おでかけ

富士登山の女性の服装や初心者の靴選びのポイントと注意点

2018/07/23

hujitozan-josei-hukusou
富士登山に挑戦をすることが決まると大きなチャレンジを前にわくわくしますよね。私が富士山に登った時も人生最大の挑戦!という感じでテンション上がってました。

が、それと同時に初めての本格的な登山で服装や靴選びなど準備でたくさんの悩みがでてきました。

そこで、富士登山に必要な服装や靴などを私の経験もふまえて紹介します。

富士登山の持ち物リストと女性に役立つものはこれ!⇒

スポンサードリンク
  

富士登山の女性の服装

普段登山をしたことのない女性にとって富士登山でまず悩むのが服装ですよね。そこでまず富士山に登るのに必要な基本的な服装を紹介します。

●厚手の靴下

いきなり靴下?と思うかもしれませんが富士登山では登山時間がとても長いので足の状態を良く保つというのはとても大切なんです。

靴擦れをしないように厚手のしっかりとした靴下をはきましょう。歩いている途中で脱げないようにくるぶしソックスではなくすねぐらいまであるきちんとした靴下のほうがいいです。

登山用の靴下は本当に丈夫で長持ちするので靴下は買ってしまっても良いと思いますよ。予備も一足持っていくと安心です。

●下着

下着も直接肌に触れるし長い時間身につけていなければいけないので大事です。

ワイヤーの入った窮屈なブラジャーよりもスポーツブラなど動きやすく長時間身につけていても快適に動けるものがおすすめです。

汗をかくことが多いので下着も上下セットで予備を持っていくといいですよ。

●長袖シャツ

富士山は日陰がなく標高が上がるにつれてものすごく強い紫外線にさらされます。

なので半袖シャツで登山していると海などで日焼けした時のようにものすごい日焼けになってしまいます。

また転んだ時などに怪我を稼ぐためにも長袖シャツを着るのがいいですね。

●ズボン

登山用の長ズボンがあれば最高ですが、なければ冬用のランニング用ジャージなどでも大丈夫です。

富士山は段差がある岩場も多いので足を開いたり膝の曲げ伸ばしがしやすいスタイルがいいですよ。

ショートパンツにロングスパッツという山ガールスタイルで登る人も多いです。

この格好は動きやすさとしてはばっちりですが、山頂で日の出を待つ時間などはかなり寒いです。

上半身といっしょで、日焼けと寒暖差の対策を考えて素肌が出ないようにしましょう。

あと、須走りルートは砂がすごいのでズボンの口が大きく開いていると砂が入ってきちゃうので注意です。

ジーンズは窮屈だし汗をかくと足が上がりにくいので絶対にやめましょう。

●防寒ウェア

富士山は日本で一番高い山なので登り始めの5合目辺りと頂上の標高差がとても大きいです。

登れば登るほど気温が下がっていきます。なので防寒対策はとても大切です。

登山中でも着られるような薄手の軽いフリースが1枚あるととても便利です。

ウインドブレーカーも役に立ちます。ウィンドブレーカーは防水の物だとなお良いです。

御来光を見るツアーの場合、ダウンジャケットなども必要です。

実は富士山の山頂ってものすごく寒いんです。真夏でも日が昇る前は0度以下になることもあります。

日が昇ったとしても気温は一桁台で、更にものすごい強風が吹いているので体感としてはものすごく寒く感じます。

今は軽くて小さく丸められるダウンも多いので、御来光を観るなど山頂で動かずに長くとどまる場合はダウンジャケットは絶対あったほうがいいです。

●手袋

防寒や日焼け対策の他、急な岩場では岩を掴んで歩くということもあるので綺麗なものではなく使い古しの軍手などでもいいですね。

●帽子

富士山は本当に紫外線が強いので帽子は必ず持って行った方がいいです。

キャップタイプではなくおすすめはつばがぐるっと一周あるもの、この帽子のつばでできる日陰があるかないかで暑さや日焼けによる顔の痛さが全然違いますよ。

富士山登山の初心者の服装の注意点

着るものは汗をかくことを考えてどれも化繊素材の服がおすすめです。

コットン素材は普段は肌触りが良くて使い勝手も良いですが、登山をする時は汗が乾かなくて気持ち悪かったり、湿った服を着たままでいると体温を奪われて体調不良の原因にもなってしまいます。

富士山は登れば登るほど気温は下がりますが、日差しが強くなるという面もあります。

また、歩いていると汗をかきますが止まっているとあっという間に体が冷えたり、天候によっても体感温度はかなり変わります。

面倒ですがこまめに脱いだり着たりできる服装で体温調整することが大切です。


スポンサードリンク

富士登山の初心者の靴選び

富士山に登る靴はできればくるぶしが隠れるような登山靴やトレッキングシューズが最適です。

きちんとした登山靴は防水対策もされているので雨が降ったとしても快適だし、登山靴は滑りにくい靴底になっていて登山でのトラブルを防ぐように作られています。

富士山は岩場も多く足元が悪いので靴底がしっかりしていないと歩いていてかなり疲れてしまいます。

登山用の靴は本格的なものはかなり値段がはってしまうんですが、私は登山用の靴を一足買いました。これは大正解でした。

靴底がしっかりしているので、でこぼこの道を歩いていても足に直に衝撃が来る前に靴底がきちんと吸収してくれるので足の疲れが軽減されました。

富士登山はかなり長い時間歩くので自分に合った靴でないと疲れるだけでなく靴ずれしたり足が痛くて歩けなくなったり大変なことになるので、靴は本当にしっかり選んだほうがいいです。

靴選びをする時は登山の時に使う厚手の靴下をはいた状態で選びをしましょう。

また、新しく靴を購入する場合やレンタルする場合はきちんと足に慣らしてから富士登山に向いましょう。

本格的な登山靴は靴自体が片足500mgくらいと結構重たいです。これを履いて歩くだけでも体力の消耗になります。

履き慣れている靴で行くのが一番というのもあるので、今はいているスニーカーでも無謀というほどではありませんが、本格的な登山靴は山道を想定しているので登山靴で行くメリットというのもたくさんあります。

一回の富士登山の為だけに登山靴を買うのは無駄になる、と思う人もいるかもしれませんが私の場合、地震など災害時に備えて今はベッドの近くにしまってあります。かなり丈夫な靴なのでそういった非常時に履くにも心強い靴ですよ。

富士登山の女性の服装まとめ

富士山は標高差が大きく足場の悪い山です。安全に登山するためにも服や靴は大切です。

本当は自分の体にあったものを一式そろえて慣らしてから登山するのがいいですが、そうはいっても今後山登りを続けるかわからないのに登山ウェアをそろえるのはお金の面で悩みますよね。

最近は富士登山の初心者に必要なものや足りないものを貸してくれるすごく便利なレンタルサービスもあります。

自前の物と上手く組み合わせて使うとかなり費用を抑えられますよ↓



女子の富士登山の情報はこちらも参考にどうぞ♪

スポンサードリンク

-おでかけ
-, ,