生活

台風の窓への対策で補強や割れた時の応急処置の方法はこれ!

ƒ台風 窓 対策ƒŠƒ
強い台風だと強風で窓がガタガタいったり雨や風が打ちつけたり、窓ガラスが割れないか心配になりますよね。万が一、台風の最中に窓ガラスが割れたら一大事です。

でも日常のことじゃないので窓の対策ってどうすればいいのか悩みますよね。台風で窓ガラスが割れるのを防ぐにはどうする?ガムテープを貼るのは効果があるのか?もし窓が割れたらどうすればいい?など悩みはつきません。

そこで台風に備えて窓への被害を抑える方法をまとめました。

台風対策で家や備えの食料など台風が来る前に備えることリスト⇒
台風による浸水の東京での対策とおすすめグッズはこれ!⇒
非常用持ち出し袋の女性用の中身と重さやおしゃれなものを紹介⇒

スポンサードリンク
  

台風の窓への対策でガラスが割れないようにするには

台風による窓ガラスへの被害が心配なときにできる対策は外側と内側からの2通りあります。

窓の外側の対策

まず、窓自体に雨戸やシャッターがついている場合はこれを閉めることが何よりの対策です。

台風が近づいている時は昼間でも風が強くなる前に閉めておきましょう。

次に窓の近くにある風で飛ばされそうなものを片付けることです。

台風の風による窓への被害ですが、風が吹き付けただけで窓ガラスが割れるということはまずありません。

ほとんどの場合、風によって飛ばされた物が窓に当たってしまうのが窓が割れてしまう原因です。

なので、庭やベランダなどで飛びそうなものを家の中に入れておいたり、しまえないものはロープなどでしっかりと固定するというのも窓の被害を抑える対策になります。

ちなみに、本当に勢力の強い台風がくるという時に、窓の外側にベニヤ板を貼り付けて飛来物から窓を守るという方法もあります。

ただ、ベニヤ板を貼る場合は釘で打ち付けないといけないので賃貸だと難しいですね。

ベニヤ板はテープで貼るくらいでは台風の雨風ではがれてしまって意味がありません。さらに、強風にあおられてそのベニヤ板が飛ばされたら更なる被害がでる可能性があります。

マンションの場合、ベニヤ板が階下に落ちてそこに人がいたり、何かを壊してしまったら大変です。

窓の内側の対策

次に窓の内側からの台風対策ですが、こちらは窓ガラスが割れるのを防ぐというよりは窓が割れたときの被害を抑える対策がメインになります。

まずよく言われているのがガムテープなどを窓ガラスに貼る方法です。万が一、窓ガラスが割れてしまったときにガラスが飛び散るのを抑えることができます。

もしテープ類が何もない時はサランラップを貼っておくだけでも、ガラスの飛散を多少おさえられますよ。

ガラスの飛散を完全に防ぎたいというのであれば窓の大きさにあわせたダンボールをはって窓を塞いでしまうという方法もあります。

ただ、あまり見栄えが良くないし、いちいち準備するのも結構大変ですよね。

そんな時はこういったフィルムを貼るというのもおすすめです。

飛散防止フィルム 防災 UVカット フィルム GS50(ロール巾1524mm)飛散防止シート ガラス飛散防止フィルム 窓 飛散防止 ガラスフィルム 窓フィルム 地震 食器棚 窓ガラス マンション ガラス 飛散 防止 フィルム DIY 保育園 オーダーカット

水でくっつく薄い透明のフィルムなんですが、これを一枚貼るだけで窓ガラスが割れた時に飛び散るのを完璧に防いでくれます。

透明で窓の大きさに合わせて貼ればふだんから窓に貼っていても違和感がないので台風のたびに準備するという手間も省ける便利な品です。

そして最後に、対策に必要な道具が何もないという場合はカーテンを必ず閉めておきましょう。

それだけでもガラスの飛散を最小限に抑えることができますよ。

台風で窓ガラスを補強するのにガムテープは効果があるのか?

