

中に着る洋服は厚手の暖かい素材の服を意識して選ぶといいですよ。

インナーにはヒートテックの長袖やスパッツ、上に着るものはシャツにセーターやフリースなどを重ね着します。

首が冷えると寒いのでタートルネックのカットソーやインナーがあると重宝します。

スカートで行くならタイツやスパッツ、さらに毛糸のパンツなどがあると心強いですね。アラサーでそんなことする人はいないかもですが、生足は絶対無理です笑

パンツスタイルでもジーンズ一枚というのは結構冷えるのでタイツとズボンを重ねばきしたり、裏が起毛やフリース素材のものがおすすめです。

靴下も厚手のものを選びましょう。

札幌の冬の注意点

基本の服装のほかに冬の北海道での防寒には小物も重要です。

ほしい必須アイテムとしてはマフラー、手袋、耳あて、ニット帽。

手袋は毛糸のものよりレザーやムートンのほうがあったかいです。

イヤーマフやニット帽は東京にいるとあまりつけることがないし、スキー場っぽくて恥ずかしいと思うかもしれませんが、これがあるかないかで寒さが全然違います。外にいる時間が長く、氷点下の寒さに慣れてないなら絶対にあったほうがいい!

札幌だったら駅ビルや100円ショップでも売ってるし、安いものでもたいして防寒機能は変わらないので忘れたら現地調達もありです。

あと、屋外でどうしても寒い時はマスク!風邪予防とかでつけるあのマスクです。あのペラッペラなマスク一枚でも顔を覆うと寒さが全然違いますよ。

と、ここまでは寒さに対する注意でしたが、実は冬の札幌の服装には真逆の注意点があります。

それが室内の暑さ。

全国で唯一、真冬でも生ビールの消費量が落ち込まないのが北海道なんですね。冬が寒い北海道では室内の暖房は完璧で、電車や建物の中は驚くほど暖かいです。

なので、屋外の気温にあわせて大量に着こんでさらにホッカイロなんて貼ってると、部屋の中では汗ダラダラ!かいた汗をそのままにしてると冷えるし、風邪をひいたりするので気をつけてくださいね。

というわけで、真冬の札幌ではたくさん重ね着するのは大事だけど、脱いだり着たりできるものを重ねるというのがポイントです。

北海道は一般家庭でも冬は灯油やガス暖房が主流でエアコンを暖房に使うってあまりないです。なので、よっぽどおんぼろじゃなければ民宿とかでも室内はかなり暖かい。

きちんとしたホテルならTシャツでも大丈夫なくらいです。

特に札幌の中心部では駅ビルや地下街もあるし、地下街が商業施設やホテルに直結したりしてます。電車を降りたホームからほとんど外を歩かずにホテルまでいけることもありますよ。

あと、予断ですが観光する時に持ち歩くバックは少し大きめのものがいいです。

外から建物に入ったり乗り物に乗るたびにマフラーを取ったり手袋を取ったり、食事どころでは暑くなってセーターとかトレーナーとかかさばる上着を脱いだりということがあるので、脱いだ服を入れる余裕のあるバックだと楽です。

で、雪道に慣れていないならできれば両手が空くリュックサックだと安心ですね。


スポンサードリンク

札幌の冬の靴選び

冬の札幌旅行で服と同じくらい悩むのが靴ですよね。札幌は雪が多いので靴選びは結構大事です。

札幌の中心部はかなり整備されてるので歩道がロードヒーティングになっていて雪がない道を歩けたりします。

さらに札幌駅、大通り駅、すすきの駅の3駅間は地下通路が通ってるので雪だけでなく寒さもしのげます。

でも、これは本当に札幌のど真ん中だけの話。

ちょっと中心部から外れたり、中心部でもわき道にそれれば地面は雪で真っ白です。根雪といって北海道の雪の降る地域では春まで雪がとけずコンクリートが見えません笑

あと、真冬の札幌の一大イベント、さっぽろ雪まつりの会場となる大通公園も雪道ですよ!

