おでかけ

よみうりランドのグッジョバの混雑やワークショップの感想!

2017/11/02

yomiurirando-gujjoba-konzatu
よみうりランドのグッジョバができて1年以上経ちますが今でも時どき話題になるくらい人気のアトラクションですよね。

UFO焼きそばでお馴染みの日清をはじめ有名企業とコラボレーションしているだけあって子どもはもちろん、大人も興味をそそられます。

そんな人気のアトラクションなだけに気になるのが行ってみた感想と混雑や待ち時間ですよね。そこで、よみうりランドグッジョバにまだ行ったことのない人の疑問にお答えします。

よみうりランドの夏休みの混雑や乗り物の待ち時間とレストラン情報⇒
イルミネーションのよみうりランドの料金と混雑、ドイツ村とどっちがいい?⇒
よみうりランドの基本情報とアクセス⇒

スポンサードリンク
  

よみうりランドのグッジョバの混雑状況

よみうりランドのグッジョバは今やよみうりランドの目玉アトラクションとして大人気です。なので、土日や大型連休に行く場合はそれなりの混雑は覚悟して行った方が良いですね。

ふだんの土日であれば午前中ならグッチョバも比較的空いています。でも午後になってくるとグッジョバ内のどの乗り物もおよそ30分、時によっては1時間以上、長いものだと2時間待ちというものでてきます。

また、グッジョバ!の中は4つのパートに分かれているんですが、各ファクトリーのメインアトラクションは基本的に混み合います。

日清ufoのコーナーのスプラッシュUFOやファッションファクトリーのスピンランウェイなどは1日を通して混んでいることが多いです。

普段の平日でもこのような状態なので夏休み昼夜特にお盆の期間はめちゃくちゃ混雑します。

グッジョバ!!のユーフォーエリアは長いと2~3時間待ちという日もあるくらいです。それ以外のアトラクションは長くても40分程度だと思いますよ。

夏休みなどよみうりランドを訪れる子供が増える時期にグッジョバの乗りたいアトラクションにちゃんと乗るためには開園直後にまっすぐお目当ての乗り物に向かうのがいいですよ。朝一であれば比較的空いています。

よみうりランドグッジョバのワークショップ

次にグッジョバで人気があるのが各ファクトリーのワークショップです。

グッジョバはものづくり体験をコンセプトに作られてるので、それぞれのエリアで自分で何かを作ることができるワークショップもよみうりランドが力を入れてるポイントです。

このワークショップに参加するためにはまず整理券が必要です。

例えばワークショップでダントツの一番人気といえばやっぱり自分だけのオリジナルのUFO焼きそばが作れるコーナー。

マイUFO作りはグッジョバ!の中でも、子供だけでなく大人も興味をそそられるコーナーですよね。

なのでやっぱりマイufoのコーナーはすごく混みます。

まずマイufoファクトリーの整理券を取ってからスプラッシュUFOなど他のアトラクションに乗るとスムーズに回れますよ。

それくらい混んでいてもやっぱりufo焼きそば作りって楽しいんですよね。

自分で書いたパッケージのカップ焼きそばができるのも嬉しいし、最後に 空気でパンパンにしたエアパッケージに入れて持ち帰れるんですが、これが何とも心惹かれるんですよね。

グッジョバ!!の中でもユーフォー焼きそば作りは大人でも熱中しちゃうこと間違いなしです。

ちなみに、セブンイレブンで買える前売り券の中には「ワークショップ日時指定付きワンデーパス」というのがあります。

ワークショップを時間指定で予約ができるので当日並ばなくて済みますよ。

もしやりたいワークショップが決まっているのであればこういったチケットを買っておいた方が良いですね。

セブンイレブンで購入できるのは一人各回10枚までです。


スポンサードリンク

よみうりランドグッジョバの感想

さてさて、よみうりランドのグッジョバを体験してみた全体的な感想です。

お金がかかる

まずちょっと難点としては、アトラクションごとに別料金でお金がかかっちゃうことです。

ワンデーパスで入場できるんですが、アトラクションによって1つずつ値段が違っていてその都度お金が出て行きます。

前売りのチケットによってはグッジョバのアトラクション付きワンデーパスと言うのもあるので、乗りたいものが決まっているときは合わせて買っておくと少しお得になりますよ。

