健康

加湿器病の原因や症状と予防法!加湿器の正しい選び方を紹介

加湿器病 原因 症状 予防

秋から冬にかけて女子の暮らしに欠かせない加湿器ですが、健康や美容のためにと設置した加湿器が実は病気の原因になっていたりして・・・

そんな残念な事態を避けるために加湿器病の基本を知っておきましょう。

原因や症状、加湿器病にならないための対策や賢く正しい加湿器の選び方を紹介します。

スポンサードリンク
  

加湿器病の原因はこれ!

加湿器病ってあんまり耳慣れない言葉ですよね。私も初めて聞いたときは何それ?って感じだったし、健康ブームの昨今でもそんなに取り上げられていない名前かもです。

でも、実は知らないうちに加湿器病になっていたり症状が出ている人は結構いたりして、知る人ぞ知る秋冬の疾患として広がりを見せているんですよ。

そもそも加湿器病とはなんなのか?

加湿器病というのはその名のとおり加湿器を使用することで引き起こされる体の不調のことを言います。

その主な原因になるのが加湿器の中で増殖した雑菌やカビです。

加湿器に水を入れると空気中にいる菌が少しずつ増殖を始めます。それが約12時間を過ぎたあたりからいっきに急増して健康に害があるほどになるんですね。

加湿器の掃除など手入れをきちんとしていないと加湿機内にカビが生えることもあり、それも原因の一つとされています。

菌の増殖やカビの発生は殺菌処理などをされた水道水を使っても、体に優しいミネラルウォーターなどを使っても関係なく、同じ水を加湿器内に入れ続ければ起こります。

また、数ある加湿器の中でも超音波式の加湿器が原因になることが多いです。

というのも、超音波式加湿器は微細な水の粒を飛ばして加湿するためです。

超音波式加湿器ではごくごく小さな水滴を飛ばすことで加湿を行っています。人の目には気体のように見えるんですが実はものすごーく小さな水滴なんですね。

で、その水滴の中にたくさんの菌が入っていればそのまま菌も一緒に部屋中に運ばれてしまうことから超音波式加湿器は加湿器病を引き起こすことが多い加湿器とされています。

加湿器本体やタンク、水が汚れていると加湿器を使うことで菌がいっしょに放出されてしまうということなんですね。

美容健康のためにと設置した加湿器がまさか体調不良の原因とはなかなか思わないですよね。

加湿器病の症状

しかも、加湿器病の症状ってすごくまぎらわしいんですよ。

加湿機病の主な症状は咳や発熱、悪寒、全身の倦怠感など風邪の症状とよく似ています。なので、加湿器病とは気付かずにすごしてしまうという人も多いんですね。

でも加湿器病は風邪とは違い、加湿器から放出された菌やカビなどを長い間吸い込み続けることで起こるアレルギーの1つです。

加湿器病というとなんだか軽い響きですが、正確には過敏性肺臓炎などと呼ばれる肺の病気になります。

加湿器から離れたり、加湿器を使うのをやめればたいていの場合は風邪のような症状でおさまる事が多いです。

でも、原因に気付かずに症状が重症化してしまうと食物アレルギーなどと同じで器官が腫れあがったり呼吸困難を引き起こしてしまうことがまれにあります。

なので、体調不良の原因が何なのかきちんと突き止めることが大事になります。

1週間経っても症状が良くならない場合や、外出時には起こらないけど帰宅すると症状が出るといった場合は加湿器病も疑いの一つと考えられます。


スポンサードリンク

加湿器病を予防するには

加湿器病を予防するにはまず加湿器を清潔に保つことが何より大事になります。

定期的に加湿器の中を掃除しカビが生えないように注意しましょう。

また、容量の大きい加湿器の場合、一度で水を使い切れないこともあります。でも水を入れてから12時間以上経っている場合は菌の増殖が進んでいるので一度水を捨てて入れ替えたほうが安心です。

これから加湿器を買うのであれば加湿器の選び方も加湿器病予防のポイントになります。

まず加湿器病予防に一番効果があるのがスチーム式の加湿器です。

スチーム式は水を加熱して蒸気を放出することで加湿をするタイプで、水が蒸気になるときにほとんどの菌は死滅します。なのでスチーム式の加湿器では加湿器病になることはほとんどありません。

蒸気の噴出口が熱くやけどの心配があるのでスチーム式を避ける人も多いですが衛生面ではとても優れているんですよね。

次に最近人気のハイブリッド式です。

ハイブリッド式の加湿器は水分を含んだフィルターに温風を当てることで加湿をするタイプです。温風を当てることによって雑菌は死滅するし、フィルター自体も抗菌作用が施されたものが多いです。

ただ、フィルターの抗菌作用が切れたり、加湿器の構造によっては内部にカビが発生する場合もあるのでやっぱり清潔に保つ心がけは必要です。

また、フィルターに風を当てるタイプでも温風ではなくただの風を当てるだけの気化式の加湿器は熱を加えないので超音波式と同じで加湿器病を引き起こす可能性が高くなります。

超音波式や気化式の加湿器の場合、加湿器に使う水自体に殺菌成分のある薬を入れるということもできますが、その場合、その成分も一緒に水滴となって放出されてしまうので、それを吸い込めば体内に取り込んでしまうことになるのでおすすめできません。

やっぱり手間はかかりますが、定期的な掃除と水の入れ替えが加湿器病には一番の予防になります。

加湿器病の原因や症状と予防法まとめ

基本的にはどのタイプの加湿器を使っていてもちゃんとお手入れをして清潔に保っていれば加湿器病は防げます。

もし、長いこと咳が出続けるなど加湿器病かな?と思う症状がある時は一度加湿器の使用を控えてみましょう。

原因がわかってきちんと対処すれば急性の加湿器病はすぐよくなるので心配しないでくださいね。

働く女子必見!
オフィスの乾燥対策!冬に役立つデスクで加湿する方法⇒

スポンサードリンク

-健康
-, ,