行事・イベント

隅田川花火大会の東白鬚公園の混雑と場所取りや花火の見え方の注意点

2017/07/02

sumidagawa-hanabitaikai-higasisirohigekouen
隅田川花火大会の穴場として東白鬚公園もよく名前があがりますよね。でも、地元に住んでいないとなかなか行かない公園なので、花火の見え方や花火当日の混み具合や場所取りの状況など初めて行く方は悩まれることも多いと思います。そこで東白鬚公園の隅田川花火大会当日の様子を紹介します。

隅田川花火大会の基本情報⇒
隅田川花火大会の汐入公園の混雑と場所取りの時間!トイレや屋台情報⇒
浴衣の大人っぽい色や帯の選び方の30代女性のポイント⇒

スポンサードリンク
  

隅田川花火大会の東白鬚公園の混雑は?

隅田川花火大会といえば大勢の観光客で押し合いへし合いになり花火どころではない、という混み具合が有名ですよね。

そんな隅田川花火大会の穴場として知られる東白鬚公園の混雑状況は?というと、花火大会の当日でも人だらけでどうしようもないというほどの混雑にはなりません。

もちろん隅田川の花火を見るために人は集まりますが、公園自体が広いので座ってゆっくり見ることができますよ。

東白鬚公園に集まるのは多くが地元の人が中心で、家族連れなどゆっくり見たいという人が多いです。

また、隅田川花火大会の当日は毎年、東白鬚公園でイベントも行われています。「すみだサマーフェスティバル&隅田川花火大会鑑賞」というイベントです。

スイカ割りやフリーマーケット、出店や物産展など色々な催しが行われてますよ。なので子供連れで早めに行って花火が始まるまでイベントを楽しんでいるという家族も多いです。

東白鬚公園は最寄り駅が東武スカイツリーラインの鐘ヶ淵駅で、公園の発表では駅から徒歩7分です。

が、東白鬚公園は縦に長い公園なので花火を見るのに良い場所まで行くには15分から20分くらい歩いたりします。公園の南端の方で見る場合には鐘ヶ淵駅よりも東向島駅から行った方が近いという場合もありますよ。

隅田川花火大会の東白鬚公園の場所取りの時間

隅田川花火大会の場所取りで浅草近辺となると前日からの徹夜組が出るほどかなり気合を入れての場所取りになりますよね。

一方で、東白鬚公園での隅田川花火大会の場所取りはどうかと言うと、昼過ぎに行っても十分間に合うくらいです。

人気があるのは公園のテニスコートより南側の芝生や木が多く生えてるエリアと、公園の南橋にある南広場です。

公共の公園ということで、もちろん公園内にトイレがあるのでその点も安心です。

でも、東白鬚公園は縦長の公園なので場所によってはトイレから離れていることもあります。また花火とその前後は多少混雑することもあるのでトイレに行くときは少し並ぶことも考えて余裕を持って行った方がいいですよ

公園の近くにはファミリーマートやセブンイレブンなどコンビニもいくつかあるので飲み物やおつまみなどの買い出しにも便利ですよ。


スポンサードリンク

隅田川花火大会の東白鬚公園の花火の見え方と注意点

さて一番気になるのが東白鬚公園から隅田川の花火がどれくらいよく見えるのかということですよね。

東白鬚公園は隅田川花火大会を見るのに合わせて行われるイベント会場にもなっているので間違いなく花火を見ることはできます。

ただ、ばっちりきれいな花火を見るというよりは花火大会の雰囲気を味わうと思って行った方がいいかもしれないです。

というのも、まず東白鬚公園は隅田川花火大会の打ち上げ会場がある浅草近辺から3kmほど離れているので、花火の大きさが少し小さめサイズになります。

でも川沿いの公園なので音はしっかりと聞こえますよ。

それから東白鬚公園で隅田川の花火大会を見るには邪魔になってしまうものが色々あるんですね。

まず公園内に植えてある木です。

東白鬚公園は本当に緑の多い公園でそれが売りにもなっているんですが、花火の季節にはその木々の緑が生い茂っているので空を隠してしまう部分があるんですね。

なので場所を選ぶときは当然ですが木が生い茂っていないポイントを選びましょう。

次に周辺の高層ビルです。

東白鬚公園の周りには結構高い建物が多く立っています。特に気を付けなければいけないのは川沿いと公園の南側にある建物です。

隅田川の花火大会は打ち上げ高さの規制があってあまり高く花火を打ち上げられないという事情があるので高層ビルが周りにあるとその影になって見えないという花火も結構あるんですよね。

そして高速道路も邪魔になります。

東白鬚公園と隅田川の間を高速道路が走っています。その高架が高層ビルと同じで花火を隠してしまうことがあるので邪魔になるんですよね。

というわけで、東白鬚公園のベストポジションから見る隅田川の花火はビルと木の間から見える花火という感じになります。なのでどうしても開放感にはちょっと欠けちゃうんですよね。

それから場所取りの注意点としてスカイツリーが見える方向には隅田川の花火大会の花火は上がりませんなのでスカイツリーがよく見えるポジションにいるときはちょっと注意して場所を選びましょう。

座ってゆっくり見られる東白鬚公園なんですがあまり花火の見え方が良くないということで、実はすぐ近くにある白鬚橋やその付近の高架下で見るという人も多いです。そちらに結構人が流れていくので東白鬚公園が空いているというのもありますね。

また東白鬚公園に沿って走る墨堤通り沿いの方が花火が大きく綺麗に見えたりします。通り沿いは座れないんですけど花火の大きさや美しさでいったらこちらで見る方が綺麗だったりするんですね。

ちなみに、隅田川の反対岸で東白鬚公園と同じくらいの位置に汐入公園という公園があるんですが、こちらも隅田川花火大会の穴場として有名ですよね。

花火の見え方としてはこちらの方が綺麗ですし、スカイツリーと隅田川の花火が見られるスポットとしても人気です。

なので東白鬚公園よりは若干混み合いますが花火を綺麗に楽しみたいという方は汐入公園に行くのもいいですよ。

隅田川花火大会の汐入公園の混雑と場所取りの時間!トイレや屋台情報⇒

隅田川花火大会の東白鬚公園まとめ

東白鬚公園は隅田川の花火大会を座ってゆっくり楽しみたいという方におすすめです。ものすごく混雑することもなく家族連れでも安心して見られる公園です。その代わり花火の見え方がちょっとイマイチというところもあります。より花火を綺麗に楽しみたいという人は汐入公園がお勧めです。楽しい花火大会になるといいですね。

隅田川花火大会の基本情報⇒
隅田川花火大会の混雑具合と場所取りの時間は?場所のおすすめ⇒
隅田川花火大会の中止連絡はいつわかる?雨の日の浴衣の注意点⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-,