で、札幌に住んでいると雪道の歩き方にも慣れてきて冬だろうがなんだろうがピンヒールはいてる人とかもいるんですけど、本州の人にはまず無理です。

ただの雪道ですら歩きにくいし、ツルッツルに凍った道なんてヒールでは絶対に歩けません。

札幌でも暖かい日の昼間はプラスの気温になったりするので雪が少し緩むんですよね。それが夕方からの冷え込みで一気に凍ると道路がスケートリンクみたいになります。

ただ凍るだけでもこわいのに、人が歩いてボコボコに踏み荒らされたまま凍ると道民でも転んで怪我するくらい危ないです。

女の子はおしゃれな格好で来たいかもしれませんが、冬の札幌旅行はヒールのない靴をおすすめします。パンプスなんて言語道断、寒すぎるし、おしゃれブーツも歩きにくいし足先が結構冷えます。

本当に寒い中で外を歩き回るなら撥水加工のムートンのブーツとか雪道対応のスノーシューズでもいいくらいです。

で、みんな雪道で滑るのは意識してるんですが寒さを結構見落として失敗したりします。

革靴とかメッシュ素材のスニーカーは本当に寒いです。底の薄い靴だと雪道のひんやり感を感じますよ、嘘のようだけど本当の話。

なので、靴の中がモコモコのブーツとかあると最高です。

もちろん、撥水加工のもので防水スプレーもしておいたほうがいいです。暖かくて雪が緩んでいる日はブーツに水が染みてくるってこともありますからね。これ最悪です。

さらに、できれば滑り止めとか溝の入った靴底のものだとなおいいです。

もしそういう靴がない時は札幌についてから靴底に貼れるタイプの滑り止めを買うという手もあります。

北海道では空港や駅、あと札幌の駅ビルや地下街の靴屋さんなどいろんなところで滑り止めが売られてます。ゴムバンドのようなもので留めるものや、靴底に貼り付けるシールタイプなどいろいろあります。

街中で見かける靴の修理やさんなら10分くらいで靴底を滑り止め付きの札幌仕様に修理してくれますよ。値段は靴によりますが1000~2000円くらいです。

あと札幌で靴を買っちゃうってのもありです。

同じブランドでも札幌に出荷する靴には最初から滑り止めがついていたりします。

私が札幌で買ったブーツを東京でクリーニングに出した時に、「このブランドで滑り止めが付いてるブーツなんてあるんですね~」と驚かれました。

慣れない雪道では靴はおしゃれよりも機能性重視で選んだほうが失敗がありません。転んで怪我をしてはせっかくの旅行が台無しですからね。

ちなみに、私が札幌に引っ越したのがまさに真冬の2月だったんですが、その時に大活躍したのが防水加工のされた本格的な登山靴でした笑

見るからにごっつい感じの靴だったんですが滑らなくて歩きやすいし、おしゃれではないんだけどそこまで違和感もないんですよね。

雪道になれてない方には選択肢の一つとしてありかもです。

札幌の冬の服装と靴

札幌に来ると街中を歩いている人はみんな東京と同じような装いで歩いてたりします。でもそれは体が寒さに慣れているし、ほとんど外に出ず、移動も車が多かったりするからです。

たくさん着込んだり、重装備の靴で歩いているといかにも観光客っぽくて恥ずかしいかもしれませんが、冬の北海道は一大観光シーズンで観光客であふれているので厚着なんて気にしなくても大丈夫ですよ。

寒さに負けず思う存分冬の札幌を楽しめる格好をするのが一番です♪

ついでに、初めて冬の北海道を訪れる人が知っておきたいこと、それは・・・
新千歳空港の冬の欠航率と飛行機が欠航したらどうなる?北海道旅行記⇒

実際に会場をまわったからこそわかる!
札幌雪祭りの混雑や上手な回り方を紹介!服装や靴、ホテル選びのおすすめ⇒

スポンサードリンク

-おでかけ
-, ,