行事・イベント

結婚式で振袖は何歳まで着られる?30代の着物の選び方と準備

結婚式 着物 選び方 30代

結婚式でみんながかわいらしいドレスを着る中、ひとり颯爽と着物で参列するととても目をひくし印象的ですよね。

和装だと日本女性ならではのつつましさや上品さが漂うし、どことなく女の色気もにじみ出るので大人の女性にはぴったりのおしゃれです。

でも、ふだん着物を着ない人にとっては着る以前に選ぶのもなかなか難しいもの、そこで結婚式に着ていく着物の選び方や気をつけることなど30代女子が覚えておきたいマナーを紹介します。

スポンサードリンク
  

結婚式で振袖は何歳まで着られる?

結婚式など晴れの日の女性の着物といえばなんといっても振袖ですよね。ゴージャスで華やかでこれを着とけば間違いなし!の一品です。

が、30代女子として気になるのは振袖っていったいいくつまで着ていいのか?ということ。振袖って若い女の子が着るイメージがありますよね。

まず、振袖の絶対的なルールとして、振袖を着られるのは未婚の女性だけです。これは絶対。

もともと振袖は10代から20代前半にかけての女の子が大事なお祝いや儀式の時に着るものだったからです。

じゃあ20代後半以降は振袖を着ちゃいけないの?と言われると実はそんなこともありません。

若い女の子のためのものという印象が強い振袖ですが、未婚既婚の区別はあるものの振袖を着ていいとされる歳に明確な年齢制限というものはないんですね。

ここが悩ましいところでもあるのですが笑

最近は働く女性も多いし、30代でシングルなんてふつうですよね。そんなこともあって30代前半くらいなら振袖を着てもいい、という雰囲気も出てきています。

とはいうものの、やっぱり着る本人からすると30代で振袖はためらわれるなぁ、という感覚も強いので30歳をすぎたあたりから未婚でも振袖ではなく訪問着などの着物にする人が多いです。

また、もし30代で振袖を着る場合は派手すぎず、印象として若すぎないものが選ばれています。

さすがに10代の頃や成人式のためにあつらえた振袖だと印象が若すぎて大人の女性にはあわないです。これはつまり、痛い・・・というやつですね。

せっかくのおしゃれなのにそんな風に思われたら残念すぎますから!

30代で振袖を着るならその年頃にあったちょっと落ち着いた品のある色や柄のもを選ぶと失敗しないですよ。

30代女性の結婚式の着物の選び方

さて、振袖を着ないとなると既婚女性や30代の女性は結婚式でどんな着物を選んだらいいのか?

選択肢としては3つです。

まず一番間違いがないのが黒留袖。よく新郎新婦のお母さんが着ている着物です。黒留袖は礼装なので格式が高く、結婚式など儀式の場などでよく着られます。

でも黒はちょっと地味でいやだなぁという人には色留袖というのもありますよ。その名のとおり、色のある生地でつくった留袖です。

色留袖の場合、入っている紋の数で格式が変わります。五つ紋が一番格式が高く黒留袖と同等くらいです。

兄弟姉妹など近い身内の結婚式の時は母親だけでなく姉や妹も留袖を選ぶことが多いですよ。

で、いとこや友人の結婚式のゲストとして参列するなら一つ紋の色留袖や訪問着の着物でも大丈夫です。

でも、ふだん着物を着ない人にとっては留袖やら訪問着やらなんのこっちゃ?って感じですよね。私もはじめそうでした笑

特に色留袖と訪問着、似てるようだけど何が違うんだろう?と。

簡単に言うと、色留袖は黒以外の色で上半身は無地で裾に柄が入っている着物です。一方、訪問着は肩から裾にかけて流れるようにつながった模様が入っている着物のことを言います。

イメージとしてはこんな感じです。

●色留袖

●訪問着

こうやって見てみると確かに色留袖のほうが上品でフォーマルな印象がありますよね。

着物の場合、ドレスと違って色の決まり事は特にありません。

色留袖や訪問着は黒留袖と違って色合いで雰囲気を変えられるので選ぶのも楽しいです。

30代であればあまり落ち着いた地味な色よりも、サーモンピンクや明るいグリーンなどが華やかで優しい印象になります。柔らかい黄色やオレンジなどもお顔うつりがよくなるのでおすすめです。


