行事・イベント

浴衣で透けるのを防止するにはこれ!女性の下着や汗対策も紹介

2017/07/20

yukata-sukru-bousi
白や淡い色の浴衣は意外と下着が透けて見えてしまうものです。浴衣の時は下着をつけない、といいますが果たしてそれは本当なのか?悩みますよね。そこで浴衣で下着が透けるのを防止する対策や浴衣の女性用の下着について汗地味も予防できる方法を紹介します。

浴衣の巾着に荷物が入らない荷物が多い女性のおすすめバッグの選び方⇒
下駄の女性の選び方!サイズや痛くないもので上手に浴衣にあわせるには⇒
浴衣の大人っぽい色や帯の選び方の30代女性のポイントとマナー⇒

スポンサードリンク
  

浴衣で透けるのを防止するには

人の多い花火大会に行くと毎年見かけるのが浴衣から下着が透けてしまって丸見えになっちゃってる女性です。

白や淡い色の浴衣って結構目立っちゃうんですよね。

浴衣を着て出かけるのは夏の屋外が多いので、暑いし浴衣は一枚でサラッと着ると思っている人も多いのですが、実はそれじゃダメなんです。浴衣には透けなどを防止するために浴衣用の下着がありますので、どんなものを選べばいいのか紹介していきますね。

代表的なのが浴衣スリップですね。

いろいろなタイプがありますが和装下着として浴衣の下に着るもので一般的なのは白の半袖タイプのものです。

浴衣スリップの袖が長めの場合は袖にレースがあしらわれたものだと透けてもラインが見えにくいし、万が一、浴衣のたもとから見えてしまってもあまり違和感なく着られます。

着慣れないものは心配という人には洋服用のスリップに近い形のものも売られていますよ。

和装下着はネット通販などで手軽に買えますが、すぐ必要という時は近くの呉服屋さんに行きましょう。スーパーの浴衣売り場などにはあまり売られていないです。

もし浴衣スリップを用意できない時はキャミソールなど他のものを代用として使いましょう。

キャミソールなどを着る場合はデコルテ部分が開いているものを選んでくださいね。上の方までレースなどがあしらわれていたりするものだと浴衣の襟のあわせからキャミソールが見えてしまいます。

浴衣スリップがない時の代用でおすすめなのがユニクロのエアリズムのようなインナーですね。

胸元も深いUネックのものがあるし、通気性もいいです。そして、ふだんも着られるので無駄になりません。

キャミソールの色は白やベージュ、モカなどがいいですよ。

あと、時々、浴衣スリップの代用品としてTシャツを着ようと思っている人がいるのですが、Tシャツはやめたほうがいいです。浴衣を着る時は衣紋を抜くので首の後ろ側が広く開きます。その時にTシャツだと襟が見えてしまうので格好悪いです。

さて、浴衣の透け対策では下半身も忘れちゃいけません。

浴衣の下半身部分は逆光で見ると腰から足までシルエットが透けてしまい丸見えになってしまうことがあります。パンツが透けるのも恥ずかしいですが、シルエットが丸見えというのも結構みっともないです。

浴衣スリップを用意できれば下半身まできちんとケアしてくれるので心配ありませんが、キャミソールなど他のもので代用する時は気をつけましょう。

下半身の透け対策で浴衣スリップがない時はペチコートで代用できます。丈は膝丈くらいかそれより長いものがいいです。

ペチコートもキャミソールと同じで色は白、ベージュ、モカなどがおすすめです。

あと、もともとは男性用のものですがステテコも意外と使えます。

最近はユニクロとかで女性用のかわいいステテコが売られているので女子のステテコもだいぶ広まってきますよね。

なので、色とりどりでカラフルなものが豊富ですが、浴衣の下に履くのであれば無地の白のシンプルなもので浴衣用があるとベストです。

浴衣のインナーとしてステテコを履くのであれば気にならなければ下着のパンツははかなくても大丈夫ですよ。

ステテコをはいていると滑りが良くなるので浴衣の裾がはだけにくくなるのもいいところです。

ステテコのかわりに7分丈のレギンスでも大丈夫です。ただレギンスや、細身のステテコの場合、脚のシルエットは見えちゃうのでパンツの色やラインを隠す効果しかないです。

ふつうの浴衣であればこういった対策で大丈夫ですが、浴衣の種類によっては特に注意が必要になる物があります。

それが絽や絹紅梅の浴衣です。

絽や絹紅梅の浴衣は下に着るものを透けさせることで見た目にも涼しさを感じられるような素材です。透けることが前提にできている浴衣なので、こういう浴衣の場合は下に着るものをしっかり用意しましょう。

