行事・イベント

巣鴨とげぬき地蔵に初詣に行ってみた!洗い観音や縁日の混雑情報

2017/12/24

巣鴨 とげぬき地蔵 初詣

おばあちゃんの原宿として有名な巣鴨地蔵通りのとげぬき地蔵に初詣に行って来ました!

お正月の商店街の賑わいや、おばあちゃんたちに人気の洗い観音の混雑具合、縁日の様子など初詣で巣鴨地蔵通りを訪れる時に役立つ情報を紹介します。

巣鴨とげ抜き地蔵の基本情報はこちら⇒

スポンサードリンク
  

巣鴨とげぬき地蔵に初詣に行ってきた感想

おじいちゃんおばあちゃんへのインタビューで必ず目にするといっていいくら定番の巣鴨、小さな街ですがとげぬき地蔵と地蔵通り商店街のおかげで今や全国区の知名度ですよね。

赤いパンツとかすごく気になるし、最近では「すがもん」というキャラクターが地味に人気のようで、年配の方だけでなく若い子もちらほら散策していたり。

というわけで、ちょっくら初詣に行って来ました。

最寄り駅のJR巣鴨駅を出るともうそこから地蔵通り商店街の入り口が見えるほどの近さです。私の足なら入り口まで歩いて3分くらい。さらに都営三田線なら一番近い出口から地上に出たらもう目の前なのでアクセス抜群です。

元旦ということもあって地蔵通り商店街は大賑わいです!お年寄りだけでなく、家族連れも多いし、中には若いカップルとかもいましたよ。

商店街の入り口には案内所と、巣鴨の人気キャラクターすがもんのお尻だけをかたどった「すがもんのおしり」という謎のオブジェみたいなのがあります笑

もふもふしていてカワイイ。

この商店街の入り口から西巣鴨駅のほうまで、延々と長~い商店街が続いていて、特にとげぬき地蔵で有名な高岩寺周辺までは観光用というか参拝客向けのお店が多く華やかです。

お正月はお客さんのかき入れ時なのでどこのお店もちゃんと営業してますよ。

塩大福で有名な和菓子屋さんや昔ながらの甘味どころ、煎餅屋にうなぎ屋さん、漢方薬局なんかもあってこれぞ巣鴨といった雰囲気です。

さらに、池袋界隈ではちょっと名の知れたパンやケーキで有名なタカセとか、養蜂場がやってる蜂蜜屋さん、和雑貨のお店などおしゃれなお店も多いです。

その他にコンビニのファミリーマートや、タリーズコーヒーまであるから驚きです。

地蔵通り商店街の入り口から高岩寺までは私がふつうに歩くと一分くらいですが、お正月はさすがに人が多いのでもうちょっとかかります。

というか、おしゃれと古臭さが混じった街並みがおもしろくてあちこち目移りしながら歩くのが楽しくて時間がかかります。しかもお正月は屋台も出てるのでほんとに活気があるし、どこで何をつまみ食いするか悩みます笑

時間帯によっては商店街主催のイベントを楽しんだり、すがもんと握手したり写真とったりもできますよ。

そんなこんなでワクワクしながら巣鴨とげぬき地蔵に到着。

とげ抜き地蔵は愛称で本当は高岩寺といいます。境内はそんなに広くない、むしろこじんまりとしてますが参拝客と屋台で賑わってますよ。

門をくぐるとまず目に入るのが煙がもくもく出ている大きな器のようなもの。この煙をかぶったり、体の悪いところにあてると病気や怪我がよくなるというやつです。

さすがにお正月の混雑なのでちょっと人だかりができてましたが、待ってればすぐに順番がまわってきます。

頭とか顔とか、とにかく良くなったらいいなぁというところにいっぱい煙をかけておきました。ご利益ありますように。

そこを越えるともう本堂です。本当にこじんまり。

本堂に上がる時も人はいますがすいすい流れるのであっという間に1番前まで行けますよ。ここでお賽銭を入れてお祈りです。

お祈りが終わったらその流れでお守りや、とげぬき地蔵の名前の由来にもなったお御影を買ったりできます。一年の初めなのでおみくじ売り場には列ができてますがここも待ち時間は10分くらいです。

