健康

冬の風邪予防に効く食べ物!ビタミンや免疫力アップ、体を温める食事

日に日に肌寒くなり季節の変わり目ということもあって
体がだるい、風邪っぽいという人が増え始める時期。

毎年、冬になると繰り返し風邪をひいてしまったり、
一度ひいた風邪が治らず長引かせてしまったり。

簡単に仕事を休むこともできないですし、
家に帰れば火事に育児と
働く女性にとって風邪は本当に辛いですよね。

今年こそは風邪をひかずにすませたい!
そう願う人も多いはずです。

風邪ウィルスに負けないために
まずは毎日の食事を意識して強い体を作ることが大切、
そこで風邪予防に効果のある食べ物を紹介します。

スポンサードリンク
  

冬の風邪を予防してくれるビタミン

風邪予防に効果があるのはビタミンAとビタミンCです。

まずはビタミンA。
あまり聞きなれず、どんな食材を食べればいいのか
ぱっと思いつかない方も多いと思います。

ビタミンAは粘膜や皮膚を作る働きをする栄養素で、
粘膜の機能を高めることで
鼻や喉からの風邪ウィルスの侵入を防いでくれます。

どんな食材に含まれているかというと、
ホウレンソウやカボチャ、ニンジンなどの色の濃い緑黄色野菜。
また、乳製品やレバー、卵にも多く含まれています。

続いてビタミンC。

風邪予防で真っ先に思い浮かべますよね。
免疫力を高めて風邪を予防してくれますし、
万が一ひいてしまっても回復を早めてくれます。

ビタミンCはレモンやリンゴ、キウイなど
フルーツに多く含まれています。
冬ならみかんなんかもいいですね。

また、ジャガイモやサツマイモなどにも多く含まれてますよ。

ビタミンはサプリメントでも補えますが
やっぱり食材から取るのが一番です。

ビタミンCはフルーツなどを意識して食べるだけで
一日の摂取量を十分とれますよ。

一方、生野菜やフルーツは体を冷やす働きがあるので
食べ方にも気を付けるといいですね。

緑黄色野菜とイモ類を蒸したりボイルして
ドレッシングであえたサラダなど
熱を加えると冷えの予防になりますよ。

スポンサードリンク

風邪だけでなく美肌にも効くメニューです。

新鮮な野菜やフルーツで
体に必要なビタミンをしっかり補いましょう。

風邪予防に食べ物で免疫力を作り出す

体の免疫力に欠かせないのがタンパク質です。
人の免疫細胞はタンパク質からつくられています。

タンパク質には2つの種類があります。

肉や魚、卵などの動物性タンパク質と
納豆や豆腐などの大豆製品やごま、ナッツ類などの
植物性タンパク質です。

どちらか一方ではなく
両方をバランスよ取り入れるのがいいですよ。

肉の中でも豚肉や鶏肉は特に体の回復力を高めてくれます。

また、大豆製品は貧血やホルモンバランスを整えたりと
風邪だけでなく女性の悩みにも効果があるので積極的にとりたいですね。

風邪を予防するために食べ物で体を保温

免疫機能は体温が上がるとそれだけでグッと機能がアップします。
逆に体温が下がると急激に働きが鈍くなり風邪にかかりやすくなるのです。
そこで、寒い季節で冷え切った体を温める食事も風邪予防には最適。

食材としてはダイコンやレンコン、ゴボウといった根菜類。
土の下で育つ野菜には体を温める効果があるといわれています。

ショウガやネギ、ニラ、ニンニクといった薬味も効果的です。

食材を上手に取り入れながら
鍋やシチュー、ポトフなど体を温める調理法でいただくと
体温をあげる助けになりますよ。

薬味と他の風邪予防に効果のある食材を使えば
豚肉の生姜焼きやギョウザなどかなりメニューが豊富、
毎日の献立にも困りませんね。

まとめ

風邪に負けない強い体を作るには1日3食の
栄養バランスの整った食事を心がけることが大切。

その中で風邪予防に効く食材を積極的に取り入れることで
体の免疫機能を上げて風邪をひきにくい体を作ってくれます。

しかも風邪の予防だけでなく、続けることで
美肌や便秘改善など女子力アップも期待できちゃうのが嬉しいところ。

この冬は風邪一つひかない元気な体で過ごしたいですね。

スポンサードリンク

-健康
-