日清UFO

グッチョバの中でも一番楽しかったのはやっぱりなんといってもufoのコーナーです。

マイufo作りのワークショップは先程お伝えした通り、大人も熱中してしまいます。

また大きなやかんがインパクト抜群のスプラッシュufoのアトラクション、これもなかなか面白いですよ。

水がかかるので夏場は涼めるアトラクションです。

まぁただ、スプラッシュUFOはかなり本格的に濡れます。上半身がちょっと濡れるという程度ではなくお尻までしっかり濡れちゃうレベルです。なのでスプラッシュufo乗り場には専用のカッパが1枚100円で売られていますよ。買いたくない人は使い捨てのカッパなど何か家から持っていきましょう。

ちなみに、水よけポンチョで洋服は守れても靴までは守れません。これ意外と靴がびしょびしょになっちゃうんですよね。

夏休みに行くならちょうど良いかもしれませんが、秋や冬など肌寒い季節には注意した方が良いですよ。

その他のファクトリー

大人が楽しめるのはUFOのあるフードファクトリーで、あとは子供向けという感じです。でも子どもが楽しめるポイントはいろいろあります。

カーファクトリーの一番の楽しみはevグランプリです。

本物の車の様な電動ゴーカートに乗って1100mのコースを走ります。これは本当に車を運転しているような気分になれるので子供はめちゃくちゃ楽しめます。

ただ料金が1000円というのがちょっと痛い。カーファクトリーの中では確実に人気の高いアトラクション何ですが、この料金の高さから混み具合はそこそこです。ある意味狙い目ですね。

次に文具ファクトリーです。

キャンパスチャレンジは15分交代ぐらいで遊べる屋内施設になります。3人一組でチームを作って大掛かりなゲームをクリアしながら進めるコーナーなんかもあるので、ちょっとバラエティ番組気分を味わえます。

小さい子供にはたまらなく楽しいコーナーです。

最後にファッションファクトリー。

ここには編み物が作れるゲームなどがあります。文具ファクトリーのゲームに比べると小さいものが多く、ゲームセンターの様な雰囲気です。

メインは小さい子ども

よみうりランドのグッジョバは全体的に自分の体を動かして楽しむというものが多いという印象でした。

UFOなど目玉のアクラアトラクション以外は子供向けという印象がありますが、ものづくりを学ぶという視点では楽しみながらいろんなことを体感できてとても良い機会になりますよ。

そういう意味でも、グッジョバは子供から大人まで楽しめますが、メインは小学校低学年以下という感じですね。

なので夏休みなど大型連休によみうりランドに行く時はグッジョバにも連れて行ってあげると子どもはとても喜ぶと思いますよ。

よみうりランドのグッジョバまとめ

よみうりランドのグッジョバは幼稚園や小学校低学年の子どもなら存分に

楽しめるアトラクションがいっぱいです。ただ人気の乗り物やワークショップはものすごく混み合うので朝一で行くか、時間指定できるチケットを活用するのがおすすめです。楽しい思い出ができるといいですね。

近ごろいろいろと話題で人気のよみうりランドですが、混雑状況が気になるシーズンはこちらも参考にどうぞ♪

夏休みはプールが人気だから実はねらい目!?
よみうりランドの夏休みの混雑や乗り物の待ち時間とレストラン情報⇒

冬のデートで都内最大級のイルミネーションを楽しむなら
イルミネーションのよみうりランドの料金と混雑、ドイツ村とどっちがいい?⇒

スポンサードリンク

-おでかけ
-,