行事・イベント

神宮外苑のいちょう祭りに行ってきた!出店や混雑と楽しむポイント

いちょう祭り 神宮外苑 2017

いちょう祭りの屋台で海の幸・山の幸とあちこちのビールなど日本各地のうまいものを堪能してきました!

神宮外苑のいちょう並木がいい感じに色づいてきたので、黄金色のいちょうを楽しみつつ、青空の下でおいしいものをほおばる幸せ♪

屋台グルメや混雑状況、いちょう祭りを楽しむポイントなど私の感想です。

スポンサードリンク
  

神宮外苑いちょう祭りの出店グルメでおすすめはこれ!

青山一丁目で地下鉄を降りると、そこにいる半分以上の人が神宮外苑のイチョウ並木に向かうという、今年もこの季節がやってきました。

銀杏並木の色づき具合は8割くらいですかね、青山のほうからいくと手前にイチョウはまだ緑色でしたけど少し歩くとそれもうきれいなきれいな黄金色のトンネルでした♪

いちょう並木沿いのカフェレストランはどこも満席、列を作って順番待ちです。

その行列を尻目に、私のお目当てに向かいます。

そうです、銀杏並木を抜けたところに広がる神宮軟式球状で行われている2017神宮外苑いちょう祭り!

たくさんの屋台がずらりと並んでいてみてるだけでもわくわくです。今年は40店ほどの屋台が出店していてほんとどれを食べるか目移りしちゃいます。

まずは一通り全部見てみようと思い入り口から右端の屋台に直行。そこからぐるりと歩いていくと、あ~たまらないですね( ̄u ̄)ジュル

あっちこっちからいい匂いがぷんぷんします。串焼肉のジューシーな香りに焼き牡蠣の海鮮独特の香ばしいかおり、ラーメンのこってりスープに熱々たこ焼きの食欲をそそる甘いソースの匂い。

さらにたまらない香りを放つからあげの山盛りとか、丈串に刺さったボリュームたっぷりのお肉とか、積み上げられた牡蠣にホタテと目からも食欲をそそられます。

おいしそうなものがいっぱいですが、私が注目したのは和牛炙り寿司!厳選和牛の肉寿司ってもう、見てるだけで幸せ、味はもちろん最高です。

あと個人的に応援したくなっちゃうのが北海道中標津のしいたけ。和牛やら海鮮やら豪華食材に押されがちな感じはいなめませんが、「想いの茸」なんてかわいいネーミングもいい感じだし、元北海道民の私としては食べないわけないはいかない笑

しいたけの香りと北海道産チーズのとろとろ具合が絶妙でおいしかったですよ。

他が軒並み1000円前後の中、しいたけは300円とお値段もかわいいので皆さんもぜひ。

私が行ったのは13時半と昼過ぎだったんですが、きょうは平日ということもあって食べ物を買うのにほとんど並ぶことはありませんでした。

が、こんな中でもわずかに列を作っていたのが宮崎牛のローストビーフと博多のホルモン焼き。確かに、どちらも肉のうまみが見るからに伝わってくる・・・めちゃくちゃ予算オーバーだけど食べるかどうか悩みました。

いちょう祭りの屋台はどこもおいしそうでこのイベント好きなんですけど、できればお値段がもうちょい下がればなぁと。

安いものだと300円、400円くらいからありますが、これはおいしそう!!と目をひくものはだいたい1000円前後、高いものだと2500円というつわものもありますからね。

食べ物数品とドリンクで1人3000円くらいあれば楽しめるかなという感じです。

で、イチョウ祭りの出店はどれも酒のつまみにばっちりなメニューが多いのでアルコールもいろいろ売られてます。

日本酒のきき酒とか、ドイツビールの飲み比べセット、さらに江戸下町地ビールとか富士山の天然水で作るドイツビールなどなどこだわりのビールがずらり。

もう、お酒好きにはたまらないイベントですよ。

あと、やっぱり寒いので秋田のきりたんぽ鍋とかラーメンとか温かいメニューには自然と惹きつけられます。しめにもぴったりです。

1人だと出せる予算が限られてくるのでやっぱり数人で行ってあれこれ買ってシェアするのがいいですね。

いちょう祭り開催中の神宮外苑の混雑状況

きょうは平日だったので1時半というランチにかかる時間帯でもどの屋台にも行列はなくスムーズでした。

が、会場全体が空いてるかというとそういうわけでもなく。家族連れやご夫婦、若いカップルなどいろんな人がきていてびっくり。

平日の昼間、しかも冬将軍で今年一番の冷え込みなのにこんなに人いるの!?ってくらい賑わってましたよ。

会場には飲食ができる椅子や机が並べられてるんですが、どこもかしこも満席であいているところはほぼなしです。

特にストーブが設置されたテントの下は寒空の下でもかなり暖かく人気でした。この席に座れたらイベントを心ゆくまで楽しめますよ。

ただ、会場になってるのは神宮外苑の軟式球状なのでスペースはいくらでもあります。

芝生の上に座る感じになりますがのんびりご飯を食べられる場所はいくらでもあるので安心してください。

ただ、平日でこの盛況ぶりなので土日の混雑はすごそうですね。芝生スペースの確保も大変なくらいかもです。


スポンサードリンク

いちょう祭りに行く時の注意点と楽しむポイント

食べ物は現金払いのみ

神宮の銀杏祭りは入場無料で、食べ物の料金は各屋台ごとでのお会計になります。なので、基本現金のみです。

全部の屋台を確認したわけじゃないですが、たぶん、どの屋台でもカードは使えない感じでした。

トイレは2箇所

いちょう祭りの会場から近いトイレは2箇所です。

1つは会場内に設置された仮設のトイレ。もう1つは会場の入り口を出て信号を渡ると右側に神宮外苑の常設のトイレがあります。

数は多くないので土日で人が多いときは並びそうです。あと、会場はとてつもなく広いです。どちらのトイレも入り口近くなので、奥のほうの席にいるときや小さな子どもと行く時は気をつけてくださいね。

靴はぺたんこで

銀杏祭りの会場は軟式野球場なので下が芝生です。なので、ヒールの靴で行くとヒールが芝生に刺さっちゃうので要注意です。

靴も汚れちゃうし、芝生に穴を開けるのはマナー違反。会場が広くて歩くことも多いのでスニーカーやぺたんこ靴がいいですよ。

とにかく暖かい服装で

今日は冬将軍の影響で今シーズン一番の寒さということでしたが、もう12月目前ですからね。屋外で過ごしていると結構体が冷えます。

日が照っていても風が吹いていたり、曇りの日なんかは天気予報の気温より体感温度はずっと低く感じます。

ストーブの近くの席がとれればいいですが、それ以外の場所でご飯と食べるとなるとかなり暖かい服装でいったほうがいいです。

寒いとせっかくのグルメはもちろん、ビールもおいしくなくなりますからね。いちょう祭りを楽しむなら防寒は必須です。

神宮外苑いちょう祭りまとめ

会場も広々としているし晴れ渡った青空の下で各地のうまいものを味わうのは開放感があって最高です!

今日はイチョウもいい感じに見頃を迎えていたし、混雑もそれほどじゃなかったので楽しめました。

ただ、この時期に屋外で過ごすのは本当に体が冷えるので防寒対策は入念に!です。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-