巣鴨とげぬき地蔵の洗い観音の混雑状況

さて、ここまではそれほど混雑の大変さを感じることなくやってきましたが、境内で唯一、長蛇の列ができているのがあの有名な洗い観音です。

観音様に水をかけて、病気や怪我など自分の体の気になる部分と同じ場所を洗うと悪いところが良くなるといわれています。

ここは本当に人気で、なんでもない平日の日でも行列ができていて1時間くらい待ったりします。寒空の下ですがいつもおじいちゃんおばあちゃんでいっぱいです。

それがお正月ともなれば混雑は必至、1時間ですめばいいですがお昼ごろから夕方にかけての混みあう時間だと2時間くらい待ちます。

洗い観音を待つために並ぶ場所は日陰になる時間帯も多いので、高齢の方と行くときはとにかくあたたかい装いで行ったほうがいいです。ちなみに、地蔵通り商店街も道の両側に建物があるので日陰になることが多いです。

真冬に外で2時間待ちは体にこたえるなぁという人は朝ちょっと早めの時間に行くのがおすすめですよ。

洗い観音がある高岩寺の境内は24時間いつでも入れるので、実は洗おうと思えば夜中でも洗えます。さらに本堂は朝の6時から開いてるので早朝ならおまいりもできちゃいます。この時間はさすがに洗い観音もガラガラです。

まぁ近所でないとこんなに早くからはこられませんが、お昼前から15時くらいは特に込み合うのでそれより早くいけると待ち時間が短いですよ。

ちなみに、巣鴨の洗い観音は昔はたわしで洗ってましたが今はたわし禁止です。タオルや手ぬぐいを持参するか、お寺の横のお線香屋さんなどで洗い観音用のタオルが100円くらいで売られてます。


スポンサードリンク

巣鴨とげぬき地蔵の縁日や商店街の様子

そんなわけで、元日の巣鴨地蔵通りととげぬき地蔵は人出も多くとても賑わってます。

とは言っても、明治神宮や東京大神宮のような身動きが取れないほどの大混雑にはならないです。活気があっていいなぁと余裕をもって楽しめるくらいなので安心してくださいね。

ふだんは年配の方が圧倒的に多いですがお正月は近隣に住んでいる人たちも初詣に訪れるので家族連れや若いカップル、子どもたちも結構います。

で、だいたいみんなお参りしてランチを食べたり、甘味どころで一息ついたりというプランの人が多いのでお昼前あたりから15時くらいまでが混雑のピークです。

それ以降、夕方になるにつれて人が減っていきます。冷え込むし日が暮れるのも早いですからね。

さらに、巣鴨地蔵通り商店街はお店が閉まるのも早いんですよ笑

だいたいどこのお店も営業時間が夕方の18時前後までです。早いと17時にしまっちゃうお店もあります。高岩寺も縁日の日は夜20時まで本堂が開いてますが、通常の参拝時間は17時までです。

あと、巣鴨とげぬき地蔵の特徴といえば4のつく日の縁日です。

ふつう、初詣といえば三が日がメインで4日になると人が減り始めるというのが一般的なんですが、巣鴨に限ってはその逆です。

巣鴨は毎月4がつく日に縁日が行われていて、中でも1月4日は月初め、さらに年初めの4の日で初縁日とか初地蔵とか呼ばれてそれはもう大変こみ合います。

なので、年末年始にかけて境内や商店街に並ぶ屋台も4日まではしっかり楽しめますよ。

屋台は大晦日の日からちらほら出始めて、元日の朝3時くらいまでやってます。でもやっぱり巣鴨の初詣のメインは日中なので元旦の朝からいっきに屋台の数が増えます。

で、4日の縁日をピークに数が減るので屋台を楽しみたい人はそれまでに初詣に行くのがいいですね。

巣鴨とげぬき地蔵の初詣まとめ

巣鴨地蔵通りのお正月は活気や賑わいは十分かじられますが、おじいちゃんおばあちゃんに人気の街だけあってゆったりのんびり感を残した程よい混雑です。

ただ、洗い観音と、商店街の人気のお店は大混雑なのでコレ!というお目当てがある場合は多少並ぶことを覚悟していったほうがいいですよ。

風邪などひかないように暖かい服装でおでかけください♪

巣鴨とげ抜き地蔵の基本情報はこちら⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, ,