行事・イベント

鏡餅の由来は?いつまでに飾るのかや食べ方などを紹介

お正月前になると家の中に飾られる鏡餅、
年末年始の雰囲気を感じる風景の一つですよね。

ところが、いざ自分で鏡餅を飾ろうと思うと
わからないことがたくさんあります。

そもそもなんで鏡餅を飾るのか、
いつまでに飾ればいいのか、
いつまで飾っておいてどうやって食べるのか。

そんな鏡餅に関する疑問にお答えします。

スポンサードリンク
  

鏡餅の由来、なんで飾るの?

鏡餅はお正月飾りの一つで年神様へのお供え物です。

なぜ「鏡餅」と呼ばれるかというと
その形が昔の鏡の形に似ているからです。
昔の鏡は青銅製の丸型で神事の時に使われていました。

三種の神器の一つである八咫鏡(やたのかがみ)を
形どったものとも言われています。

また、餅の上にのせられるみかんですが、
本来は橙(だいだい)が使われていました。

木から落ちずに大きく実が育つことにあやかって、
代々家が大きく栄えるようにと願った縁起物です。

古くは平安時代には存在していて、
今のように家々に飾られるようになったのは
室町時代あたり頃からのようです。

鏡餅はいつまでに飾るのがいい?

12月の早いうちから飾り始めてもいいですが、
末広がりで縁起がいいと言われる「八」がつく
12月28日に飾るのが一般的です。

29日は日本では「九」が苦しむを連想させるので避けます。

30日はきりの良い数字なので悪くないようです。

31日に飾るのは「一夜飾り」と言って
誠意に欠けるということで避けられています。

さらに、神様は12月29日に家にやってくるそうなので
やは28日までに飾っておくのがいいようですよ。

飾り方は平たい丸型の餅を二段に重ね、
その上に橙を載せるのが一般的です。

最近では餅つきをする家はあまりないですし
長持ちするようにプラスチックで包装された餅が
スーパーマーケットで売られていますね。

スポンサードリンク

さらに、鏡餅型のプラスチック容器の中に
個包装になったお餅が入っているものもあります。

すごいものだと、橙の代わりに
オレンジ色のピンポン玉のような物がついてきたりします。
これはちょっと味気ないですよね。

わが家ではプラスチックで包装されたお餅の上に
生のみかんをのせて飾っていますよ。

餅に紅白の色がついていたり、
二段重ねでなくとぐろを巻いた蛇に見立てたり
地方によって飾り方には違いがあります。

神様へのお供え物として飾る場所は
床の間や神棚、仏壇などがいいです。

床の間がない場合は玄関から遠い奥まったところや、
家族が集まるリビングなどに飾りましょう。

神様にお供えするものなので
テレビの近くの騒がしい場所や
低い場所に置くのは避けたほうがいいようです。

鏡餅はいつまで飾る?食べ方は?

1月11日が「鏡開き」です。
この日に飾っておいたお餅を下げて食べます。

「鏡開き」」とは鏡が円満を、
開くが末広がりを意味する縁起のいい言葉です。

鏡開きではお餅を木槌や手で
細かく食べやすい大きさに分けていきます。
刃物を使うのは切腹を連想させるので避けるようです。

生のお餅を飾っていた場合、
正月中飾られていた餅は固くなっているので
お汁粉やお雑煮にして食べるのが一般的です。

最近はプラスチックで包装されたものが多いので
必ずしもそうしなくても大丈夫ですが
習慣としては汁ものに入れるのがいいですね。

まとめ

由来や意味がわかると
ただ飾っておくだけとは気持ちが変わりますよね。

新年のはじめに神様へのお供え物で気持ちを一新し、
お汁粉を食べながら家族で集う時間もいいものです。

一人暮らしやご夫婦だけで暮らす家ですと
お正月飾りや習慣がどんどん簡素になっていきますが
鏡餅は簡単に用意できるので供えやすいです。

今年はぜひ日本のお正月文化として
鏡餅を飾ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-行事・イベント
-