スポンサードリンク

結婚式の着物を準備する時に気をつけること

最後に結婚式に着ていく着物を準備する時に気をつけたいことをいくつか紹介します。

手持ちの着物を着たい

中には自分の着物を持っていてそれを着ていきたい、という方もいると思います。

そんな時に気をつけたいのが色や柄です。

結婚式で着る着物であれば基本は紋付の無地がいいと言われています。なので、着物全体に同じ模様が描かれているような小紋の着物などは結婚式にはよくありません。

小紋の着物はかわいらしくてお稽古事やお出かけの時に着るなら華やかでいいんですが、少しカジュアルな印象になるので結婚式では控えましょう。

また、色に特に決まりはないのですが渋めの色の無地の着物は注意が必要です。

というのも、色無地の着物は地味な印象になるのでうまく着こなさないと旅館や料亭の女中さんのような見えてしまうことがあるからです。

そうならないためには、礼装用の帯や帯締め、衿を使うことで華やかさやきっちり感を出すといいですよ。

着方も印象を左右します。着方が美しくなかったり着崩れたりしているとそれこそお店のスタッフのようになっちゃいます。

自分で着物を着られる人でもプロに着付けてもらったほうがピシッときれいに決まるので、結婚式などフォーマルな場に行く日は着付けてもらうのもありですね。

小さな子どもがいるけど着物を着たい

ふだんから和装する機会がある人にとってはヒールにドレスよりも着物のほうが動きやすく、子連れでも安心、という場合もあります。

着崩れに関しては自分できっちり着られるか、プロに着付けをお願いすれば動き回ってもそう簡単に着崩れるということはないです。

ただ心配なのは着物を汚してしまうことです。

2歳、3歳くらいの幼児は食べ物を散らかしたり手で掴んでしまったり、食べ物やよだれでドロドロの手でさわられてしまったり、といろいろありますよね笑

ふだんなら、小さな子どもだからしょうがないわぁと気にもかけないことですが着物となると話は別です。

自前でもレンタルでも着物ってそれ自体が高級品だし、汚してしまった場合のクリーニング代もバカになりません。

なので、小さな子連れで参列する場合は旦那さんとかお母さんとか、周りの人が積極的に子守をしてくれるなら和装もありかなと思います。

まぁ身内の結婚式の場合、お母さんは子守どころじゃないと思うので、実質、旦那さん頼りですね笑

自前よりもレンタルが楽で安心

せっかくだしこの機会に黒留袖を新調しようかな?という人もいるかもです。

が、黒留袖って実はあんまり着る機会がないんですよね。兄弟や親戚の結婚式で着よう♪と思ってもなかなか結婚しなかったり、いとこだとお式に呼ばれないこともありますしね。

なので、黒留袖は絶対にレンタルのほうがおすすめです。

で、色留袖や訪問着はどうかというと、ふだんから和装する予定があるなら一枚持っていてもいいかもです。

ただ、柄や色合いも年代によって似合う似合わないがあるし、安い買い物ではないのでやっぱりレンタルのほうが便利だしその時の自分にあったものが用意できます。

レンタルする場合は日取りが決まったら早めにお願いしておいたほうが安心です。6月や秋のブライダルシーズンはレンタル着物も人気なので気に入った着物が見つかっても借りられないことがあります。

着物のルールを事前に確認しておく

和装っていろいろ細かい決まりごとがあるし、ふだん着物を着ない人にとっては本当に未知の世界ですよね。着付けはもちろん、振る舞いや所作にも決まりごとがあります。

着物に詳しい人から見るとそういう部分が守られていない着方ってすごく目に付いちゃうものなんですよね。

なので、これくらい大丈夫かな?というちょっとしたことでも、気にする人は気にするし、「結婚式なのにあんなもの着てきて!」と目くじらを立てる人がいることもあります。

地域や結婚式の規模、会場、参列する人などによって許容範囲はかわるので絶対完璧じゃないといけない!とは言い切れませんが、和装に馴染みがないのであれば当日までに一度和装のマナーに目をとしておくと安心です。

また、心配な人は自分でバラバラとそろえるよりも結婚式用にセットになったものを一式レンタルしてしまったほうが楽だし安心ですよ。

結婚式での30代の着物の選び方まとめ

着慣れないと最初はなにかと大変な着物ですが、きれいに着こなせれば会場に華を添えられる美しい装いです。

20代のキラキラフリフリのドレスを卒業して、30代の大人になったからこそ着たいおしゃれ着でもありますしね。

大人の女性として素敵な装いで出席できるといいですね。

結婚式の服装についてはこちらも参考にどうぞ♪

やっぱりドレスにしようかな?という知らないと損するマナー
結婚式の服装のマナーで30代女性のルール違反にならない装いはこれ!⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-,