美容

コンシーラーでクマを隠す!選び方や使い方と崩れる時のメイクなおし

30代になってから目の下に濃くて消えないクマが目立つように・・・
そんなお悩みを抱える女性、結構多いですよね。

働く女性にとって30代は仕事が忙しさを増す中、
家庭では家事や育児に追われてゆっくり休むことができないもの。

本当ならクマを根本的に解消したいけど、そうするには時間がかかる、
一刻も早く不健康で老けて見えてしまう目の下のクマをなんとかしたい!

そんな時にはやはりメイクでクマを隠す応急処置が役に立ちます。
そこでコンシーラーを使ったクマを消すメイクのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク
  

コンシーラーでクマを隠す時のコスメの選び方

コンシーラーのクマをカバーする力は
リキッド→クリーム→スティック、という順で高くなります。

だったらスティックタイプが一番!と思いがちですが、
質感が硬くなるとどうしても厚く塗り過ぎてしまったり、
うまく均一にのばせずメイクにムラができてしまったりする難点も。

なので、スティックタイプはメイク上級者向け、
メイクに自信のない方は柔らかい質感のコンシーラーを選びましょう。

色合いはあまり明る過ぎないものがいいです。

白くきれいに見せたいともとの肌より明るい色を選ぶ人がいますが、
濃いクマが隠し切れずについ厚塗りにしてしまったり、
目の下だけ浮いてしまい余計にクマを目立たせてしまうので気を付けましょう。

肌よりやや暗めの色を選んでコンシラーの上から
ファンデーションやBBクリームで整えると
きれいで自然な仕上がりになりますよ。

当然ですがファンデーションもBBクリームも使わず
コンシーラーだけで仕上げるということはありえません。
目の下だけ塗られていて不自然なことこの上なしです。

購入する時はいきなり買うのではなく
売り場で試した後、時間を置いて状態をチェックしましょう。
乾燥によるシワや割れ、落ち具合などを見ておくと失敗がありません。

カバー力や理想の色合いだけにとらわれず
きちんと自分で使いこなせるかどうかを考えて購入するのがポイントです。

コンシーラーでメイクを隠す時のよれない上手な使い方

コンシーラーでクマを隠すときは一気に消そうとしないのがコツ。

コンシーラーを少しずつとって、目の下の数か所にのせたら
指やスポンジを使ってトントン叩くようにして馴染ませていきます。

広範囲にのばそうとこすってしまうと
コンシーラーが薄付きになりクマをカバーできなかったり
ムラができたりメイクがよれてしまう原因になります。

スポンサードリンク

2回、3回と気になるところに何回かに分けて重ねていくと
クマをカバーしながらメイクを長持ちさせることもできますよ。

指よりもスポンジを使ったほうが
余分なコンシーラーを取り除いて厚塗りになるのを防いでくれるので
メイクが得意じゃないという方は使ってみるといいと思います。

コンシーラーでカバーした後、
重ねてファンデーションやBBクリームを塗ります。

コンシーラーを塗った部分はのばすのではなく軽く叩く感じで、
ただでさえ他の部分より一つ多く塗っているのですから
丁寧によれないように重ねていくのが大事です。

クマはコンシーラーで隠して補正しているので
目の下に塗るファンデーションなどは色を整えるのが役割です。

他の場所とかわらない自然な色合いに調整するくらいでいいので
厚塗りにせずになるべく薄くつけるよう心がけましょう。

目の周りは肌自体が繊細で乾燥しやすい部分ですし
メイク崩れしやすい場所でもあります。
厚塗りにせず、焦らず丁寧にメイクすると仕上がりが全然違います。

コンシーラーでクマを隠した部分が崩れる時のメイクなおしの方法

目の周りは乾燥しますし、まばたきなど動きも多いところ、
また朝入念にメイクをしたところほど時間がたつとメイクが崩れやすいものです。

だからといって慌ててコンシーラーなどを重ね塗りするのは禁物。

崩れたメイクの上から重ね塗りをしてしまうと
時間がたつにつれてさらにメイクが崩れやすくなります。
そうなると小じわや乾燥によるひび割れで目も当てられない状態に・・・。

メイクなおしをする時はまずメイクを崩す原因になっている油分を
ティッシュを使って取り除いてあげましょう。

ポイントは軽く抑えること。

強く抑えたりこすったりするとファンデーションなどがさらによれてしまい
もはや修正不可能な状態になってしまうので注意です。

そしてメイクが崩れた部分だけをピンポイントでなおしましょう。

決して厚塗りにせず、コンシーラーを薄くつけたしたら
上からルースパウダーをサラッとのせて終わりです。

メイク直しはやればやるほど悪くなります。
物足りないくらいの薄づけで終わらせるのがきれいに保つ秘訣です。

まとめ

クマを隠したいと思うあまりついついコンシーラーを
厚く塗り過ぎてしまいがちですが、そこはぐっと我慢。

それではメイク崩れを早めるし乾燥じわもできやすく
余計に老けて見られてしまいます。

コンシーラーでクマを隠す時は
完ぺきに消そうとせず「隠す」意識でメイクすると
程よく自然な仕上がりになりますよ。

スポンサードリンク

-美容
-