行事・イベント

喪中は初詣に行けない?忌中との違いやお寺への初詣などの豆知識

motyuu-hatumoude

年が明けめでたい雰囲気につつまれるお正月、
でも、去年お身内をなくされた喪中の方は
悩まれることも多い季節だと思います。

中でも多いのが「初詣はいってもいいのか?」という悩み、
控えたほうがいいと言う話も聞くし、
お寺なら行ってもいいと聞いたこともある・・・。

そもそも喪中っていつからいつまでなんでしょう?
親しい身内をなくす機会というのはそう多くありません。
突然の不幸にわからないことも多いと思います。

そこで喪中の初詣についての基本をご紹介します。

スポンサードリンク
  

喪中に初詣は行けない?喪中っていつまで?

そもそも「喪中」とはなんなのか、ご存知ですか?

喪中というのは、身内を亡くして悲しみに打ちひしがれて
毎日の生活もままならないし、何をしても楽しくない、
だから慎ましく過ごすしかないという期間をいいます。

意外と知られていないですよね。

なので、喪中には「いつからいつまで」という
明確な期間がありません。

あなたの気持ちが回復し、
前を向き新たな生活を送れる気力が戻ってくれば
それが喪中の終わりということになります。

この様に一人一人の気持ちによるところが大きいのが喪中です。

なので、喪中というのは「何かをしてはいけない期間」ではなく、
「悲しくて何もすることができない」期間ということもできるのです。

つまり、喪中の期間に
あなたが悲しみを乗り越え新たな生活を祈願したいと思うなら
初詣にいって神様にお祈りすることもできるのです。

今まで「喪中に初詣はダメ!」と言われてきた人にとっては
にわかには信じられないかと思いますが
実は喪中期間にはいろいろなことができるのです。

スポンサードリンク

喪中は派手な宴席は控えますが、生活は普段通りに行って大丈夫。
また神事や正月行事、年賀状なども通常通り行い、
故人を神さまやご先祖さまとして敬いの気持ちを持ってお参りします。

ではなぜ「喪中は初詣に行ってはいけない」と
言われているのでしょうか。

喪中でも初詣に行ける?忌中との違い

それは「喪中」と「忌中」を混同しているからです。
喪中はよく聞くけど忌中は聞きなれないという方もいますよね。

身内が亡くなった後、喪中の前にあるのが忌中です。

忌中というのは亡くなった人の霊がまだこの世に残っている期間や
冥府の大王が亡くなった人の裁きを行うのにかかる期間と言われています。

神道では「忌中」とは故人の死を悼み、
御霊(みたま)を鎮める「慎むべき期間」をいうそうです。

その間は神事や結婚式・式典などの公の場や行事への出席、
また派手な行いを控えて、
祝い事やお宮参りなどの神事は忌明け後に延期します。

この忌中の期間が神道では50日。

この期間が過ぎると「忌明け」といわれて、
それ以降は普段通りの生活をしてよくなります。

家に神棚などがある家では身内がなくなると
神棚に白い紙を貼って参拝などをしませんが、
50日を過ぎたら紙をはがし普段通りに戻します。

当然、神社へのお参りもしてよくなるのです。

また忌中の期間は
亡くなった家族との関係によっても変わります。
忌中期間の目安です。

親・配偶者50日
兄弟姉妹・子供20日
祖父母30日
おじ・おば20日
孫10日
いとこ・甥・姪3日

喪中の初詣でお寺に行ってもいい?

喪中のお寺への初詣も大丈夫です。

仏教では忌中の期間が49日間で、
49日の方法が終わると喪中に入ります。

忌中は神道と同じで、故人の冥福を祈り行動を慎みます。
晴れがましいことや派手な行動は慎みましょう。

門や玄関の正月飾り、鏡餅等の飾り付けや正月料理、
お屠蘇でのお祝いはしません。
年始まわりや初詣も控えるのが一般的です。

まとめ

喪中は亡くなった方を悼むと同時に
あなたの気持ちを整える期間です。

忌が明けて、あなたの心が元気に元通りになれば
初詣で新たな生活への祈願をしても大丈夫。
良い年になるようお参りしましょう。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-