台風での窓ガラスの内側からの対策で一番ポピュラーなガムテープを貼るという方法ですが、果たして本当に効果があるのか気になるところです。しかも、はがす時きれいにはがれなかったら嫌だなと思いますよね。

そこでちょっとくわしく紹介します。

ガムテープの補強効果

まず、補強効果があるのかという点です。

窓ガラスの広い面の中で真ん中は一番強度が落ちるのでガムテープを貼るときはまず窓の対角つなぐようにクロスで貼り、さらに十字で貼るようにします。

こうすることで真ん中部分が一番厚くなるのでほんのわずかに、気持ち程度、強度のアップにつながります。

が、さっき言ったように窓ガラスが割れる主な原因は飛んできた物が窓に当たることなので、もし何かが窓に直撃したら窓ガラスは割れます。

窓ガラスは割れますが、ガムテープを貼っていればその割れたガラスが勢いよく部屋の中に飛び散るのは防げますよ。

ガムテープをきれいにはがす方法

そして何事もなく台風が過ぎ去ったらガムテープをはがすわけですが、これが一苦労です。

すぐにはがせば跡も残らずきれいにはがせる場合もあります。

でも、面倒で日をおいてしまったり、無理にはがそうとして失敗するとものすごく汚くて落とすのも面倒な状態になっちゃうんですよね。

窓に貼るガムテープの種類

こうならないために、まずは貼るテープの種類を考えましょう。

私の経験からいうと、紙のガムテープより布テープのほうが跡が残りにくいです。粘着力が強いのでところどころベタ付が残ることはありますがガムテープのようにシールのはがし跡のようにはなりません。

あと、もっといいのが養生テープです。引越しなどの時に使う緑色のテープで、これは跡を残さずはがせるようにできているのでおすすめです。

窓についたガムテープの跡を落とす方法

これはシールのはがし跡を落とすのと同じです。

まず、糊を溶かすための材料を用意します。

市販のシールはがし用のスプレー、食器用中性洗剤、油、クリーム、マニキュアの除光液などですね。油を落とすものか、油を含んだものでこびりついた糊をふやかします。

で、これらをかける前に汚れをドライヤーで温めると効果的です。

わりと長い時間ドライヤーの温風を窓に吹きかけてもドライヤーの熱くらいでは窓は溶けないので安心してください。

温めたところに何かしらの溶剤をかけ糊を柔らかくしたらそれを削り落としていきます。

削る時に使う道具は三枚刃や一枚刃のかみそり、なければ定規やカッターでも大丈夫です。

刃がついているものの方が糊を削りやすいので窓ガラスに傷がつきにくいです。使うときは道具を少し寝かせるといいですよ。

あとは糊をふやかしては削るの繰り返しです。結構地道な作業ですが、これはもう頑張るしかありません。


スポンサードリンク

窓が割れたときの応急処置

台風の真っ只中に窓ガラスが割れてしまったらガラスが飛び散るのも心配ですが、その後、雨や風が吹き込んできて大変ですよね。

そんな万が一に備えて窓を塞ぐものを用意しておくと安心です。

窓ガラスが割れてしまったらブルーシートやダンボール、ベニヤ板で窓全体を塞ぎましょう。穴が開いたところだけではなく、穴があいたガラス一面を覆える大きさのほうがいいです。

もしまだ割れてなくてもガラスにひびが入っているならその段階で塞いでしまったほうが安全ですよ。

ちなみに、もし賃貸住宅の場合は余裕があれば塞ぐ前に写真を撮っておきましょう。

台風後に窓の修理について大家さんと話すときに必要になります。

台風での被害について賃貸契約書に細かく記載があることもありますが、なければ修理費用については大家さんと話し合いになります。

なので、台風の被害で割れたということがわかるようにできれば日付入りで撮影するのがおすすめです。

台風が過ぎ去ったら大家さんか管理会社にすぐに連絡しましょう。時間が経つと自分で割ったと疑われたりして台風被害と認めてもらえなくなることもあるので気をつけてくださいね。

台風の窓への対策まとめ

窓ガラスを割れないようにするにはシャッターで守ったり、板を貼るのが一番ですが東京の賃貸マンションだとなかなか対策が難しいです。そうなると準備や片付けの手間も考えて、ガラスフィルムを貼るというのが怪我なく安全に過ごすためのベストな方法になります。

多少お金はかかりますが、台風の中で大慌てすることを考えると安い買い物かなと思いました。

最近は異常気象など台風の勢力も強いので、他にも備えに役立つ情報としてこちらもあわせて参考にしてみてくださいね。

台風対策で家や備えの食料など台風が来る前に備えることリスト⇒
台風による浸水の東京での対策とおすすめグッズはこれ!⇒
非常用持ち出し袋の女性用の中身と重さやおしゃれなものを紹介⇒

スポンサードリンク

-生活
-,