白の長襦袢や、肌襦袢と裾よけが基本です。腕は肘くらいまで覆うもので袖にレースがついているものの方がきれいに見えます。足元も透けるのでできれば足首くらい、短くてもふくらはぎの下くらいまでの長さがあったほうがいいです。

浴衣で女性は下着はどうする?

浴衣の時は下着をつけない、と聞いたことがあるかもしれません。ここでいう下着というのはブラジャーやパンツなど洋服用の下着のことになります。

和装はもともと昔の日本人の体系にあわせて作られた衣服なので、よく言われるずん胴方の体系が一番きれいに着こなせる衣服です。

でも今の人って昔と比べたらそもそもが細身だし、ウェストがくびれてたりしますよね。さらにブラジャーはバストの形を整えて大きさを出すようなものが多いです。

なので、洋服の時につける下着は和装の時にはあわないんですね。

もちろん、体系は人それぞれだし、下着をつけててもきれいに和装を着こなせる人もいます。が、和装の基本でいうとブラジャーはいらないし、パンツもラインなどが浮き出てしまうのでないほうがいいですよね。

もし、浴衣を着る時に下着を何も着けないのは心配だなという人は、和装用の着物下着や、それがない場合はワイヤーの入ったブラジャーではなくスポーツブラなど胸のふくらみをおさえてくれるものをつけるのがおすすめです。

パンツもラインが出ないシームレスパンツやボクサータイプのパンツがいいですね。

あと、トイレに行く時のことを考えるとローライズの股上が浅いものだと便利です。浴衣は腰周りを帯でグッと締め上げるし、裾を全部持ち上げてて下着の脱ぎ着をしなきゃいけないので、股上がおへそまであるようなパンツだと結構大変です。

ブラジャーもパンツも色は肌になじむベージュやモカがいいですよ。


スポンサードリンク

浴衣の汗対策

浴衣を着て出かけるときは暑い夏の屋外で長時間過ごすことが多いと思います。となると、汗染みなども心配になりますよね。

実は浴衣の汗対策は透け防止の対策をきちんとしていれば同時に済ませることができます。

浴衣を着ている最中の汗を気にする人が多いですが、実は汗を吸ってしまった浴衣は洗っても汗染みや黄ばみが残ってしまうことがあるので浴衣の心配もしたいところです。

でも、浴衣スリップなどをしっかり着込んでいれば浴衣が直接汗を吸うことも防げるので浴衣の痛みも抑えられます。

浴衣スリップを着る場合は半袖タイプなど袖のあるものの方が脇汗の吸収もしっかりしてくれるので浴衣に染みにくいです。

また、浴衣スリップでもキャミソールでも合繊など化学繊維のものは汗でまとわりついて気持ち悪いです。夏場に着るなら綿や麻などの素材のほうがおすすめですね。

あと、以外に汗ばむのが太もも周りでベタベタするし浴衣もくっついて歩きにくいんですが、ステテコを履くとステテコが汗を吸ってくれるのでだいぶ良くなりますよ。気になる人は着物スリップの下にステテコを履いてもいいかもです。

浴衣の透けたい策と下着まとめ

浴衣一枚で着るのは本当は間違いで、「浴衣は下着をつけない」というのはブラジャーやパンツなど洋服用の下着のことであって、浴衣には浴衣で必要な下着があります。下着が透けて恥ずかしい思いをしないように、また、汗をかくて自分も着心地が悪いし、汗地味や黄ばみで浴衣を汚す原因にもなるのできちんとケアするのが浴衣を着る時の女性のマナーですよ。

浴衣の巾着に荷物が入らない荷物が多い女性のおすすめバッグの選び方⇒
下駄の女性の選び方!サイズや痛くないもので上手に浴衣にあわせるには⇒
浴衣の大人っぽい色や帯の選び方の30代女性のポイントとマナー⇒

スポンサードリンク

-行事・イベント
-, ,