行事・イベント

七草粥の炊飯器を使った簡単レシピ!アレンジや残りの七草の活用法も

2017/12/01

nanakusagayu2

お正月に食べる七草粥ってどうやって作るの?
年に一度しか食べないし作り方もよくわかりませんよね。

そもそもふだんお粥を作る機会がないと
鍋や土鍋を使ったお粥の作り方自体わからないですし。

そこで、炊飯器を使って簡単にできる七草粥のレシピと
悩まれる方が多い七草の味をなんとかするアレンジや
残ってしまった七草を使ったレシピなどをご紹介します。

スポンサードリンク
  

七草粥の炊飯器を使った簡単な作り方

七草粥は鍋や土鍋を使わなくても炊飯器でとっても簡単に作れます。

まず、七草粥を食べる前の日の夜に
炊飯器にお米とお粥を作る分量の水を入れます。

さらに、すずなとすずしろの白い部分、
ダイコンやカブのように見えるところを
薄切りか細かく刻んで炊飯器に加えます。

お粥モードでタイマーをセットして
翌朝炊けるようにしておきます。

朝、残りの七草を水洗いし細かく刻んだら
炊き上がったお粥の中に混ぜて
味付けとして塩を加えます。

ひと混ぜして少し蒸らせば
朝加えた七草にも熱が通って完成です。

どうですか?簡単ですよね。

七草粥の味が苦手!アレンジレシピ

多くの人が悩むのが七草粥の味ですよね。
七草の青っぽさが強くてクセがあるので食べにくいですし
旦那さんやお子さんが嫌がって食べないということもしばしば。

食事か質素だった大昔ならいざ知らず、
食糧事情の整った現代の日本人の口には
七草粥はあまりおしいものではないかもしれません。

「良薬は口に苦し」なんて言いますけど、
せっかく健康を祈願して食べるならおいしくいただきたいですよね。
そこで、七草粥の独特の味を和らげるアレンジレシピを紹介します。

まずはなるべくオーソドックスな七草粥に近い形で食べたいという場合、
そういう方には七草を茹でるのではなく
油でサッと揚げてからお粥に混ぜるのがおすすめです。

七草の臭みがなくなりますよ。

七草の風味を活かしながらも
もう少しおいしくいただきたいという場合は
調味料や他の具材とあえるといいですよ。

スポンサードリンク

例えば茹でて細かく刻んだ七草に
ごま油と醤油、かつおぶしをあえたものをお粥にトッピングします。
ごま油の香りが食欲をそそりますよ。

お粥をだし汁で作りそこに七草と具材をトッピングしても
お茶づけや雑炊のようにおいしくいただけます。

かならアレンジするなら洋風スープとチーズを加えて
リゾット風にしてみたりするのもありですね。

七草粥の独特の味は七草の臭みと
シンプルな塩だけの味つけが大きく影響しています。

七草自体の臭みを消すか、
それを活かしつつ他の味付けを加えることで
七草粥の味はかなりおいしくなりますよ。

七草粥に使った七草の残りどうする?

七草粥のために七草がセットになったパックなどを買うと
食べる人数が少ないと結構残ってしまったりしますよね。

せっかく買ったのに捨てるのはもったいないし、
だからと言ってお粥ばかりでも飽きてしまう。

そんな時には七草を全く違った料理に活用しちゃいましょう。

七草そのものを味わいたいなら七草の天ぷらなんてどうでしょう。
アクが強い食材でも天ぷらにするとおいしいです。
山菜の天ぷらのようでお粥とは違った味を楽しめますよ。

パスタなんかも作れます。

細かく刻んだ七草をガーリックオイルであえて
茹でたパスタと粉チーズを混ぜるだけ。
作り方も簡単ですしおすすめです。

七草をそれぞれにわけて使ってもいいですね。

すずなやすずしろなど味に風味がでやすいものは
細かく刻んでギョウザやパスタなど
料理のアクセントとして使うといいです。

クセのないものはレタスなどと合わせてサラダに混ぜても
おいしくいただけますよ。

まとめ

体にいいとは言ってもわざわざ手間をかけて
おいしくないものを無理して食べるのは嫌ですよね。

炊飯器を使えばオーソドックスな七草粥は
とっても簡単に作れるので
面倒な人はぜひ試してみてください。

七草の味が苦手な人はちょっとした工夫で
おいしく食べられるようになりますよ。

かたちにとらわれ過ぎずに
おいしく楽しく七草粥をいただきましょう。

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, ,