行事・イベント

正月のおせち以外の料理で夕飯の献立はこれが人気!3日目はどうする?

正月 夕飯 献立

お正月の食事といえばおせち料理!ですが、正月ってテレビを見ながら朝から昼にかけてお酒を飲みながらダラダラお節をつまんでたりしますよね。

となると、夕飯は何か別の物が食べたくなります。自分もそうですけど、お節があまり好きじゃない子どもがいると特にそうなりますよね。でも、ふだんと同じ夕食じゃ味気ない、けど新年からせっせと料理するのも嫌・・・笑

そんな悩みとわがままの多いお正月の夕飯の人気の献立やおすすめのアイデアを紹介します。

スポンサードリンク
  

正月のおせち以外の料理はこれ!

元旦の夜はお正月本番なので夕飯にもお節が並ぶことが多いですよね。でも、朝昼とずっと食べているので少し変化をつけたいところです。

とはいっても、1年の初めからせかせか料理を作るのは面倒だし、大掃除やらおせち作りやら年末のあれこれで疲れているのでお正月くらいゆっくりしたい。

そこで、元旦の夕食におすすめなのが手がかからないけど豪華に見える献立です。

中でも人気があるのはローストビーフやハム、ステーキなどのお肉系。

ローストビーフは余力があれば家で作ってもいいですが、新年ですからね、ちょっと贅沢してデパ地下で買ってきちゃうというのもありです。

お歳暮で贈られてきたハムを厚切りにして焼くだけというのも簡単です。お酒を飲む人がいるといいつまみになりますよ。

子どもがいる家ならステーキなんかも喜びます。これも焼くだけなので楽ちんです。

主食をしっかり食べたいという人にはお寿司もお正月の定番ですよね。

おめでたい雰囲気が出るし、年初めだからこその贅沢という感じもありますよね。

出前をとるのもいいし、人数が多いなら手巻きスタイルにして各自で作って食べるというのもいいですよ。

具材もお刺身の盛り合わせやステーキを細く切ったりすれば豪勢になるし、並べるだけなので準備もそんなに大変じゃありません。

それからお正月ならではの主食といえばお餅!お雑煮やお汁粉もお正月らしくていいですね。

お雑煮の汁やあずきを大量に煮ておけばあとはお餅を茹でるだけなので手間をかけずにすぐ食べられます。

これが正月太りのもとだったりするんですが、暖かい部屋でいただくお汁粉やぜんざいっておいしいんですよね。
ぜんざいの簡単な作り方!基本から低カロリーなヘルシーレシピ⇒

あと、お正月ってどうしても野菜不足になりがちなので煮物なんかを作っておくといいですよ。

にんじんやしいたけなど野菜を飾り切りにしたり、ちょっと大き目のゴロッとした鶏肉をいれたりすると華やかです。

年末におせちを準備する時にいっしょに作っておくとあとは出すだけなので楽ですよ。

夕飯の献立でお正月に人気なのはこれ!

お正月は1人暮らしの家族が帰省で戻ってきたり、ご家庭によっては親戚一同が集まるという家もありますよね。

そんな大人数のお正月の食事なら鍋料理などみんなで囲める献立が人気です。

定番は寄せ鍋やすき焼き、しゃぶしゃぶ。お正月のぜいたくということでドドンと丸のままの蟹を用意してのカニ鍋やカニすきなんかをすると盛り上がりますよね。

その他に焼肉やお好み焼きもおすすめです。

やっぱり真冬の寒い時期なので体が温まる熱々の料理は喜ばれます。

それに、こういう料理は基本的に準備はどれも材料を切って出すだけ。あとは好きなものを入れて好きなように食べてもらえばいいので手間がかからないっていうのが嬉しいですよね。

良いお肉やカニなどメインに贅沢食材を用意すると多少お値段がはりますけど、それでも、人数分のお寿司の出前をとると考えるとコストも抑えられるのがありがたいです。


スポンサードリンク

正月3日目の夕飯で食べたいのはこれ!

さてさて、こんな感じで元旦や2日は朝から晩までご馳走を食べてお酒を飲んで楽しく過ごすという人が多いお正月。

でも、3日目になるとさすがにちょっと飽きてきたり、贅沢品ばかりで胃が疲れてきたり・・・。

ということで、お正月3日目の夕飯は早くもあっさりしたものや洋食が人気です。

ちょっと軽めにすませたいなという時に手軽に食べられるのがお蕎麦やお茶漬け。

具材はネギや卵、薬味くらいでシンプルに仕上げるかけそばが以外にもおいしく感じられたりします。あまりにもご馳走ばかりだとこういう食事が落ち着いたりするんですよね。

同じようにお茶漬けも梅や焼き鮭など定番の具材でお節の残りをつまみながらいただくくらがちょうどよかったりします。

もっと軽めがいいときはお粥や雑炊もいいですよ。

お正月にお酒を飲みすぎた時とかおじいちゃんおばあちゃんなど年配の家族には喜ばれます。

おかゆじゃちょっと味気なさ過ぎるという時はお鍋の時にあまったお肉などを使って雑炊にするのもありです。

ちょっと気分を変えたいという人は鶏がらスープやザーサイをいれて中華風にするのもおすすめです。

7日を待たずして早くも七草粥を食べたいという方はこちらを参考にどうぞ♪
七草粥の炊飯器を使った簡単レシピ!アレンジや残りの七草の活用法⇒

お腹は空くけどお節や和食は飽きたなという人は洋食が恋しくなるのも3日目あたり。特に子どもは、またお節~?またお餅~?とか言い出す頃です。

というわけで、この時期の洋食はほんと新鮮に感じます笑

昔CMでありましたが、おせちに飽きたらカレーです。

カレーは具材を切って煮込むだけなので簡単に作れるし、子どもも喜ぶ、野菜もとれるといいことづくし。

まだまだご馳走が食べられるなら同じ要領でビーフシチューやクリームシチューもいいですね。

あとしっかりお腹にたまってレシピが簡単なのがスパゲッティ。自分でいろいろ作ってもいいですが、面倒だったらパスタを茹でて買ってきたパスタソースをかけるだけで立派な夕飯になります。

お正月は生野菜を食べる献立が少ないので、レタスやトマトなど洗って切るだけのサラダなんかを添えるとこれまた新鮮です。

お正月の夕飯の献立まとめ

お正月のおめでたい雰囲気を出しながらもいかに手を抜くか、いや、簡単に作れるかがお正月の夕飯のポイントですよね。

手軽だけでど喜ばれる献立というのは探せば結構あるのであつまる人数やお腹の具合にあわせて献立を決めると失敗がないし喜ばれますよ。

おせちやご馳走は食べ飽きたなぁという方はこちらも参考にどうぞ♪

だから快適!お正月の胃もたれの強い見方
七草粥の炊飯器を使った簡単レシピ!アレンジや残りの七草の活用法⇒

やめられない止まらない!冬のやみつきデザート
ぜんざいの簡単な作り方!基本から低カロリーなヘルシーレシピ⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, ,